失禁する理由 夜間に脱ぐ理由

この記事は約5分で読めます。

排泄行動にかかわる記憶力・言語力

 83歳で認知症を発症して、89歳要介護1までは、ヤエさんの排泄は自立していた。

89歳 要介護1 2010/ 1/ 8  お寺へご年始 11:38

89歳で、少量の便失禁が起きた。

便失禁の始末には、「あ、汚れちゃいました。新しいパンツに履き替えたいです。」とデイサービスの介護士さんに言えるような、記憶力や社会的判断力、コミュニケーション力が必要だった。

要介護1のヤエさんには、もうそれがなかった。

その場で介護士さんに言えない、清潔の保持が身体に大事と分からない、汚れたパンツを隠して忘れる、ということが起きて当然の要介護1だった。

尿失禁はまだなかった。

トイレに行ったことを忘れる

しかしトイレに行ったことを忘れるらしく、90歳頃は5分おきくらいに頻繁にトイレに立つようになった。

93歳 要介護3 トイレの場所が分からなくなった文字表示。

ドリルやプリントが一人で解けなくなったり、テレビがつまらなくなったりして、一番気がかりなトイレの失敗をしないようにと、ヤエさんはトイレに通う。

運動だと思えばいいと私は考えたが、そのころの水道代は普段の2倍だった。

トイレの場所が分からない

93歳、要介護3、トイレの場所が分からなくなった。

ズボンを下ろさないで、便座に座ることもあった。

トイレの水を流せなくなった。

93歳 要介護3 水を流す考えがなくなった。下を見る時、おでこをぶつけるのでカバーをした。

子どものころのトイレは、水を流さなくてよかったのだ。

トイレの水洗ボタンが目の前になく、側方にあって見えないから押せなかった。

水洗ボタンが横にあって見えない

水洗ボタンも水道蛇口も、前方に見えていることが大事だと知った。

私の声掛けや指差しで、一緒に水を流したとしても、ヤエさんは手を洗わなくなった。

ズボンを下ろす、座る、排尿、拭く、パンツをあげる、水洗ボタンを押す、手を洗う、それらがつながらなくなった。

手洗いも忘れる文字が役立たなくなった。

排尿で終了となってしまうのだ。

排泄行動とは、排尿のための手前の行動、排尿、排尿後にする清潔の行動だ。

なんと難しい行動を、これまでヤエさんはできていたことか。

自閉症知的障害の子どもさんたちが、排泄行動や着替え行動で、パニックを起こす理由がこれだ。

〇〇〇が3個ある、そういう算数よりも、生活行動の構造化はずっと難しい。

相当な言語力がないと、できない。

93歳、要介護3だから、一緒にやってあげればいいのだ。

ヤエさんのMMSE検査は、93歳要介護3で、30点満点中11点になっていた。

2013/ 1/ 1 22:29 記憶や排泄行動は難しくなっても、まだまだ笑顔に力があった。

夜中に尿失禁パンツを脱いでしまう

93歳、要介護3、昼間、便失禁防止パッドを使うようになった。

「これを付けて寝ると安心だよ」と言って、夜間も尿取りパッドを付けて寝てもらうようにした。

ユニ・チャーム製ライフリー尿2回分パッド
ライフリーは、ずれ防止テープがしっかりしている
尿2回分パッドは、私はアテントがおすすめ

昼間、パッドをつけていることに慣れたので、ヤエさんは拒否しなかった。

夜間、尿意で起きなくなって、、朝になるとパッドに排尿してあった。

94歳、要介護3、お正月、ヤエさんは夜間に、パッド付きパンツや股引を脱いでしまうようになった。

ヤエさんに、自閉症の方のような感覚過敏が増していた。

夜間に、濡れたパッドが不快なのだ。

濡れて脱ぐのは仕方ないとして、夜間のベッド内が暑い時、布団を剥がず、下半身を脱いでいた。

我々のように、布団を剥ぐという社会適応がもうない。

次の排尿がなければ、脱いでもいいのだが、ヤエさんは夜間に2回は排尿する。

夜間排泄が自立していたころは、自分でトイレに2回起きて排尿していた。

何が原因で暑いのか、どうすれば快適か、一つ一つ条件を変更し原因を探ってみた。

冬の我が家は夜間は12度くらいの室温だった。

羽毛布団を0.6㎏から0.3㎏、さらに0.2㎏へと薄くしてみた。

それでもまだ就寝後、22時~1時の間に寝汗をかいていて、着替えさせねばならなかった。

次にベッドパットを冬用から春用へ、さらに夏用の涼しいものにした。

ーツと防水シーツを2セットにし、汚したら1セットを外すと失禁世話が楽だった

電気毛布をやめ、素足で寝かせた。

次に、防水シーツが暑いのかと思って取ってみた。

しかし防水シーツを取れば、マットレスまで失禁が浸みた。

バスタオルで汗を吸収。防水シートは腰部だけ。その上にバスタオル。毎日選択しないと尿臭い。 2015年
7月背中にクールパッドを敷いた。防水シートは腰部だけ。 2016年

ヒンヤリケット2枚で涼しく眠る

さらに肌掛け羽毛布団0.2㎏もやめて、真夏のヒンヤリケットにしてみた。

これが当たった。

ヤエさんは入浴後、疲れてすぐに就寝するから、身体のほてりが取れないうちに眠る。

ヒンヤリケットにしたら、ほてりがなくなったらしい。

また、4月下旬から暖かくなり、パッドと失禁用パンツが夜間に蒸れるので、パンツを脱いだ可能性もあった。

5月は、綿パンツと綿パンツの間に失禁パッドを挟んでみた。

5月1・2・3・4・5日と、涼しく眠れるらしく、パンツを脱がないで寝ていてくれた。

私も、続けて3時間眠れると、本当に助かる。

しかし急な暑さが来た、5月中旬の夜中には、今年7回目のパンツ脱ぎ失禁があった。

尿取りパッドも、パンツも、汚れていない。

パンツと股引が脱いであり、2枚のベッドパッドと夜尿シーツ、下着シャツとパジャマ上着に排尿してあった。

上半身はバスタオル
バスタオルなら涼しい

ヤエさんが夜中に脱いでしまう失禁シーツの洗濯は大量だったが、11月まで何とかしのいだ。

脱いでしまう件と、記憶の問診が1つも答えられず、ヤエさんは要介護4に認定された。

脱いでしまうことの解決は、次回に書きたい。 

家族
家族

この時期にはわからず、今になって分かるのだが、入浴で深部体温が上がること・足の表在静脈のつまり改善のために夕食後飲むユベラ(ビタミンE)で身体が温まること、その2つも体内を熱くし、ヤエさんが脱ぐことに関係していた。

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました