養老孟司先生の猫のまるちゃんの「どスコい座り」を偲んで

この記事は約2分で読めます。

養老孟司先生の、猫のまるちゃんの「どスコい座り」は有名である。

我が家の花ちゃんが、これまでの猫と違う座り方をする姿に、私も笑えていた。

体重の重い猫特有の、どっしりとした座り方の呼び名に、「どスコい座り」はぴったりだ。

養老先生は解剖学者だが、辛辣な論評は、言語学者でもあると思う。

「バカの壁」「どスコい座り」なんて、養老先生しか思いつかない。

「どすこい」と「スコティッシュフォールド」をかけている。

「どすこい」とは、もともと相撲甚句の掛け声だそうだ。

まるちゃんの座り方を見た養老先生には、あぐらをかけない(足を組めない)お相撲さんの、足出しの姿が浮かんだのかもしれない。

こりゃもう本当に「はっけよい」、お相撲の構えの感じ

我が家でこれまで飼った、お母さん猫もクーちゃんも、体重は3.5 kg ぐらいだった。

花ちゃんは、2倍の7 kg 近くある。

デカい。

養老先生のまるちゃんも、7 kg だったそうだ。

花ちゃんは、頭が小さくて手足が短いから、野良猫時代は小柄な猫だったと思う。

保護主さんのお世話のもとで、避妊手術の後、太ったそうだ。

避妊手術の影響だけでなく、家猫になって、いつも餌がもらえるので、嬉しくてたくさん食べたのかもしれない。

太っている猫を見ると、幸せに思える。

まるちゃんも、ふっくらとしていて可愛い。

まるちゃんには貫禄で負けるが、我が家の花ちゃんの、2年間の「どすこい座り」シーンをご紹介しよう。

朝一番のお手入れから結構「どすこい」
決まって朝、手入れを手伝ってくれと、正面にやってくる
昼間の可愛いでしょポーズも、やっぱり「どすこい」
夕方のリラックスモードも絶対「どすこい」
凛々しい写真を撮らせてくれるときも「どすこい」姿
夜眠くなった時も「どすこい」姿で寝ている

まるちゃんが亡くなって4ヶ月、「いない」ということが一番寂しく思える時期だ。

養老センセイ、お元気だろうか。

「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」の、「養老センセイとまる」過去の放送は、以下で見られる。

NHKオンデマンドは1本110円だ。

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。
もの書く人々のかたわらには、いつも、猫がいた。作家と愛猫の日常をドキュメント、書き下ろしエッセイをまじえて贈る独特の世界。
「どすこい どすこい」

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました