丸く切れる猫の爪切りがほしい

この記事は約4分で読めます。

老化で猫の爪が丸まる

今までに飼った我が家の猫は、みな、爪切りが嫌いだった。

初代のお母さん猫は、爪の世話が要らなかった。

腎臓病で亡くなる12歳の直前まで、クシクシとかじって不要な爪を抜き去り、自分で爪のお手入れをしていた。

お母さん猫のクシクシ 2011/12/ 1

抜いた爪が、絨毯の上に落ちていることが、何度もあった。

私が爪を切ろうとしたこともあったが、初代のお母さん猫は、させてくれなかった。

2代目のクーちゃんは、いわき市から13歳で引き取ってくる時に、「爪切りを絶対させてくれません」 と保護猫協会さんに言付かっていた。

その時は、保護猫協会さんが、予防接種と爪切りを、動物病院で済ませてくれた。

クーちゃんは17歳まで、自分でクシクシとかじって、不要な爪を抜いていた。

2016/9/10クシクシしていた。
2017年、17歳から爪とぎ段ボールが減らなくなった。

ある時、爪研ぎのダンボールがちっとも減らないことに気がついて、クーちゃんの爪を見ると、爪が丸まって肉球に食い込んでいた。

クーちゃんの、老化の始まりだった。

大急ぎで、動物病院で爪切りをしてもらった。

クーちゃんの、激しい鳴き声が聞こえた。

お手入れの気配りのない、ダメな飼い主だった。

ペットの爪切りでは 切った後の爪がトゲトゲする

その経験から3代目の花ちゃん5歳には、初めから爪切りをしてやろうと、待ち構えていた。

花ちゃんも、爪切りは好きではないらしく、視力の良い花ちゃんは、爪切りを見ると逃げる。

花ちゃんがリラックスして寝そべっているときに、後ろから前足を捕まえて、少しずつ切るようにした。

半年くらいかけて、嫌がるが観念して、切らせてくれるようになった。

しかし、切った後の爪が、トゲトゲとしている。

爪が伸びると、腕枕でフミフミされたときに、二の腕が痛い。

花ちゃんが、後ろ足でおでこを掻くときに、傷ついて血も出る。

花ちゃんが逃げようともがくが、仕方なく人間の爪切りのヤスリ面のギザギザで、爪のトゲトゲがなくなるように研いでいた。

ギロチンタイプ、ハサミタイプ、ニッパータイプなど、いろんなタイプの爪切りを使ってみたが、どれもヒットしなかった。

人間の爪切りの方がいい

なかでも花ちゃんが、一番大人しく爪切りをさせてくれたのは、人間の爪切りだった。 

ペット用の爪切りはパチンパチンと音がしたが、人間の爪切りだと音が静かだった。

人間に比べると、猫は聴覚過敏があり、音に対する反応が過大だ。

花ちゃんも、不意のちょっとした物音で、飛び上がって逃げる。

前回の爪切りで、花ちゃんは不機嫌になったのか、その晩、誘っても人間のベッドに来なかった。

一晩中、一人で別のベッドで寝ていた。

爪切りが嫌だったらしい。

猫にも不機嫌や拒否がある、ということがわかった。

しかし、翌日は機嫌が直ったのか、また人間のベッドで眠った。

人間のベッドの中央で、我が物顔で眠る。見るだけで至福!

猫の爪が丸く切れるような爪切りがほしい

人間の爪切りは、よく見ると刃がややカーブしている。

人間の爪切りで丸く切れるのと同じように、猫の爪も丸く切れるような、猫用爪切りがほしいと思った。 

人間の爪切りと作りは同じで、刃のカーブが猫の爪のサイズに、小さく丸く切れるようにできているといいのではないかと思った。

新潟の燕三条の鋳物会社へ、「猫の爪が丸く切れる爪切りを作って下さい」と、依頼しようかと思った。

そう思っていたら、ちょうど、カタログハウス通販生活のカタログ2021春号に、猫の爪切りが登場した。

諏訪田製作所の「猫のつめ切り」税込み8360円だ。

ペット用爪切りとは、値段が1桁違うが、動物病院での爪切り代の4回分だから、すぐに購入してみた。

雑誌は180円。セブンイレブンにも置いてある。
ニッパータイプ
限定200個、お早めに。売切れたら再販を希望してください。

届いてすぐ、使ってみると、確かに今までのどのペット用爪切りよりも、静かによく切れる。

花ちゃんの嫌がり度は少ない。

人間の爪切りのヤスリ面のギザギザで、改めて研がなくても、花ちゃんの爪がトゲトゲしないようだ。

カタログハウス通販生活での販売が、限定200個なので、売り切れてしまうかもしれないが、ご紹介する。

収納ケースと説明書付き

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました