ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

認知機能維持の運動 その2 

この記事は約4分で読めます。

座位運動・立位スクワット

96歳要介護4 握力アップダイソー製2016/10/20

 認知機能も歩行運動機能も次第に退行する。

それは認知症があってもなくても誰も同じだ。

老化には逆らえない。

一番は当事者のヤエさんが苦痛のない楽な日々を送れることだ。

介護者の私もまた、楽になろうと楽をしようと様々生活を工夫していた。

私が夕食を並べる間、ダイソーで売っている一番弱い握力アップハンドルを握らせた。

96歳 要介護4 両手つかまりスクワット2016/12/8

テレビを見ながら、時間をつぶしてもらっていた。

手がふさがる仕事があると問題行動は少ない。

ヤエさんは食卓テーブルで、無洗米のお米研ぎもやってくれた。

無洗米なら研がなくても食べられるから、研ぐのは形だけでいい!

椅子から立ち上がるスクワット

97歳 要介護4 2018/1/1
洗面台につかまる

 

ヤエさんは、自宅では両手で手すりにつかまればトイレまで移動できた。

車いすの押し手ハンドルに両手でつかまれば四つ足同様に、食卓まで歩けた。

96歳になっても夕食後、歯みがき後は90歳ごろから続けているスクワットを毎晩一緒にやった。

97歳 要介護4 2018/1/1
洗面台につかまって立つ

手すりに両手でつかまっていれば、両足かかと上げや片足もも上げもやれた。

私が1から20まで数えて号令をかける。

97歳からは歯みがきの後で、前方の洗面台のふちにつかまれば、スクワット代わりの運動ができた。

高い椅子から始めて、低い椅子でやれば、スクワットのように運動負荷が大きい。

ヤエさんは5回くらいやってくれる。

97歳要介護4 2018/4/1

96歳くらいまでは笑顔もあったが、97歳くらいから言葉が出にくくなるのと同時に笑顔も減った。

それでも、90歳ごろから続けてきた運動は、わかっていてやってくれた。

ある日急に運動しろと言っても難しいが、洗面や歯みがきのように、認知症発症の早い時期から習慣にすると、お互いに運動を継続しやすい。

97歳要介護4 2018/4/1
この後グルーホームでは車椅子の生活になった 

ヤエさんのように歩けなくなっても、前方につかまって立位と座位を繰り返すと、身体の血行が良くなる。

冬は手袋をして冷たい洗面台につかまっていたが、冷たい手も運動で温まる。

運動の意味が取れなくても、素直にやってくれる、いつもご機嫌なヤエさんだった。 

椅子から椅子への移乗運動

97歳 要介護5 2018/6/7自宅に帰りエレベーターでご機嫌です

2018年、97歳、4月はグループホーム、5月は入院、6月からまた在宅介護で暮らした。

我が家のホームエレベーターは幅75cm奥行55cmと狭いので、車いすごと入れず、ニトリのアームつきのキャスター椅子でギリギリ座れた。

椅子の移乗がヤエさんの運動になった。

移乗が嫌なので、ヤエさんの全身に力が入る。

97歳 要介護5 2018/6/10夕食の椅子に移る時、脇の下に手を入れて介助しようとすると嫌がって自力で立つ

朝はベッドからキャスター椅子へ、そして車いすへと2回の移乗があった。

夕方は車いすからキャスター椅子へ、そして夕食の椅子へ、最後はベッドへと、3回移乗した。

移乗のたびに私もヤエさんも緊張し、無事に移乗が終わると二人でほっとした。

脇の下に手を入れられることがヤエさんは大嫌いだった。

自閉症の方のように、感覚過敏が増していた。

自力では椅子へ回れないとわかると私に手伝わせる

くすぐったくないように、バスタオルを私の肩に置いて、ヤエさんの脇に挟んで介助するのだが、それでも抵抗した。

その嫌がり方は激しくて、私に触られるくらいなら「自分で立ちます」という勢いだった。

しかしつかまって立っては見たものの、その後どうにもできないので諦めて、介助させてくれた。

介助ベルトというものがあって、介護保険で使ってみたが、上へずり上がってしまい、うまく使えなかった。

97歳要介護5 2018/6/15 私が脇の下を持って移乗させたとき、くすぐったくないと笑顔に

結局、ヤエさんが身構えないうちに、早いタイミングで意を決して行なう感じがうまくいった。

押し問答になってしまっては、認知の後退で意味を理解しないから、言葉による説得は難しかった。

赤ちゃんや幼い子をだますようなタイミングでさっさとやるほうがよかった。

ヤエさんの拒否にあってしまったときは、運動だと思って、ヤエさんの抵抗の立位を見守った。

98歳要介護5 2018/8/18
脇の下に手を入れられるのが嫌で車いすから自力で立とうとする

そうして自力移乗がだめだとわかると、介助させてくれた。

車いすも、車いす用福祉車両も、必要になった時より早く、使えばよかった。

杖と同じ、歩行器と同じで、車いすも福祉車両もギリギリ必要になってから使いだしたのだが、早くに準備すべきだった。

本当は、杖のときに歩行器で散歩をし、歩行器のときに車いすへ楽に移乗して、車いすと同時に福祉車両に乗り換えるべきだった。

98歳要介護5 2018/9/1
身体に力が入り、移動することが運動になる

ヤエさんを見送って、私には親の介護のチャンスがもうないのだが、次の介護に出会うことがあれば是非そうしたい。

猫ちゃん

 子どものオモチャや学習教材について、市販品の紹介及び創作教材の小さな工夫を少しずつ紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも書いています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました