保護した野良猫の慣れ方3夜間の自由な探索で安心できる居場所を見つけると人が用意した物を受け入れるようになる

この記事は約6分で読めます。

ケージのドアを常時開けて、クロちゃんを1階で自由にさせて、11日目です。

クロちゃんが探索して潜む場所を、寒くないように、居心地がいいように、私が毛布やキャリーバッグでちょっと手を加えると、クロちゃんは二度とそこに留まらず、別の場所に行く、という追いかけっこが、7日目から続いています。

野良猫のクロちゃんにとっては、自然のままにある状態が、快適なんですね。

ケージの1ヶ月で使い慣れた赤い毛布はクロちゃんの確定域

6日目、暖房のない場所では、クロちゃんが寒いだろうと思って私が置いた、フワフワ毛布に乗らなかったので、クロちゃんのなじんだ真っ赤な毛布を中継ぎに置いたら、乗りました。

7日目、真っ赤な毛布では、香箱座りでリラックスして、昼間も夜も、座ってくれました。

動物病院への通院を見越したキャリーバッグ設置は失敗

8日目、エアコンを付けないと、昼間でも室内は5℃なので、寒いだろうと思って、ガラスにお風呂マットを立てかけ、大型のキャリーバッグで、空間が狭くなるように3方を囲ってみました。

天井が低い、狭いところを、猫は好むと思うからです。

キャリーバッグ https://amzn.to/3zKOmQc

キャリーバッグは、いつか動物病院に連れて行く時のためにも、慣れて欲しいと思って設置しました。

クロちゃんは、キャリーバッグは危険を感じるのか、赤い毛布を入れても一度もここには入りません。

9日目、仕方なく、キャリーバッグは取り去り、また赤い毛布だけにしました。

赤い毛布だけにすると、クロちゃんは時々そこに座っていたようで、抜け毛がついていました。

マルカンのペットのこたつ

10日目、そこで今度は、ペットのこたつを置いてみました。

浅めに3方がふさがれているし、こたつだから、クロちゃんにとってあったかいはずです。

猫の体温は、38~39℃ということですが、野良だったクロちゃんは寒さに強いのか、家猫になった花ちゃんほど、暖かい場所を求めません。

凍えるような寒い場所に、平気でひそんでいます。

クロちゃんはきょうはケージにいて、まだ、このこたつには接近する様子はないです。

クロちゃんの活動は、主に夜のようです。

マルカンのペットのこたつ Mサイズ 幅45X奥行34X高さ30 cm Lサイズ 幅53X奥行42X高さ30cmもある 電気代1日7円https://amzn.to/3q80cAM

夜は寒いので、クロちゃんがペットのこたつを使ってくれるといいのですが………。

これまた、人の手による人工物ですから、拒否られる可能性は高いです。

野生の猫も自分で環境を選び取る

クロちゃんの行き先に、人が少しでも手を加えると、クロちゃんの居場所にならないことが分かりました。

我が家のそのままの場所を、クロちゃんが自分で選んで、その場所にいることが重要みたいです。

居心地のいい場所を、猫自身が見つけて、そこを自分のすみかにする。

野良猫の、外の世界は、皆そういう暮らしですもんね。

私が、せっかちすぎるのかもしれません。

1ヶ月という長い時間を、狭いケージ暮らしに耐えたクロちゃんです。

そのクロちゃんくらいの時間の忍耐力で、私も待たないといけないのだと思いました。

赤い毛布が危険だと思ったのか、ある時クロちゃんは、新しい居場所として、仏壇の陰にいました。

低い狭いところから、高い狭いところにも、居場所が広がります。

7日目

またある時は、仏壇の後ろのカーテンに頭だけ隠して、お尻が見えていたこともありました。

クロちゃんの名前を呼ぶ、私の気配で、バックして顔を出してくれました。

クロちゃん、耳も聞こえているのかな?

聞こえているといいけれど。

8日目

ケージにもいない、赤い毛布にもいない、仏壇の後ろにもいない、一体クロちゃんはどこに行っちゃったんだろう、真っ黒で闇の中に消えちゃった、と探していると、棚と壁の隙間にいました。

9日目

目が合った時逃げないで目を見つめてくれるようになったクロちゃん

ケージから自由に出入りさせて2~3日は、ケージの外で私と目が合うと、そそくさとケージへ走って、安全基地へ逃げていたクロちゃんです。

4日間で十分に1階を探索し、5日目には壁で爪とぎもして、1階がクロちゃんの確定域になると、7日目くらいから、ケージの外で私と目が合った時に、クロちゃんはピュッと逃げないで、その場にいます。

予想外の、嬉しい変化でした。

私がクロちゃんに危害を加えない、急に接近したり触ったりしない、写真は撮るけれども、それ以上のことをしない、一定の距離を保っている、そういうことが分かったようすです。

カメラのフラッシュを焚いても、驚かないでじっとしています。

「ボク、仲良くなるよ」と言ってくれているようで、感激です。

10日目、私の気配に振り返っても、すぐに逃げないで、じっと目を見てくれます。

野良猫のクロちゃんの野生の爪とぎ

さらに、10日目の夜には、私が諦めかけていたダンボールの爪とぎで、爪をといだことも分かりました。

ありがとね、クロちゃん。

クロちゃんは、爪とぎダンボールの平らな面では爪をとがない。

なので、花ちゃんのように、床に置いた爪とぎでは、爪をとぎません。

またクロちゃんは、壁のL字に設置した爪とぎダンボールでも爪をとがない。

クロちゃんが爪をとぐのは、樹木のように突出している棒状のところで、爪をとぐようなのです。

壁の L 字の角で爪をとげないように、爪とぎ段ボールを設置したら、クロちゃんは翌日、棚板の縦枠幅3cmで爪をといだあとがありました。

棚板の縦枠がクロちゃんにとっては樹木代わり

クロちゃんは木が好きだ、棒状になっている木が好きだ、ということが分かります。

そこでクロちゃんに、戸外の樹木のように、棒状に設置できる爪とぎを、Amazon に注文しました。

アニーコーラスの、キャットわくわくポール クリップ400、という爪とぎです。

我が家の棚板の縦枠に、以下の画像のように、同様に取り付けられます。

キャットわくわくポール クリップ https://amzn.to/3qVL1K1

設置も、ネジ式なので簡単です。

クロちゃんに、喜んでもらえるといいのですが………。

とうとうクロちゃんは11日目に、私が用意した椅子のカバーにちょこんと座りました

7日目ぐらいから、「クロちゃん、ここに座ってもいいんだよ」という意味で、ケージのそばにカバー付きの椅子を置きました。

ゼンケン椅子用ホットマット https://amzn.to/3f2CLSV

クロちゃんが座って使っている姿は、一度も見たことがありませんでした。

11日目の夜、クロちゃんがどこにもいないと思ったら、このこげ茶色のカバーに、ひっそりと丸まっていました。

目をそらさないでいてくれます。目をそらすと、敵に対して負けになるということなのかもしれませんが。

夜で、クロちゃんと椅子のカバーの色が似ていて、気がつかなかったのです。

私が知らずに近づいても、クロちゃんは微動だにせず、闇にまぎれていました。

クロちゃんの漆黒しっこくは、保護色でいいですね。

クロちゃんが野良で無事にここまで大きくなれたのも、真っ黒な毛色のおかげかもしれないです。

クロちゃんが私の用意した椅子に座ってくれた、私の世話に心を許してくれた、そんな風に思えた瞬間でした。

応答があるって、こんなに嬉しい事なんですね。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました