猫の完全室内飼いに必要なもの 見回りの代わりの窓辺 猫草 キャットタワー 

この記事は約2分で読めます。
外に行きたい

34 庭のない暮らし

 お母さんは引っ越しで庭を駆け回る環境を失った。

日長一日お母さんは室内の日向で静かに昼寝する。

猫は14~18時間昼寝するそうだ。

猫はもともと夜行性の動物だ。

昼間体力を昼寝で温存し、夕方から狩猟に向かう種なのだ。

狩場のないお母さんは完全室内飼いの猫となり、ますます気持ち平らで穏やかな大人しい猫になった。

お昼寝

以前の家と同様に実家にも猫向けの出窓がない。

お母さんは外を見たくて朝は東の透明ガラス戸付近を、昼間は南の透明ガラス戸付近をうろうろした。

2階はこれまで経験がないから怖いのか、道路の騒音が嫌なのか、網戸を開けてやっても室内へ引っ込んでしまう。

網戸からは外が見えづらいと思うのだが、お母さんは網戸越しで外を見ることを好む。

網戸越し

猫の視力は人間の10分の1だという。

視力0.1から0.2ぐらいだろうか。

かつてお母さんはよそ様の2階の屋根に登って下りられなくなって外泊した。

迎えに行った私の声はわかるが、私の姿を飼い主と判別できず、屋根で捕まえようとする私がわからないで逃げ惑った。

猫は近眼であるとか、白黒しか見えていないといわれている。

正確には猫は、カラーを感知する目の網膜の錘状体細胞で緑色と青色はわかるが、赤色はわからないのだそうだ。

猫草が好き!

階段の踊り場に置いた猫草の緑色が見えるようだ。

もともとは野良で外が好きだったお母さんには、この猫草が欠かせない。

ホームセンターで毎週新鮮な草の鉢植えが手に入るので、ものぐさな飼い主は助かっている。

お母さんは玄関が開いても、外を見るそぶりはするが敷居を越えないでくるりと室内へ戻る。

2階のベランダのサッシを開けてくれと目と行動で私に要求し、サッシを開けてもらうとベランダへ出て日光浴をする。

日光浴

日光浴はするがフェンスから首を出したりはしない。

私は犬用のリードを買ってお母さんに付け、外出させてみた。

お母さんは腰を低くしたまま地べたに這いつくばり、リードを引っ張って玄関へ戻っていこうとした。

3回ほど試みたが、お母さんはリードを付けてまで散歩したいとは思わないようだ。

「私は犬じゃない。猫の尊厳である自由を奪うな」といわんばかりである。

失礼致しました。

猫にリードなんて!

それ以来、リードはほこりにまみれている。

いつかお母さんがもっと年取ったらお母さんが私に同行して歩いてくれる「お散歩猫」にならないかとひそかな期待を抱いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
野良猫お母さん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました