快眠寝具の選び方

この記事は約10分で読めます。

電動式パラマウントベッド

脱着式の両サイドバーが要介護4~5で立位には重要だった

 ヤエさんは1997年77歳で骨粗しょう症になった。

その時に電動式パラマウントベッドを購入した。

パラマウントベッドのパラケアマットレスは20年使えるという触れ込みの素晴らしいマットレスだった。

文字通りヤエさんは98歳まで20年間使った。

背面も起こせ、移乗に重要

1997年当時24万円だったが20年使えば年に1万円程だ。

2000年にスタートした介護保険制度のレンタルを使えば1割負担で済み、ベッドはたいてい毎月1000円から1200円くらいだ。

20年使うと1割負担と自費購入と同じくらいの出費になる。

よくできた価格設定だと思う。

ニトリのプレミアフィットマットレス

黒い部分がニトリの低反発プレミアフィットマットレス 13800円

ヤエさんは認知症が発症した83歳までは、パラマウントベッドのマットレスに一般的な布団とベッドパッドでよかった。

87歳頃から右足の血流が悪くなるにつれて、足がむくむようになり、むくみを改善するために5センチほどふくらはぎから足先にかけてマットレスを高くする必要があった。

ヤエさんも年を取って、体重が減り、筋肉が落ち、痩せてきたので、柔らかいマットレスが良くなった。

ニトリの低反発プレミアフィットマットレス 13800円 厚みは
2020年は8cmになっている

テレビショッピングでトゥルースリーパー(厚み6センチ)という名前をよく聞いていたが22800円は少し高い気がした。

ニトリで低反発プレミアフィットマットレス(厚み7センチ)13800 円を見つけて使ってみたら、腰の沈み具合と足の浮き具合のバランスがヤエさんにちょうど良かった。

股関節を痛めた私にもこの低反発プレミアフィットマットレスは気持ちよく、介護の期間我が家はトータルで5枚ほど購入した。

ヤエさんが97歳要介護5になり、入退院の後、ほとんどベッドで過ごすようになってからは、夜間に体位交換というものが必要だった。

要介護5で使ってみた 褥瘡防止マット・体位交換マット
介護保険購入で1割負担

病院の看護師さんに体位交換を教えてもらったが、夜中にヤエさんを起こすことは良い睡眠を奪う事に思われて、2~3回して私は辞めてしまった。

体位交換を止めることができたのも、このプレミアフィットマットレスがヤエさんの身体をいい具合に、柔らかく支えてくれたからだと思う。

プレミアフィットマットレスのおかげで、ヤエさんは悪い右足のかかとの褥瘡以外は、身体の褥瘡はなかった。

ハーフ電気敷き毛布とタイマー

丸めて足先を保温した

ヤエさんは元々手足の冷たい人だった。

ヤエさんが働き盛りの頃は冬は自分で湯たんぽを毎晩入れていた。

70代の頃から、冬場、電気毛布を使うようになった。

90歳頃から右足のかかとが紫色になり、血液循環が悪くなり、さらに足も冷えた。

介護中、ヤエさんの足は保温が欠かせなかった。

電気毛布を使ってみて、温度調整が結構難しいことが分かった。

電気敷き毛布の上にニトリのNウォーム敷きパッド

ヤエさんがベッドに入る前の1時間は、電気毛布を「強」にして温めておく。

ヤエさんがベッドに入ってからは「切」にした。

「切」を忘れるとヤエさんのふくらはぎが低温火傷になった。

これらを全てタイマーで一括設定できる装置があると楽だなと思った。

私は設定が簡単なパナソニックのダイヤルタイマー付きコンセントを使った。

ヤエさんがベッドに入った時、電気毛布を一番「弱」にしてこれが1時間後に切れるようにタイマーをセットした。 

パナソニックダイヤルタイマー11時間1mコード付きWH3111WP

95歳を過ぎて一晩中保温が必要になってからは、ヤエさんが寝た時に「弱」にして、10時間後にタイマーが切れるようにダイヤルを回した。

タイマーが1時間後に切れて、8時間後に入る、そういう素晴らしいタイマーをプレゼントしてもらったが私は使いこなせなかった。

またヤエさんは上半身とても暑がりだったので、とてもシングルサイズの全面電気敷き毛布でなく、ハーフサイズの電気敷き毛布が良かった。

両面マイヤー毛布になっている手触りの良いものが一番良かった。

足の指先が冷たいので保温

さらに電気毛布は丸めてはいけないのだがヤエさんは足の指先が冷たかったため、電気敷き毛布を丸めて足の裏に付くようにもしてみた 。

湯たんぽを毎晩入れる必要のない電気毛布は、保温の準備が楽だった。

電気毛布を私が切り忘れてヤエさんがふくらはぎに低温火傷を起こしてからは、電子レンジで温める保温材「レンジでゆたポン」も使った。

ヤエさんの足を暖かくして、そして自分はできるだけ楽をしたい、そういう保温の道具をいつも探した。

羽毛布団、ニトリのふわかる布団、ガーゼのケット

ニトリの「かるふわ」布団。カバーをかけたので真っ白な布団が見えないが。

ヤエさんは若い頃から仰向けに寝て横向きにはならず、寝返りをほとんどしない人だった。

なのでニトリのプレミアフィットマットレスでふんわり仰向けに寝ると、朝まで全く動かないヤエさんだった。

大正生まれのヤエさんは昭和の時代には重い布団を好んでかけていたが、平成になってあるとき自分から「軽い布団がいいな」と珍しく希望を言った。

ニトリで羽毛布団を購入して使わせると「軽い」と言ってとても喜んだ。

夏の就寝直後は大判のバスタオルで涼しく

冬、エアコンを使わないで休む時は、羽毛が1.3 kg の暖かい布団が良かった。

しかしヤエさんが高齢になり夜中のトイレに2回立つようになったので一晩中エアコンをつけておく。

すると1.3 kg の羽毛布団は暑すぎてヤエさんが汗をかいた。

エアコンをつけっぱなしにするようになってからは0.8 kg や0.6 kg の羽毛布団でよかった。

ガーゼのケットで涼しく気持ちよく寝た
ロフテー製のガーゼのケット6000円くらい

軽い羽毛布団は洗濯機での洗濯も楽だった。

96歳以降はニトリの「かるふわ」という、ダウン80%の羽毛布団0.8kgを使った。

やえさんは上半身暑がりでたくさん汗をかく人だった。

夏はカタログハウス通販生活のガーゼのケットが活躍した。

5枚合わせのガーゼで涼しかった。

メディカル枕とピローグランデ

カタログハウス通販生活のメディカル枕 1万円くらい

ヤエさんは健康な時代はそばがら枕で寝ていた。

87歳頃、首が痛いと言うのでカタログハウス通販生活のメディカル枕にしてみた。

「これはいいね、首が痛くない」と言ってヤエさんはとても喜んだ。

94歳頃メディカル枕より柔らかい、マニフレックスのピローグランデにしてみた。

マニフレックスのピローグランデ
2万円くらい

全体が柔らかく、肩の厚みが薄くなったヤエさんにはこれが良かった。

子供用の低いメディカル枕にしたり、ピローグランデにしたり、その時々ヤエさんが気持ちが良いというものにした。

枕も良い睡眠には品選びが欠かせない。

ニトリの除湿シーツ

ヤエさんが汗っかきだったのでパラマウントベッドのマットレスの上下にニトリの除湿シーツを挟んだ。

ニトリの除湿シーツは大判で厚みがあって丈夫で、1880円にしては品質の良いものだった。

小さなセンサー窓が開いていてブルーがピンクになったら、干して乾燥させれば何度も繰り返し使えた。

ニトリの防水シーツ

防水シーツを3等分にカットしてマットレスに巻き込み、裏を安全ピンでとめた

防水シーツもニトリのものが大判で安く、一番使いやすかった。

初め、防水だから夏は暑いと知らずに、ベッドパッドの下にそのまま敷いた。

これも本当は腰から下のハーフサイズが発売されるとありがたい。

防水シーツは暑くなると汗を通さなかった。

防水シーツの上にバスタオルを載せて、両方ともオムツの尿臭いので毎朝交換し洗濯した

ヤエさんが暑そうだったので大判防水シーツを3等分した。

オムツのあたりを中心に70~80センチ、マットレスを覆うようにした。

3等分のサイズになって毎日洗濯も楽だった。

洗濯で脱水しても、防水シーツは水滴が残るので物干しまで持って行くときに気をつけたい。

カタログハウス通販生活のダニ取りマット

日革研究所製ダニ取りマット

猫ちゃんはヤエさんのベッドで寝るということはなかったが、一緒に生活していたので、ヤエさんのベッドにもカタログハウス通販生活のダニ捕りマットを入れた。

私はダニに足を食われた経験があり、このダニ捕りマットは押入れとベッドへ一年中欠かせなかった。

特に6月から8月にかけては、このダニ捕りマットの交換を忘れるとダニに足を食われた 。

猫がいる我が家の必需品である。

フドーのつなぎパジャマ

要介護4
つなぎパジャマの足部

ヤエさんは94歳要介護4で、尿で濡れたパッドが嫌で夜中に下半身全部脱いでしまうということが起きた。

半年間、ヤエさんを夜中2回排尿に起こして、毎晩トイレへ連れて行ったが、夜中に無意識に脱いでしまうことは防げなかった。

半年たってようやく介護用つなぎパジャマというものがあることをネットで知った。

ヤエさんにとって使い始めは違和感があって眠りにくい夜もあった。

1着目のつなぎパジャマは胸のチャックを壊して脱いでしまった。

2着目のつなぎパジャマは首から腕を強引に出していた。

上からのチャックのものは脱いでしまいダメだった。足から上へ行くチャック式がよかった

1ヶ月くらいで慣れてくれた。

毎晩、着せる時に抵抗することは全くなかった。

ヤエさんはつなぎパジャマを着せるとニコニコと喜んで着てくれた。

つなぎパジャマのおかげで世話をする私が安心して眠れるようになった。

フドー製をAmazonで6着購入して交替で使った。

部屋も布団も保温するので、ヤエさんは一年中サッカー生地の薄手のつなぎパジャマでよかった。

要介護4の丸3年、このつなぎパジャマで朝まで寝ていてくれた

145cm、40kgのヤエさんには、Sサイズでよかった。

97歳でヤエさんを初めて老人保健施設へ1か月入れた時、私が持って行ったつなぎパジャマを「虐待だから使わない。普通のパジャマを持ってこい」と若い介護士長さんが言った。

背中が出ないように、乳幼児にはこのタイプのパジャマがある。

しかし言われてみれば昔の精神病棟や刑務所で使われるシーンで、自傷を防ぐための拘束服として、似ている衣類を映画やドラマで見たことはある。

つなぎパジャマが虐待なんてちっとも知らなかった。

確かに、ヤエさん本人の脱ぐ意思に反して、脱げないようなデザインになっている。

97歳要介護4 急に起きると目が回るのでゆっくりと起床

つなぎパジャマに出会うまで、寝ないでヤエさんをトイレに連れて行った、毎晩の排泄世話をこの介護士長さんは知らない。

在宅介護では家族が眠れることが当事者への温かい介護に繋がる。

私にとってつなぎパジャマは救いの神だった。 

つなぎパジャマを虐待と呼んだ施設の介護士長さんは、在宅介護の経験がないのだ。

その施設が拘束しない・つなぎパジャマを使わないという理念は素晴らしいと思ったが、介護士さんが交代で仕事で行なう施設介護と、交代なしで家族が行なう在宅介護は、「何を虐待と呼ぶのか」論点が違う気がした。

97歳 ご機嫌な朝
この笑顔が虐待だろうか?
ヤエさんもベッドを濡らさない、つなぎパジャマを喜んでいたのではないか?

つなぎパジャマを使わず、排泄世話で家族が眠れなければ、世話する介護者の睡眠を奪うことも、介護者への虐待ではないのか?

施設の介護士長ともなれば、言い方一つだと思う。

「おうちではつなぎパジャマで家族の睡眠があったんですね。頑張りましたね。ここでは大勢で交代で見るから、普通のパジャマにしてみますね。」と言ったらいい。

在宅介護を理解しない、施設の介護士さんもいるんだなと思った。

睡眠時間の長さと快眠の道具

2018/10/8心不全で亡くなる
3日前の朝

ヤエさんは夜中に起きたりせず、よく寝てるくれる人で、夜9時に寝ると朝9時まで12時間寝ていた。

メマリーの傾眠作用のせいだったかもしれない。

95歳を過ぎてからは夜8時に寝ると朝9時まで13時間寝ていた。

ヤエさんがぐっすり寝てくれるので、私も十分な睡眠が取れた。

介護の疲労回復に私はとても有り難かった。

電動昇降式パラマウントベッド、ニトリのかるふわ布団とプレミアフィットマットレスと除湿シーツ・防水シーツ、ハーフ電気敷き毛布とタイマー、レンジでゆたポン、通販生活のガーゼのケットとメディカル枕とダニ取りマット、がヤエさんによい睡眠をもたらした道具だった。

道具の工夫にいつも応えてくれて、気持ちよく暮らしてくれたヤエさんだった

それらが在宅介護を楽にした。

 

 

 

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました