スマホのカメラで撮影すると花の名前がわかるアプリ「ハナノナ」で散歩が楽しくなる

この記事は約3分で読めます。

スマホのカメラで撮影すると、その場で花の名前がわかる「ハナノナ」というアプリがあります。

外出が苦手なかたも、スマホ片手に、花を撮影に出掛けてみませんか。

ポケモン GO のように楽しめると思います。

健康のためにと、無味乾燥にただ歩いていただけの散歩が、このアプリのおかげで、私も楽しくなりました。

花の名前がわかる無料アプリ「ハナノナ」

街で見かける自動車の車種名は、テレビ CM で聞き覚えのある、10車種ぐらいは分かります。

このアジサイは「貴婦人」という名前がついています

花の名前に至っては、大雑把に「バラ」とか「アジサイ」とか、「属する科」では分かりますが、細かな一つ一つの花の正式な呼び名は分かりませんでした。

デルフィニウム

それがこの「ハナノナ」で撮影すると、属する科や別名、正式な名前が撮影画面に、白文字カタカナで現れます。

ペチュニア 別名ツクバネ朝顔

物に名前がつく喜び

かつてヘレンケラーが、井戸水を触って、「w・a・t・e・r」ウォーターと、指文字で名前をつけて感激したように、私も散歩途中の花の名前がわかると、楽しいです。

物に名前がつく、知らないものの名前がわかると、誰でも嬉しいんですね。

夾竹桃 別名フロックス

子どもたちが言葉を覚えていくのも、こういう喜びの過程なのだと思います。

学校教育での知識習得も、「そうか、そうだったのか、そういうことなんだね」という、一つ一つ世界を分かっていく喜びですね。

リビングストンデイジー 別名サボテン菊 ヘラ松葉菊

千葉工業大学ステアラボ

「ハナノナ」は、千葉工業大学ステアラボが、開発した無料アプリです。

ハナノナ app - Google Play のアプリ
オフラインでも使える人工知能 花判定アプリ。使い方は簡単!名前を知りたい花に、スマートフォンをかざすだけ。人工知能が花の種類を判定し、名前を教えてくれます。

使い方はとても簡単で、個人登録もログインも何もいりません。

是非皆さんもダウンロードして楽しんでください。

ダウンロードできると、スマホのホーム画面には、以下のようにアプリが現れます。

Androidスマホのホーム画面

iPhone でも iPad でも Android スマホでも、使えます。

不登校や引きこもりのかたも夜間撮影できるのでおすすめ

外に出るのが億劫なかたにも、おすすめです。

花の撮影が、散歩や低山登りへと広がると、外出が増えます。

家族で撮影し合って、見せ合ってもいいですね。

あなただけの、花アルバムができます。

撮影と保存の手順

花の名前付きで花の画像を送れる

「ハナノナ」アプリで撮影した花の画像を、遠く離れた人にも送れます。

メッセージカードのように、花の名前を付けて、気軽に送れますね。

コロナで会えない人にも、入院中の家族への毎日の花束のかわりにも、画像を送れます。

お水を変えなくてもいいし、枯れる姿を見なくてもいいので、花の画像を喜んでもらえそうです。

満州キスゲ

家庭画報の「花散歩」おすすめです

自分では撮影しないが、花の画像を見ることが好きな人には、家庭画報のサイト、365日「花散歩」はお勧めです。

暑い夏が盛りの花木「ムクゲ」の魅力。“槿花一日の栄”と例えられる理由は?
季節の花や花木を毎日紹介。人気の園芸品種...

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました