太った猫は自分の体重を知っている? 猫の猫格

この記事は約3分で読めます。

10 猫の体格 猫の品格 猫の猫格

 花ちゃんは、目だけでなく、頭もいい。

自分の身体が重いことを、よく知っている。

我が家に来て5か月くらい経って、花ちゃんは私に心を許したのか、自分から私のひざに乗ってくれるようになった。

全体重を乗せない

体重を全部預けないで、前足だけ私の足にかけている。

自分の重みは、ベッドに置いている。

花ちゃんが重くて私が嫌にならないように、ひざへの乗り方を控えているようだ。

野良猫だった花ちゃんを、こんな風に気持ちの優しい猫に育ててくださった、NPO法人「日本動物愛護福祉協会」の保護主さんの、愛情の注ぎ方に感謝している。

頭のいい、優しい花ちゃん、大好きだよ。

グリーンアイ・首の三日月模様・手足がぷっくり

花ちゃんのグリーンアイ・首の三日月模様・お腹の毛が、私は好きだ。

加えて、花ちゃんの手足の先端が、ぷっくりしているのも好きだ。

花ちゃんを譲渡会で初めて見た時、そう思った。

お母さん猫とクーちゃんの手足は、ほっそりした弱そうな手足だった。

花ちゃんの手足は、ずんぐりむっくりしてとても力強い。

マンチカンという、手足の短い猫に似ている。

岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」」アメリカフロリダ編で、キーウェストに住んだノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイの可愛がった猫たちを見た。

出典:http://karapaia 写真はカラパイアより ビッグフットの猫 https://amzn.to/3pA8Cjp

ビッグフット(多指症)のメインクイーンの、後継猫54匹だ。

今もヘミングウェイ博物館で、暮らしているという。

この猫たちは、指が6本ずつある。

手が、グローブのようにでかい。

ヘミングウェイは、6本指の猫は幸せを多くつかむと考えて、可愛がったそうだ。

なんか、どっしりと大地に足を付けて、暮らしている風に見える。

花ちゃんは、普通の5本指だが、しっぽはタヌキのようで愛嬌がある。

可愛い。

狸のしっぽ?模様

金沢市に住むアカシアこどものへやの木村氏は、猫の一匹一匹の個性を「猫格」と呼ぶ。

akashiya kodomono heya
here is description of your website.

人間に人格があるように、猫にも猫格があるのだという。

もしかして、猫格とは、猫の品格を指すのかもしれない。

いや、花ちゃんの場合の猫格とは、花ちゃんのその体格か?

花ちゃんの品格、猫格を考えてみると、

歩く姿が堂々としている、鳴き声がハスキー、手足がぷっくりしている、

壁に寄り掛かる姿勢は、作家の養老孟司先生の家のまるちゃんに似たドスコイ座り、

我が家に来客があるといつのまにか姿を消す、飼い主を困らせない、

熱心に砂掻きをする、砂を散らかさない、噛みつかない、

お得意のドスコイ座り

ガツガツ食べない、ドタバタしない、脱走しない、

網戸をひっかかない、爪切りや耳掃除で静かにしている、

きれい好きで体毛のお手入れを欠かさない、

丸々とした体格、いたずらしないで留守番ができる、

‥‥‥花ちゃんの猫格はそんなところだ。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました