ペットロスを超えるのに 保護猫をネットで探した

この記事は約3分で読めます。

1 ネットでの出会い

 2代目猫のクーちゃんは、13歳で我が家に来た。

人間の年齢に換算すると、70歳くらいだ。

初代のお母さん猫が春に死んで3か月、やっぱり猫のいない生活は寂しくて、ネットで保護猫を探した。

2年前に東北の震災があり、自分にできることは、被災した猫ちゃんを貰って育てることかな、と考えた。

東北の震災といわき市犬猫を捨てない会

福島県で被災したかたが、アパート住まいになって、猫を飼い続けられず、クーちゃんは「いわき市犬猫を捨てない会」に保護された猫だった。

クーちゃんは2000年生まれで、0歳から11歳までずっと、家猫として可愛がられていた。

2011年の震災の後も、11~13歳の2年間、いわき市の保護センターで、とても大切に可愛がられていた。

「いわき市犬猫を捨てない会」に保護されていた
ホームページ上の画像

クーちゃんは奥目で、口元のチョビ髭が印象的な猫だ。

クーちゃんの名前の由来は、飼い主さんのお孫さんが「クッピ」と名付けて、呼んでいたことからという。

クーちゃんは、震災当時11歳と高齢だったために、その後2年間、新しい飼い主が現われなかったのだそうだ。

「この猫の余生を、家庭で過ごさせてやりたい」と、保護協会のホームページの、クーちゃんの飼い主募集の記事に、書かれていた。

初めて飼ったお母さん猫が、12歳で死んだので、クーちゃんが13歳だということに、見えない縁を感じていた。

生きていれば、お母さん猫もこの年13歳だった。

メールのやり取りで、クーちゃんを託してもらえることになった。

いわき市まで、片道260キロ、車で迎えに行った。

クーちゃんはいわき市で、保護猫として、2階建ての立派なケージで暮らしていた。

大切にされ、2階建てのケージで暮らしていた
ホームページ上の画像

タンスのゲン プラスチックケージ2段 https://amzn.to/3ICUgqc

エアコンの完備されたコンテナハウスで、大事にされていた。

保護猫とは言え、初対面でも足元にすり寄って甘えて来る、もともとは人懐こい家猫だ。

車で我が家に向かう

お昼ごろ、いわき市でクーちゃんをキャリーバッグに預かった。

キャリーバッグのベストセラー https://amzn.to/3hyWGu8

リュック型キャリーバッグ https://amzn.to/3sALhQy

クーちゃんは、出発した車の中で、大して鳴かなかった。

狭いキャリーバッグで、外が見えないことが、却ってよかったらしい。

後部座席のバッグの中で、クーちゃんは小さくなって、じっと身を潜めていた。

いわき市を出発して、すぐは少し鳴いたが、次第に鳴かなくなった。

移動は不安だったと思うが、家猫育ちだからか、雄にしては穏やかな猫に思えた。

保護団体の代表者のかたが、クーちゃんの新しい首輪と、メディファスの餌 https://amzn.to/3xL1Ds4と、クーちゃんの匂いの付いた毛布を2枚、持たせてくださった。

予防注射と爪切りも、お迎えの直前に済ませて下さっていた。

クーちゃんに対する愛情を感じた。

最後まで大事に守るね、と高速道を走りながら、クーちゃんにつぶやいた。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました