猫がキャットフラップを通るようにする方法

この記事は約2分で読めます。

NHKテレビのBSプレミアムで「ねこ育て犬育て」という番組を見た。

2匹の猫を育てるご家族が、ドアにキャットフラップを取り付けて、「猫がキャットフラップを使ってくれるといいな。キャットフラップを初めて通る姿を撮影したい。」と語っていた。

新旧の行動の大きな隔たりを埋める

10cmぐらい開いたドアや引き戸を、猫ちゃんは出入りしていると思う。

真冬と真夏はエアコンを使うから、10cmの開口部を人間は何とか閉めておきたい。

そこで、キャットフラップなる物が登場する。

猫ちゃんにとって、空いているドアの隙間と、閉まっているキャットフラップには、大きな隔たりがある。

その大きな隔たりを、2~3のスモールステップで埋めていく。

猫ちゃんのこれまでの行動に近い行動で、ステップアップしていく。

そうすれば、臆病な、用心深い猫ちゃんでも、キャットフラップを使う。

キャットフラップを取り付ける手順

次のような手順が、猫ちゃんにとって良いと、思っている。

①出入りするドアに、キャットフラップをはめるサイズの、穴を開ける。

➁キャットフラップをすぐに取り付けないで、しばらくはその穴を猫ちゃんが通るかどうか様子を見る。

③キャットフラップの穴を通るようになったら、 穴の部分にのれんのようにビニール袋を養生テープで仮止めする。

④柔らかいビニール袋を頭や鼻で押して通るか、様子を見る。

⑤次は、ビニール袋の代わりに、クリアファイルを穴よりやや小さく切って、穴の部分に養生テープで仮止めする。

⑥クリアファイルで通ることが難しくなってしまったら、クリアファイルにハサミを入れて、暖簾のようにすると、猫ちゃんは通りやすい。

⑥以上の手順で、猫ちゃんが楽に通るようになったら、フラップを取り付ける。

冒険好きな猫ちゃんなら、数時間で、1つ1つのステップに応じると思う。

上の手順の①と➁が踏めない時は、取り付けたフラップを養生テープやガムテープなどで上の方へ仮止めしておく。

そして

③ビニール袋のれん

④クリアファイルフラップ

⑤上へあげておいたフラップを下ろして、猫ちゃんが通るかどうか、チャレンジする。

これは猫が外出するためのフラップだが、室内ドアのフラップも、取り付け直後は、養生テープやガムテープで上げておくといい

これまでの行動と新しい行動の間を滑らかにつなぐ 

子どもたちにある行動を形成したいと考える時と同じで、どうしたら猫が楽にその行動を起こすか、という考え方に基づいています。

是非、お試しください。

まずは「穴を通って出入りしてね」と伝えることだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました