猫の老化に早く気が付くには? 爪が丸まる 爪を研がなくなる 

この記事は約2分で読めます。

10 老化の始まり

 あるとき、掃除機をかけていて、クーちゃんの段ボール製の爪研ぎが、全く減っていないことに突然気が付いた。

2017年17歳までは良く爪を研いでいた

そういえば、クーちゃんがカリカリと音を立てて、爪研ぎをしている姿を、このところ見ない。

また、身体の毛のお手入れの終わりに、クーちゃんが爪の間をかじって、爪のお手入れする姿も見なくなっていた。

毛繕いはするが爪をクシクシしなくなった

以前はジュウタンのあちこちで、クーちゃんのお手入れ後の抜け爪を、見つけることがあったが、そういえば最近、抜け爪を見かけない。

気を付けて、クーちゃんの歩き方を見ると、少し変だった。

クーちゃんを抱っこして、爪を見た。

クーちゃんの爪が丸まって、肉球に食い込んでいる爪もあった。

インターネットで調べたら、老猫の爪にそういうことが起きると書いてあった。

爪が丸まり肉球に刺さるほどに

17歳のクーちゃんの、老化の始まりだった。

初代猫の「お母さん」は、12歳の最後まで、段ボールで爪研ぎをしていた。

爪を研がなくなる年齢まで、長生きする猫は初めての経験で、気付くのが遅れた。

急いで動物病院に連れて行くと、2千円で爪を切ってくれた。

動物病院で爪を切っ

それ以降、私もたまにクーちゃんを捕まえて、クーちゃんの爪切りをするようにした。

クーちゃんの年齢を考えた世話が、できない飼い主だ。

クーちゃんは4年間健康で、お金のかからない猫だった。

18歳になってもバレリーナの脚は健在!

世話する費用は、食費とトイレ代と年に一度の予防接種だけだった。

食事は、カツオ味のカリカリとウェットフードが好きだった。

トイレはデオトイレとペットシーツ、猫砂はブルーノで、私は糞尿片付けも楽をしていた。

野良猫の平均寿命は3年だが、20歳まで長生きする家猫も珍しくない時代になった。

漫画家の大島弓子さんの「キャットニップ」を読むと、野良猫の病気と治療に東奔西走する様子が、楽しく切なく書かれている。

クーちゃんのように、丈夫で長生きの猫は世間では少ないようだ。

初めから11歳までは家猫だったクーちゃんは、猫としたらとても健康で長生きの猫だった。

私は、クーちゃんの健康さに恵まれた、飼い主だった。

クーちゃんは、お正月に18歳になった。

2018年6月には、日本動物愛護協会から、ご長寿表彰を受けた。

2013年6月に我が家に来て、丸5年が経った、そんな頃だった。

2018年18歳でご長寿表彰!

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました