行動調整のかるたTOSS教材

この記事は約4分で読めます。

教育仮設No.20 ソーシャルスキルの形成かるた

家庭はもちろんのこと、保育園や小学校低学年で、使いやすいソーシャルスキルかるたがある。

向山洋一先生で有名な、教育技術研究所 TOSSサークルのオリジナルかるたである。

「学校・勉強・挨拶・生活・友達」の5種の行動について、20枚ずつ100枚の絵かるたとなっている。

私が使っているのは、初版の古いかるたなので、購入してみたい方は2015年版のリニューアル版をお勧めする。

リニューアル版は、読み札と取り札とセットになって、税込3000円である。 

ネット検索では、「TOSS 教材」や Amazon で手に入る。

「TOSS 教材」のリンクは以下になる。

TOSSオリジナル教材 / 五色ソーシャルスキルかるた スタートキット
TOSSオリジナル教材は、日々の教育・授業に役立つ教育書、教材、教具、資料の通信販売サイトです。

家庭でも保育園でも使えるかるた

このかるたは、小学校低学年向けに開発されたものだが、家庭でも、子どもの行動に合うものを吟味して使える。

家庭で形成しやすいスキル

家庭で、カードの使い始めは、今、できていることから使うと、子どもに受け入れられやすい。エプロンのポケットに3枚ほどカードを入れておく。朝のおはようが言えていたら、上段左から2番目のカード「挨拶は目と目が合ったら気持ちいい」などと言って、絵を見せる。家庭に合うように合言葉が変わってもOK。できていることに使ったら、「挨拶できたね」と必ず褒めて、食事作法課題=3・4枚目の「親しき中にも礼儀あり、口閉じてもぐもぐごっくんこぼさずに、も頼むね。」を食卓で見せる。

子どものしつけ方がわからない保護者にとっては、わかりやすい育児目標の言葉となる。

子どものしたことを叱るよりも、かるたの言葉で、「こういう風にしよう」という、合言葉に使うといい。

もちろん、保育園でも1月から3月にかけて、年長組さんにはピッタリのかるたである。

発達に合うカードを精選すれば、年中組さんでも使える。

保育園や学校で形成したいスキル

社会的行動の形成かるた

あの子のこういう行動が困る、この子のこういう行動が心配だと、行動評価することにとどまるのでなく、望ましい行動を形成する、子どもの行動の一歩先を行くかるたなのだ。

七五調の口調のいい言葉に、シンプルで的確なイラストがついている。

保育士さんは絵が上手いが、私は自分で絵を描かなくてもいいので、とても助かる。

上の句と下の句で、かるたとして扱える。

幼い幼児にはイラストと下の句だけでも、大人が伝えたいソーシャルスキルが十分に伝わる。

ソーシャルスキルかるたが良い理由は、他にもある。

望ましい態度の言葉掛けが、定型となることである。

リズミカルな口調で、子どもの記憶に残りやすい。

あいうえおかるた・いろはかるたや、百人一首・地方かるたも、子どもにとって楽しいと思う。

核家族化や個人主義が進んだ現代では、子ども達がソーシャルスキルを入力されるチャンスが社会的に少ないので、TOSS サークルのかるたで、ソーシャルスキルを学ぶチャンスが増えると良い。

幼児から小学校低学年にかけて覚えた記憶は、一生ものの記憶になる。

小学校低学年では、毎週の道徳の時間に使う先生もいる。

学校で形成したいスキル

学校で、最初に身に付きやすいスキルは、物理的なスキルだ。上段左から、次の用意・着席・筆箱・鉛筆・椅子入れて立つ・プリントどうぞなど。それらを「できるね」と認める中で、友達との対人協調関係の合言葉へと、心理的なスキル形成に持っていく。1日に1つを、目標の合言葉に使ってもいいし、1週間の目標でもいい。単純に「かるた」として使ってもいい。

この時期に、望ましい行動を刷り込まれることは、大事だ。

手で触われて、手で動かせて、目で見てわかる、そしてリズムと口調もいい。

家族や、保育園・学校の友達と、一緒にできるこのかるたは、素晴らしい行動調整のかるた教材だと思う。 

子どものアンガーマネジメント

保護者や先生が悩む、子どものアンガーマネジメントについても、TOSS教材が「アンガーコントロールトレーニングキット」を出している。

「いかりのおんどけい」や「アンガーコントロールフラッシュカード」で、子ども自身が、イライラの自分なりの対処の仕方を知ることができる。

税込4200円である。

リンクは以下になる。 

TOSSオリジナル教材 / アンガーコントロールトレーニングキット
TOSSオリジナル教材は、日々の教育・授業に役立つ教育書、教材、教具、資料の通信販売サイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました