キジトラ猫の一日 花ちゃんの場合

この記事は約5分で読めます。

猫の朝のルーティーン

5歳だった花ちゃんをもらうとき、お世話をしていた保護主さんは言った。

「1年くらいすると、花ちゃんの可愛らしさが出ると思います。」

その通りだった。

花ちゃんは、もらって半年くらいで我が家に馴れ、1年くらいで私に馴れた。

花ちゃんの1日は、以下のように始まる。

朝は私が起きるまで、大抵は花ちゃんも、人間のベッドの上で寝ている。

2月になって、暖かい夜もあって、夜間のオイルヒーターを切ったまま寝たら、明け方寒いのか、花ちゃんが布団の中に入って来ることもあった。

たまに、花ちゃんの方が先に起きて、ベッドの上で香箱座りをして、じっと待っていることもある。

最近では、朝の日向ぼっこを予定して、日向ぼっこの椅子の上で待っていることもある。

私がカーテンを開けると、朝日のあたる椅子の上で、朝の毛づくろいを始める。

この毛づくろいは、本格的ではなく、朝ごはんまでの繋ぎの時間だ。

私がキッチンに立つと、足にすり寄って来てエサを要求する。

夜、花ちゃんの歯に、歯磨きジェルを付けた後は、花ちゃんに何もあげないから、朝のちゅーるアペティートが一番の楽しみらしい。

空腹の朝なら、花ちゃんの食いつきがいいかと、朝はヒルズの消化ケア i/d を、スプーンすりきり1杯あげている。

花ちゃんは、それに不満だ。

薄くて食べやすい、まぐろ味のミオコンボプレゼントを食べたがる。

猫壱の器、右の空になっているはミオコンボを食べた

花かつおをあげてごまかすと、花ちゃんは、花かつおは食べる。

この時点では、花ちゃんは、まだヒルズの消化ケア i/dは食べない。

ヒルズの消化ケアi/dは、チキン味しか販売されていない。

花ちゃんは、まぐろ味が好きなのだ。

私は、花ちゃんがヒルズの消化ケア i/dを食べない反応は無視して、朝ごはんの支度を続ける。

花ちゃんも負けじと、ミオコンボプレゼントまぐろ味をくれと、その袋が置いてある真下に行って鳴く。

賢い。

ミオコンボプレゼントまぐろ味は、花ちゃんが少し軟便になる。

軟便になると、猫砂のお掃除が毎回大変になるので、私はそれを避けたい。

それで私も負けじと、花ちゃんのミオコンボの要求を無視する。

二人の無言のバトルが、何分か続く。

花ちゃんの要求に私が応じなければ、花ちゃんは諦める。

花かつおを食べ終わると、日向へ行ってしまう。

お腹が空いているはずなのに、ヒルズの消化ケア i/dは食べない。

私の朝食の支度が終わる頃、花ちゃんはそろりと戻ってきて、静かにヒルズの消化ケア i/dを食べ始める。

食べ終わると、日向ぼっこの椅子に昇って、朝食後の丁寧な毛づくろいを始める。

猫の昼間の様子

朝と夕方、花ちゃんは外への見回りの代わりに、窓を開けて欲しがる。

ガラス越しでなく、じかに外を見たいのだ。

冬なのでエアコンをつけてしまうと、それができない。

花ちゃんは、冬の今は窓開けを諦めて、日向ぼっこをする。

休日の昼間、気温が高く、風がないとき、窓を開けてやると、網戸から日差しを浴びて、花ちゃんはとても喜ぶ。

花粉が入るので、私は窓開けを避けたいのだが‥‥‥。

私が休日で家にいるときは、私の近くで花ちゃんはお昼寝をする。

日差しがたっぷりと注ぎ、天気の良い日は、大抵、外が見える窓辺のお昼寝だ。

窓辺の猫台に上がって、毛をすいてくれと鳴く。

可愛い。

岩合光昭さんの世界ネコ歩きの再放送を、昼間、一緒に見てくれることもある。

花ちゃんは賢くて、日差しがない曇りの寒い日は、人間のこたつに入ってくるか、ベッドの上の電気毛布でお昼寝をする。

猫は、自分の快適を保とうとして、様々な工夫をして過ごす。

しかもそれは、与えられた範囲の環境の中での、精一杯の工夫と快適だ。

生命活動に順応する方向しか持っていない。

花ちゃんは、留守番している時、寒い日はベッドの電気毛布と羽毛布団に潜っている。

エアコンのタイマーをかけ忘れて出かけても、花ちゃんが暖を取れるということがわかった。

猫の夜の過ごし方

夜は、夕ご飯が済むと、また丁寧な毛づくろいをする。

毛づくろいが終わると、大抵、私の側に来る。

花ちゃんのベッドで、のんびり休めばいいと思うが、窮屈な椅子の上で、私のパソコン仕事が終わるまで、長いこと待っている。

8時過ぎには眠くなる花ちゃんだが、10時でも11時でも、そばの椅子で待っている。

そばに来るということが可愛い。

そばにいるということが可愛い。

そばで待っていてくれるということが可愛い。

譲渡してくれた保護主さんが教えてくれたとおり、一年で可愛い家猫になった。

猫の言語行動

花ちゃんは今のところ、私の「花ちゃーん」「ご飯」と「遊ぶ?」の3つの言葉を理解するようだ。

「ご飯」の時はちゅーるアペティートを見せて、「遊ぶ?」の時はカシャカシャを見せて繰り返していたら、言葉で飛んでくるようになった。

花ちゃんは、椅子に昇り、IHヒーターレンジに上り、ちゅーるアペティートが置いてある真下で、その方向を見上げて鳴き、私を見る。

カシャカシャが置いてあるところでも、垂れ下がっているカシャカシャを、口や手で触って鳴いて、私を見る。

私を見る時、要求や伝達に思える。

要求や伝達は、キャッチすれば強化され、強い信号となる。

相手がキャッチしなければ、消えていく。

猫も人間もそうだ。

花ちゃんをもらってくる時、保護主さんが持たせてくれたカシャカシャは、使っているうちに段々抜け落ちて、キラキラ紙の分量が半分に減った。

花ちゃんは、このカシャカシャを、最も喜ぶ。

このカシャカシャでじゃれさせると、花ちゃんの目が興奮してまん丸になる。

昨夜のような地震や、長期化するコロナの不安もあるが、いつか花ちゃんを連れて、保護主さんの保護猫協会に、このカシャカシャを買いに行きたい。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました