猫が口を手でかいて食べ方がおかしいのは歯石が原因

忙しさにかまけて、花ちゃんの歯のお手入れを、1年以上サボっていました。

保護主さんが持たせてくれた、マウスクリーナーゼロを飲み水に混ぜて、4年前からずっと使っています。

しかし、この1年ほど、花ちゃんの歯に直接塗りつける、歯磨きジェルを毎晩サボっていました。

しかも頭の良い花ちゃんは、マウスクリーナーゼロの入っていない、他の場所の飲み水を飲むことが増えていたのです。

それを知りながら、花ちゃんの歯の手入れをサボっていた私のせいで、大変なことが起きました。

前足で口の脇をかいて、食べ方が急に変になる

突然のことでした。

前の晩まで普通にエサを食べていた花ちゃんの、朝ごはんの食べ方が急に変になりました。

チュールを食べると、口の脇を引っ掻いて、ゲーゲーやっています。

何が起きたの?

夕飯のサバ缶を、花ちゃんに少しおすそ分けしたので、取ったはずの小さな骨が、花ちゃんの口の中に刺さっているの?

口の脇を手でかく様子を、獣医さんに見せようと、スマホ動画に撮りました。

この動画はYouTubeにアップしています。

食べ方がおかしい

あごがガクガクする

幸運なことに、ちょうど午後からの仕事の日だったので、朝急いで、花ちゃんを動物病院に連れて行きました。

キャリーケースに入れられた花ちゃんは、どこへ連れて行かれるのかわからず、断末魔のような鳴き声をあげます。

診察室では恐怖のせいでおとなしく、先生に口の中をあれこれ触られても、噛んだり引っ掻いたりしません。

看護師さんたちに「口の中を触られて嫌だよね。でもいい子だね」と褒められました。

花ちゃんはクロちゃんと違って、家猫なんですね。

獣医師さんの診断

サバ缶を食べさせた件を、獣医さんに話しました。

花ちゃんの口の中をよく見た獣医師さんは、「歯石がだいぶついています。‥‥‥鉗子かんし」と看護師さんに言って、花ちゃんの口の中の歯石を1つ取ってくれました。

その後は、ルゴールのような茶色い液体で、丁寧に消毒してくれました。

薬は、1日2回飲む抗生剤が、1週間分出ました

1月に血液検査、血液検査で異常がなければ、全身麻酔で残りの歯石を取る手術の手はずです。

1年ぶりのワクチンも、その後予定しています。

食べ方が変なのは歯石が原因と分かって、ほっとして帰宅しました。

歯石を取った後、1週間くらいで、普段に近くなる

翌日、翌々日は、歯石を取って消毒した場所が痛むのか、花ちゃんの食欲はなく、食べるとまた口の脇を手でかくので、もう一度動物病院に連れて行こうか、迷いました。

飼い主の忙しさもあって、動物病院は見合わせて、土日の様子を見ていたところ、激しかった舌出しとよだれも、少しずつ減っていきました。

1週間もすると、舌出しは可愛い長さになり、食べ方も以前に近い様子になりました。

カリカリは食べやすいが、チュールはまだ食べにくい様子です。

歯やあごにチュールが張り付いてしまって、飲み込めないのかな?

今は、マウスクリーナーゼロを、全ての飲み水の容器に入れています。

抗生剤の飲ませ方

以前からずっとそして今回も、抗生剤をすり潰し機で潰して、チュールに混ぜて与えました。

鼻の良い花ちゃんは、それを察知して、薬が混ざったチュールを決して食べてくれません。

今回は口の中のこともあり、薬をチュールに混ぜるのをやめて、花ちゃんを上向きにさせ、喉にポトンと入れることにチャレンジしました。

初めてやったのですが、毎回大成功。

喉の真ん中に落とせば、花ちゃんは薬を飲み込んでくれます。

その後でチュールをやると、用心深く匂いを嗅いで、水分補給の意味でチュールを食べてくれます。

右側の歯石を取ってもらったので、チュールを左方向から食べられるように器の左に盛ると、食べやすかったです。

1週間ほどすると、以前のカリカリをだいぶ食べられるようになりました。

チュールも以前のように欲しがるので、花ちゃんの口の中が元に戻ってきた様子です。

口の中の傷跡が治ったら、花ちゃんの歯のお手入れをしたいと思い、Amazonで色々と歯磨き道具を購入しました。

いつも下のランキング投票画像をクリックしてしてくださり有難うございます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

 病院小児科で臨床発達心理士をしています。
 梅津八三の心理学、行動調整法、子どもの行動理解、育児、教材、ソーシャルスキル、介護、猫の行動について投稿中です。

#猫ちゃんをフォローする
保護猫花ちゃん
スポンサー広告リンク
#猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました