英単語習得の特別支援教育には音節分けとカタカナ振りが必要

この記事は約6分で読めます。

教育仮設29-1 小学校の英語の授業は楽しい

アメリカ・イギリスなどからやって来たネイティブの先生が、英語の授業を教えてくれる制度が始まって久しい。

日本の子どもたちが、受験英語だけでなく、グローバルな人材として英語を話せる人になるようにと、文科省が始めた英語の早期教育だ。

小中学校で、その英語の授業を参観することが、年に4~5回ある。

いずれも、子どもたちは楽しそうに学習している。

子ども個人にインタビューしても、ネイティブの先生がやってくる、小学校の英語の授業は好きだと、みな言う。

発達障害と言われる子どもにインタビューしても、小学校の英語の授業は、楽しいと言う。

ネイティブの先生は、笑顔で、ジェスチャーが大きく 、絵カードやテレビモニターを多用し、明るいイントネーションとリズムで、生き生きと授業してくれる。

NHK 教育テレビの「英語であそぼ」のようであり、大人から見ても楽しい授業だ。

この英語教育に悪いことはひとつもない、と私も思っている。

教育仮設29-2 集団場面での聴覚記憶には配慮が必要

先日、小学3年生の英語の授業を参観した。

1人が「What do you want?」と聞いて、 相手が「色と形」を英語で答え、さらに「How many?」と聞かれて、ほしいカードの数も答える。

これは填め板だが、ネイティブの先生が、色画用紙で「色+形」の切り抜きカードを何十枚も作って来てくれていた。

2回の応答で、該当する色形カードをもらうという、会話の練習だった。

色はレッド・ブルー・グリーン・イエロー・パープル・ブラウンなどで、日本の子どもたちにも親しみがあり、よく記憶されていた。

大小比較と違って、色属性はそのものに固有の一対一対応なので記憶しやすい。

形は、サークル・トライアングル・スクエア・スターなどで、色の名称よりは親しみが少なくなる。

それでも形属性も、そのものに固有の一対一対応なので、カードを手にしながら、子どもたちは何とか記憶しようとしていた。

該当するカードをもらうには、色と形を連鎖語で答える必要がある。

例えば、レッド・サークル🔴、ブルー・サークル🔵、グリーン・サークル、イエロー・スタ―🌟、パープル・スター、という2語文の連鎖語である。

子どもたちが実物を手にできる色形カードを、ネイティブの先生が作って来てくれていた。

子どもたちは、色形カードをもらおうと、5人ずつのグループ活動を生き生きと行なった。

私があちこちのグループを見回ると、色カードの英語名称は、4/5くらいの子どもが会話で言えていた。

色形の連鎖語になると、2/5ぐらいの子どもが言えていた。

しかし、質問の「What do you want?」を正確に言える子どもはほとんどいなかった。

発音が 「What do you ファット?」 となっている子どもが3/5くらいいた。

 want=欲しいが、テレビモニターによる導入学習だけでは、子どもたちに登録されなかった。

正確な発音登録はなされないが、子どもたちはとても楽しそうにやり取りしていた。

私は一人の男の子のそばで、10分間ほど毎回「What do you want?(どれほしい)」「How many?(いくつ)」とお手本を英語でささやいた。

「What do you ファット?」と言っていたその子のそばで、つきっきりでお手本を言ってみせると、「What do you want?」「How many?」を耳から真似して、「ウォント」に近い音を出すようになった。

英語圏の子どもが0歳から英語を習得する時は、ほとんどは家庭で、家族と一対一での会話から、言葉と事象との対応を学ぶ。

家庭での会話が1対1なのは、日本語の0歳からの習得でも同じだ。

ところが、学校の授業はネイティブの先生と、英語担当の日本の先生の、2人対集団で行われる。

聞き取りがよく、理解が早い子どもは、2人対集団の学習でも、上記の例の英語学習「What do you want?=何が欲しいですか?」「How many?=いくつ欲しいですか?」が、テレビモニターの導入学習と、色形カードによって、すぐにわかる。

ところが、集団場面では、音声系の聞き取りが弱く、事象に対応する意味を取りにくく、記憶が弱い子どもは、英語の楽しさはわかって参加するが、内容の習得は起きていない。

中学英語のネイティブの先生の会話スピードはもっと速く、小学英語でのこの習得差は、中学では、ますます大きくなる。

そこに疑問を持った。

教育仮設29-3 書式文字が記憶を助ける

私は、人の名前を記憶する時に、音声系やひらがなだけでは覚えられない。

名刺や名簿をもらって、漢字を見ることで、名前を記憶する。

視覚的な書式文字記憶が、私の記憶を助けるためだ。

小学校1年生で、漢字には意味があることを習い、意味を取ると記憶になる。

象形文字の、山・川・木・林・森・月・目・口などが、その代表だ。

さんずいも、3つの点を、3つの雫だと、しずくの絵を思い浮かべると、記憶しやすい。

視覚的な記憶と、事象の意味を取るということが、私の漢字記憶となっている。

「山田陽子さん」と名刺をもらって、太陽のように明るい人になるようにとご両親がつけたお名前かな?と思いながら、その方を記憶する。

人物事象と、漢字の氏名が、セットで記憶登録される。

小学校の英語の授業では、音声系と事象は登場するが、書式文字系は要求されない。

英語圏の子どもの0歳から6歳が、小学校の1年生から6年生に該当するのかもしれない。

だから小学校では音声系と事象系の対応だけ学習するのかもしれない。

書式文字系は、中学校へ行ってから、英単語の読み書きとして、習うようになっているらしい。

教育仮設29-4 学習英語は「音節分けカタカナ振り」が欠かせない

英語圏の子どもの英語は、生活英語だ。

生まれてすぐから、普段の家族の会話に使う。

日本の子どもの英語は、6歳からの学習英語だと思う。

私が人の名前を漢字から記憶するように、音声系の聞き取りと記憶が弱い子どもにとって、記憶の中継ぎとなる書式文字系は、小学校1年生の英語から必要なのではないか。

「What do you want?=何が欲しいですか?」「How many?=いくつ欲しいですか?」が、記憶されない小学校3年生を見て、そう思った。

学習英語だから、45分授業の中の5分くらいをかけて、What do you want? How many? のなぞり書き練習くらいは必要なのではないかと考えた。

中一英語では、音声系に強い子どもと、音声系に弱い子どもの、力の差が小学校よりも一層大きくなる。

その差をなくすためには、小学校2年生から、特別な支援を必要とする子どもたちには、英単語の書式文字系は、音節分けのカタカナ振りが必要だと考えている。

Su|n|da|y  Mo|n|da|y 

サ ン デ イ  マ ン デ イ 

wha|t   wa|n|t

ファッ ト   ウォ ン ト

小学校で、上記の「アルファベットとカタカナのなぞり書き」を5分ずつ5年間やったら、特別な支援を必要とする子どもたちへの、英単語習得の合理的配慮となる。

音節分けとカタカナ振りが難しい、中1英語の英単語習得を助ける。

英語がご専門の先生方の、ご意見はどうだろうか?

コメント投稿で、ぜひ教えて欲しい。

英語の先生が作ってくれた曜日の英単語。50音表のように常時掲示が必要。絵が漢字の「日月火水木金土」を思わせ、記憶を助ける。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました