猫捕獲器をセットして野良猫クロちゃんの登場を待っています

この記事は約3分で読めます。

2021/11/23 いよいよ、クロちゃんの保護作戦の開始です。

昨日の昼と夜のエサは、綺麗になくなっており、雨の日もクロちゃんは食べに来ていました。

今朝はお天気に恵まれて、風のない秋晴れの勤労感謝の日になりました。

猫 捕獲びよりです。

夜間や早朝に捕獲器を設置すれば、間違いなく捕獲できるのかもしれません。

11月、夜間と早朝が冷え込んできているので、夜間に捕獲されると、動けないクロちゃんが寒い気がしました。

昼間のんびりとやってくることのあるクロちゃんに期待して、午前11時に捕獲器をセットしました。

休日なので、1時間ごとにのぞきに行きます。

いつもの場所のエサを、片付けました。

習慣になった場所のエサを片付けました

クロちゃんから見た場所の外見は、以前と似ているようにして、捕獲器を設置しました。

赤い四角で囲った踏み板を踏むとアルミ板が下ります

ネットの猫捕獲情報によれば、「匂いの強いエサを置け」と書いてあったので、子猫用のささみをほぐして入れました。

クロちゃんの好きな、ミオコンボ presents まぐろ味も入れました。

お水は、捕まえてからあげようと思っています。

捕獲器はクロちゃんの確定域に似せた外見にしました

クロちゃんに、「エサはここだよ」とわかるように、これまでずっと、エサの雨よけで使っていたお風呂マットを、猫捕獲器に載せました。

元の場所と似るようにお風呂マットを乗せました

このまま、夜まで待ってみます。

初代のお母さん猫は、「子猫と一緒に保護してくれ!」と自分から家の中へ入ろうとしました。

年取った茶色短毛猫も、庭に面したキャットフラップから入ってきました。

二代目のクーちゃんは、生まれた時から家猫で、東北の震災後、いわき市の保護猫協会からもらい受けました。

三代目の花ちゃんも、保護猫協会から譲渡された猫ちゃんです。

自分で野良の猫を保護するのは、初めてなので、ドキドキしています。

夜までに、捕獲できなかった時は、深夜と早朝に期待して、このままセットしておきます。

クロちゃんは他のお宅で、エサを十分もらっているようでもあるし、用心深そうなクロちゃんなので、捕獲の成功は難しいかもしれません。

捕まえてすぐは、シャンプーや爪切りは無理かなぁ。

ひっかかれないように、分厚いゴム手袋も、バスタオルも、猫用安心ネットも用意しました。

猫壱の「おちつくネット」 698円 カインズにあります

今夜中にクロちゃんを保護できたら、明日、動物病院に連れて行きたいと思っています。

不妊去勢手術済みの猫か、まだか、獣医さんに診てもらい、手術とワクチン接種をして、クロちゃんが我が家に居ついてくれるのか、やはり野良の暮らしが好きなのか、クロちゃんの様子で考えたいです。

我が家の花ちゃんは、他の猫と同居できないと、保護主さんに譲渡していただいた初めから聞いています。

2年経った今では、毎晩私の膝に来て、半身乗せて、なついてくれます

花ちゃんはこれまで通り2階で暮らし、クロちゃんは1階のケージを中心に、しばらく見守るのかなと考えています。

クロちゃん用のケージ

少し、雲が出てきました。

夜の冷えが来ないうちに、捕まえたいです。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました