保護した野良猫のワクチン接種は仲良くなってから?

この記事は約7分で読めます。

ゆうべ捕まえた、猫のクロちゃんは、鳴かず、騒がず、ケージから出たがる様子もなく、静かに一晩を過ごしてくれました。

朝の明るい光の中で見ると、やはりクロちゃんの目は汚れていて、顔の半分には枯れ草がつき、身体にはトゲトゲの草がついています。

クロちゃんの身体の汚れから見て、飼い猫には見えないことが分かりました。

明日、クロちゃんを保護していることを、保健所には届け出ておきます。

クロちゃんは飼い主のいない野良猫

7月の時は、子猫に見えたクロちゃんです。

それから4ヶ月、少しは大きくなったが、今も、細身で小柄なクロちゃん。

短毛の花ちゃんと違って、クロちゃんの毛は、ほんの少し長毛です。

年齢は、動物病院で診てもらわないと分かりませんが、1歳くらいかなぁ。

4ヶ月間エサをあげて、こうして捕まえると、クロちゃんに情が湧いてきました。

不妊去勢手術をするだけで、寒い冬の野良に戻すのは、人間の私から考えると、切ない気がします。

しかし、猫であるクロちゃんにしてみたら、野良の自由を奪われるのは、嫌なのかもしれないです。

もし、クロちゃんを飼うとすると、1歳だから、20年くらいお世話しないといけません。

自分の歳を考えると、クロちゃんをこの先、終生見られるかどうか、ちょっと不安です。

花ちゃんは8歳だからあと12年、クロちゃんはあと20年、縁があったのだから、お世話させてもらおうか、と思い始めました。

ワクチン接種や、不妊去勢手術が済んで、クロちゃんが人間との生活に慣れたら、どなたかがクロちゃんをもらってくれて、可愛がってくれても嬉しいです。

クロちゃんの飼い主を募集しながら、面倒を見ていきたいと、思います。

とりあえず、年賀状で、知り合いに、飼い主さんを募集してみます。

クロちゃんが、1ヶ月半で人間に慣れてくれるかどうかはわかりません。

しばらくは、人に慣れてくれるまで、可愛がっていきたいです。

かつては花ちゃんも、保護主さんのお宅で、3年間お世話になった保護猫でした。

6kgと太った花ちゃんは、譲渡会で貰い手が見つからず、3年間、私と出会うのを待っていてくれたのでした。

クロちゃんの野生

朝、クロちゃんのケージを、日の当たる場所に移動させ、昼間は外を見せています。

昨夜から今朝にかけて、水を飲んで、チャオちゅーるを食べ、排尿した様子がありました。

カリカリのミオコンボ presents まぐろ味をまだ食べないのは、食べるのに時間がかかるから、無防備になる時間を避けているのかな、と思いました。

あるいは昨日、カリカリを食べて捕まったので、避けているのかな?

クロちゃんは穏やかに、ケージで丸まっています。

落ち着いているクロちゃんを見て、動物病院にワクチン接種に行けるかな?と考えて、午前中、動物病院に予約に行って来ました。

16:00の予定で、ワクチン接種と診察の予約ができました。

お昼頃、クロちゃんに、ケージからキャリーバッグに移動していてもらおうと、チャレンジしてみました。

クロちゃんを下から引っ張るのは難しいと思って、ケージの上の網を30cmくらい開けて、バスタオルで包んでキャリーバッグに入ってもらおうと計画しました。

ところがクロちゃんは、人間に何をされるのか、分からない恐怖から、ケージの上の網30cmが開くと、飛び上がって、カーテンを駆け上って、天窓の窓枠に登ってしまいました。

厚手のゴム手袋をした私が、バスタオルで捕まえようとすると、クロちゃんは恐怖から、初めて「シャー」と言う声を出しました。

そこから、追いかける私と、逃げるクロちゃんの大活劇が、10分ほど続きました。

怖がらせて、ごめんね、クロちゃん。

ゆうべ私に捕まったばかりで、恐怖のどん底にいるクロちゃんを、さらに手で直接捕まえようとするなんて、ますます怖がらせてしまいました。

これはいかんと思って、クロちゃんの逃げる方向にケージを置いて、ケージのドアを開けておきました。

どんなに逃げても、外には出られないことが分かったのか、クロちゃんは、自分からケージの中に入って行きました。

それからまた静かに、クロちゃんは外を眺めています。

伏し目がちに目を落としているクロちゃんです

時間をかけて仲良くなってワクチンはそれからでいい

分かったことは、クロちゃんは「シャー」とは言うけれど、猫パンチは一度も出しませんでした。

やっぱりクロちゃんは、穏やかで、のんびりした猫なんです。

なので、捕まってしまった恐怖の中で、さらに危険が及ばなければ、静かに落ち着いて過ごしていられるクロちゃんなのでした。

病気の予防のための注射ということを伝えることは、猫にも、子どもにも、難しいですよね。

嫌なものは嫌だ、怖い、痛い、逃げるぞ!それで当たり前ですね。

我が家に来たクーちゃんも、花ちゃんも、3日くらいは、端っこにひそんでいました。

花ちゃんが人懐こくなるまでには、半年かかりました。

本当に心を許してくれたのは、2年経った最近です。

クロちゃんにも、そんなふうに、時間をかけていきたいと、思い始めました。

下からのぞくと目を合わせてくれますが、まだまだ恐怖の色が見えます。

人間の都合で捕まえたのだ、「俺は野良でいる方が幸せだ!」そのことを忘れずに、クロちゃんの恐怖が和らぐ日を願いながら、しばらくお世話をしたいです。

動物病院に、ワクチン予約の、キャンセルの電話を入れました。

花ちゃんは匂いでクロちゃんの存在がわかるのか?

昨夜からのクロちゃん捕獲事件には、全く気付いていない様子の花ちゃんでした。

花ちゃんは、きょうも、いつもと変わらずのんびりと、日向ぼっこをしていました。

クロちゃんは、鳴いたり騒いだりしないから、静かです。

しかし、猫は嗅覚が鋭いのか、花ちゃんがクンクンと匂いを嗅いで、階段の踊り場へ出たい様子を見せました。

花ちゃんが前足で戸を開けないように、大急ぎでゴミ箱を置きました。

明日のことは分かりませんが、時間をかけてクロちゃんと仲良くなって、不妊去勢手術とワクチン接種が済むまで、お世話させてくださいね、クロちゃん。

大問題

クロちゃんの保護の方針は定まったものの、夕方17時、大問題が起きました。

花ちゃんが騒ぐので、どうしたのかと、窓を開けてみました。

すると、ミャーミャーと、子猫の鳴き声が聞こえます。

猫の鳴き声を聞きつけた、歩道を歩く女性も立ち止まって、鳴き声の方向を見ています。

2階からその女性に向かって「猫がいますか?」と聞くと、その方「はい、います。」と教えてくれました。

なんだか、胸騒ぎがして、私も降りて行ってみました。

とりあえず「「おちつくネッ」トを持って行ってみましたが、もちろん捕まるわけはありません。

2ヶ月くらいの小さな真っ白い子猫で、クロちゃんよりさらに動きが素早いです。

女性も一緒に、捕まえようとしてくれました。

しかし、逃げられて、諦めて家の中に戻りました。

すると今度は、以前クロちゃんにエサをあげていた場所から、ミャーミャーと声が聞こえます。

もしかしてクロちゃんの子どもなのか?

私がクロちゃんを捕獲した、勝手な行動が頭をよぎりました。

そうであれば、この真っ白ちゃんも捕まえて、真っ白ちゃんの行く先も探さなくちゃならない!

そう思いました。

お腹が空いているのでしょう。

鳴き声が聞こえます。

今までは、クロちゃんと一緒に来ていたのでしょうか。

真っ白ちゃんは、一度も見かけたことがなく、初めてです。

クロちゃんの子どもか、妹弟かなぁ。

クロちゃんより、ずーっとちっちゃいけれど、顔つきと毛の長さがよく似ているのです。

私が、真っ白ちゃんの親を、奪ってしまったのだろうか。

クロちゃんの静かさを見て、安心していた時間が、急に後悔の時間になりました。

片付けた猫捕獲器を再び取り出して、子猫が好きそうなチャオちゅーるとミオコンボ presents をセットしました。

盛んに、真っ白ちゃんの鳴き声はするのですが、エサへのたどり着き方が分からないらしく、捕獲器の上やエサに近い網に突進しています。

捕獲器の出入り口を180度反対にしてみました。

鳴き声がしなくなったので行ってみると、みごとにエサは食べられていました。

真っ白ちゃんの体重が軽すぎて、踏み板が降りなかったようです。

クロちゃんの捕獲の時に懲りて、エサを一番奥まで入れたのですが、今度は子猫だから、踏み板が前足と後ろ足の中間のおなかの位置になって反応しなかったようでした。

お腹がいっぱいになったのか、真っ白ちゃんの姿は消えていました。

もう、鳴き声も全くしません。

ねぐらに、帰れたのだと思います。

飼い猫なのか、野良猫なのかも、分かりません。

真っ白ちゃんと、クロちゃんとの関係だけが、心配です。

真っ白ちゃんが捕まるなら、保護したいと思います。

ワクチンは2ヶ月から、不妊去勢手術は6ヶ月からできるそうなので、そこまで面倒を見ながら、里親になってくれる人を探します。

こんな風にして、多頭飼育になって、お世話がいい加減にならないように、気をつけます。

真っ白ちゃん以外の子猫ちゃんが、11月の寒空に一人で震えていないといいのですが。

クロちゃんが、まだオスかメスかもわからないので、責任重大です。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました