なでさせない野良猫が自分で編み出した背中の冬毛を取る方法

この記事は約3分で読めます。

野良猫クロちゃんが、自分で編み出した毛づくろいの方法で、再び、漆黒の美しい毛並みを見せてくれました。

私の浅はかな考えを超える、野良猫クロちゃんの毛づくろいの方法に感動したのでご紹介します。

少し長毛のクロちゃんの冬毛は、6~7月ごろから、こんな風に背中に固まるようになりました。

家猫の体毛のお手入れは毎日のルーティン

2021年の11月に、野良猫だったクロちゃんを保護してから、クロちゃんの毛づくろいの姿を、一度も見たことがありませんでした。

2022年7月になって、数回、クロちゃんの排泄後のお尻のお手入れを見かけました。

花ちゃんは、排泄後の毎回のお手入れはもちろんのこと、体毛の毛づくろいは、毎日、朝食後、夕食後、寝る前に必ずします。

猫の爪とぎダブルサイズ アイリスオーヤマhttps://amzn.to/3RCbR5q

「これからリラックスしますよ」という時は、必ず毛づくろいをするようです。

体毛が楽に抜ける時期を待っていた野良猫クロちゃん

クロちゃんには花ちゃんと同じ毛づくろいが無かったので、私はクロちゃんが毛づくろいをしない猫だと思っていました。

しかし、それは間違っていました。

クロちゃんは、体毛が楽に抜ける時期を待っていたのです。

幸運にも、その瞬間を撮影することができたのが、これです。

クロちゃんが軽く舐めるだけで、クロちゃんの冬毛がごっそり取れました。

これはおそらく、野良猫のクロちゃんが編み出した、毛づくろいの方法なのです。

クロちゃんはやや長毛なので、自分の体毛を毎日舐めていると、毛玉が胃にたまって、苦しい毛玉吐きが頻繁ひんぱんに起きます。

下の毛玉は、クロちゃんが8月6日に初めて見せた、背中の毛づくろいで溜まった毛玉です。

カリカリと一緒に吐いてあったクロちゃんの毛玉

クロちゃんは、苦しい毛玉吐きを避けるために、軽く舐めれば一度で冬毛が抜ける時期を、2ヶ月近く待っていたのでした。

2022年8月7日 夕方 背中の毛を取りました!

野良猫の毛づくろいの方法

人間の世話行動からしか、ものを考えられない私は、野良猫クロちゃんの考えに気付かず、あれこれと余分な毛づくろいの手伝いを、色々と工夫していたのです。

おせっかいでごめんね、クロちゃん。

来年も、クロちゃんが我が家にいるのなら、来年はクロちゃんの冬毛の抜ける時を、私も一緒に待ちたいと思います。

外れやすくなるまで ためておいて一気にとりました!

クロちゃんが舐めて外した冬毛はボンドで固めたようにガチガチになっています。

冬毛が背中に厚く固まると、クロちゃんの舌の弱い力でも、外れやすいと知っているのかもしれません。

集めるとこんな感じです。

2022年8月7日 夕方 固まっています
亀の甲羅のようだった冬毛が だいぶ取れましたね
2022年8月8日 朝

わずか2日で、クロちゃんの背中は、こんなに綺麗な漆黒の体毛に戻りました。

2022年8月9日 冬毛が取れました!

人間の毛すきなんていらない、野良猫クロちゃんが編み出した、体毛のお手入れの知恵なんですね。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました