算数を2桁から3桁へ進化させる方法

この記事は約8分で読めます。

子どもたちは、2桁までの数字は、生活の中で使っています。

例えば、カレンダーは、「12」月まで、「31」日まであります。

保育園や小学校の1クラスの人数は、「20」人だったり、「35」人だったりします。

これらは、生活算数ですね。

世の中がバーコードや QR コードで便利になったために、子どもたちが現金でお買い物をする生活が、昭和の時代よりも少なくなりました。

中には、自動販売機でジュースを買う時、100円玉を使える子どもさんもいると思いますが、コンビニでもスーパーのレジでも、大人がキャッシュレス決済をしてしまう場面が増えて、子どもの生活算数の体験は減ってきました。

今回は、子どもの生活算数を、3桁にするには、どんな方法があるか、考えていきます。

指型で5の分解と合成が算数のスタート

2桁の基礎として、5の分解と、10の分解が、前提になります。

片手の指で、合わせて5になるには、4と1、2と3の組み合わせがあることを確認しておきましょう。

指でできたら、指を頭に描いて、暗算でもできるか、子どもに聞いてみましょう。

クラス全員に目をつぶってもらい、5になる仲良しの指を、右手と左手でそれぞれ作らせてもいいですね。

+1方式にならないように、一気に3の指、一気に4の指が作れることが、大事です。

両手の指で10の補数の分解と合成

数字の数を表わす指型7と、残っている指3で、10を意識します。

先生の指型の真似をして、子どもたちも7の補数の3を意識するように、残っている指を動かします。

こうして、指型の、9と1、8と2、7と3、6と4、5と5、4と6、3と7、2と8、1と9、を繰り返し意識します。

指型が、10の補数になっていることを、習得させます。

算数ブロックの10の枠

指型の10の補数が完成すると、算数ブロックも、10の枠を意識しやすくなります。

算数ブロックにシールを貼り、ドットを目立たせています

7の仲良しは3だと、算数ブロックのない空白の枠の数を意識できるようになります。

算数ブロックは、セロテープで巻いて、2・3・4・5の固まりにしておくと、子どもの操作が楽で、+1方式を防げます。

算数ブロックは、学校におきっぱなしのことが多いので、家庭用を購入することができます。

時計も付いているので、算数1~2年生の学習が、おうちでたっぷりできます。

教科書「東京書籍」に対応の算数セット さんすうせっと総合版A
<内用品> ◇すうかあど (0-120までの数カードに、記号カード、ドットカードなど135枚組 0-10までの大型カード12枚付) ◇おはじき (マグネット付赤20個・黄10個・マグネットなし緑20個) ◇かずのブロック (磁石入色違いプラスチックブロック20個・鉄板付プラスチック皿2種3個・ 10のトンネル1個・10...

ダイソーのたしざんカード

ダイソーには、子どもの手のひらにちょうど良い、5cm x7cm の小型の足し算カードも、🔴ドット付きのものが売っています。

🔴ドットのあるほうとない方と、表裏一体になっています。

答えの部分を指で隠してカードを提示すれば、暗算の練習になります。

ダイソーの「かんじカード」と同じ大きさです。

ドット付きのカードで学習が楽になったら、ドットなしのカードでも学びます。

手で触って、目で見て、覚えることが子どもには必要ですね。

10の補数は、さくらんぼ計算および繰り上がり・繰り下がりの土台です。

足し算の時の、大げさな合わせる身振りも、子どもに+-記号の意味がわかるように、是非お願いします。

10の補数でさくらんぼ計算が楽になる

小学校では、さくらんぼ計算を、丁寧に教えてくれます。

さくらんぼ計算が難しい子どもさんは、5と10の分解と合成の指型と、5と5の算数ブロックで、10の補数を強化しましょう。

指型も、算数ブロックも、目に焼きつけて、絵に描けるくらいにします。

「算数忍者~足し算引き算の巻~」などのアプリも、子どもの興味をひきつけます。

算数忍者〜たし算ひき算の巻〜:Amazon.co.jp:Appstore for Android

「一人でもスラスラできる8つの無料算数アプリの紹介」の中に、子どもさんの楽しめるアプリが見つかるといいですね。

一人でもスラスラできる8つの無料算数アプリの紹介
病院の療育に来た、29歳の自閉症の一平くんと、iPad を使ってかりんとうの販売を行ない、写真でお料理の手順を確認し、iPad に入れた無料の算数アプリで学習をしました。今回は、2021/9/26投稿の、実行編...

筆算の計算は一の位から、読み書きは大きい位から、その違いが子どもにとっては難しい

繰り上がり・繰り下がりの計算が楽になると、加減算の筆算は2桁から3桁に進めます。

筆算は、右はじの、1の位から順に行なうので、10の位も、100の位も、1桁の加減算になります。

ところが、数字を読むときと、書くときは、左の大きな位から、読み書きするので、位取りをわかっていないと、読めないし書けません。

子どもにとって、何が難しいのかを、大人がまず知って、支援することが必要ですね。

難しいここをクリアするには、3桁のお金の数直線を学習しましょう。

100までの序数

3桁の学習の前には、下の画像のように、1から100までの数字を大人が書いてやり、10・20・30………などと、10ずつ読めるようになるといいですね。

制作 by 猫ちゃん

1・11・21・31………と、縦の系列で自由自在に読めるようになるのも、素晴らしいです。

まずはこの序数が、脳内に記憶されると、100までの数直線の穴埋め問題が、楽になります。

お金の数直線

生活算数を3桁にするには、お金の数直線を学習します。

すでに猫ちゃんブログでも、2020/10/10に「算数の数直線を形成する方法」として投稿したことがあります。

https://nekochanblog.com/how-to-form-an-arithmetic-number-line/

実物のお金でも、オモチャのお金でも構いません。

Party Queen というオモチャのお金。丸タイルでも良い

自宅のプリンターに、硬貨を並べて、コピーできます。

後で、数直線の、穴開き問題に使うので、この時、コピーを3枚しておいてください。

コンビニのコピー機では、硬貨はコピーできますが、お札はコピーできません。

コピーは、カラーコピーでなく、白黒コピーでも、子どもたちは読めます。

コピーができたら、数直線として意識するように、太いマジックで直線を下方に書きます。

プリントを画用紙に貼ってやると、しっかりして、長く使えます。

プリントをラミネートすると、滑りすぎるかもしれません。

実物やおもちゃのお金を、右に山積みしてやり、左へ1個ずつ滑らせます。

100円玉については、100・200・300・400・500・600・700・800・900・1000と、100円玉を左へ動かしながら、初めは大人が言ってやり、次に子どもと一緒に言い、最後は子ども一人で言わせます。

滑らせる運動が、記憶を助けます。

口でお金の数を言いながら、手を動かすという2つの仕事は、結構難しい仕事です。

漢字の部首を言いながら書くことよりは、やさしい作業かもしれません。

はじめに3枚コピーしたプリントを使って、算数の教科書の数直線問題のようなプリントを作ります。

プリントは、正答するように、正答するように作ります。

わかる時、できる時に、子どもは学ぶのです。

わからないと、学習全体が嫌になってしまいます。

100円玉を移動させながら、滑らかに言えるようになったら、5円と50円も行ないます。

5円玉の計数は、九九の5の段や、時計の5分刻みの時刻を読むのに役立ちます。

子どもが楽しめるようなら、50円玉も行ないましょう。

言いにくそうにしていたら、5円玉だけで十分です。

歌のように、リズミカルに言えるといいですね。

それには大人のお手本が、とても大事です。

記憶させるというよりは、その場で大人の真似ができたら、素晴らしいと思いましょう。

何で出来ないんだ、なんで覚えないんだ、また忘れたのか、という大人の心の中のつぶやきは、態度に現われ、難しい算数のしくみを理解しようとする、子どもの気持ちを傷つけます。

一の位、十の位、百の位の、同時提示が必要です

1桁、2桁、3桁、を同時に提示して、脳外での比較を、子どもの目に見せてください。

分かってしまっている大人も、脳の中にその全てを、記しているのです。

比較すると良い、似ているいくつかを、同時に見せることで、違いに気づかせます。

例えば、「3・30・300」「 13・130・103」などです。

貴文くんのお母さんが作ってくれた、以下のようなプリントを用意できると、似ている数字の差異を比べるのにいいですね。

プリントの枠を用意できない時は、ホワイトボードに、「百 十 一」と位を書いて、その下に▢▢▢を書けば学習できます。

ホワイトボードを使う理由は、消す行動が楽に起きるからです。

カラーの手がかりがなくとも、白黒の枠で十分、左の位からの読み書きを学習できます。

大きな数の位取り表記の仕組みにはお金の合算を学習する

書くことよりも、実物を扱うことが好きな子どもさんには、以下のような教材も向いています。

中野尚彦考案  制作 by 猫ちゃん

上の画像の左のようなベニヤ板と角材で枠を作れなくても、角材の代わりに、ホワイトボードに太いマジックで、しっかりとした枠を書いてやれば、学習できます。

ホワイトボードには、子どもも数字を書きやすいので、数字タイルもいりません。

実物のお金やオモチャで、下の画像のように合算し、表記します。

単一の種類のお金の合算はやさしく、種類が異なるお金の合算は難しくなります。

合算が難しい時は、以下のように合算を筆算で書けば、子どもも納得がいきます。

2020/10/21投稿の「お金の学習と表記で実感を付ける方法」も参考にしてみてください 。

お金の学習と表記で実感を付ける方法
教材No.35-1 算数の実感「仲間集め・仲間分け」 数概念が形成されるのは、一般には、6歳半から8歳頃にかけてである。小学校1年生の算数は、はじめに、仲間づくりと、数えることを学習する。並べる...

ご質問は、コメント欄へどうぞ。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました