腎臓病の猫を自宅介護で看取った

この記事は約2分で読めます。

37 お母さん猫の最後

 2月が、終わろうとしていた。

お母さんを抱いてベッドに運んだが、羽毛布団の上で目を開けたまま寝ない。

まぶたを撫でて閉じてやったら、2時間ぐらい寝てくれた。

眠る力もなくなって

3月1日、その朝も私の後を追って、珍しく自力で階段を下りてきた。

いつものように、水を飲もうとするしぐさをした。

苦しさを訴えず、鳴きもせず、食べようとし、飲もうとし、こんなになっても生きようとしていた。

しかし、あごが濡れるだけで、自力では水を飲めなかった。

スポイトで水を口へ入れてやった。

水も飲めなくなって

夜になって、親の入浴世話終えて、お母さんが私を待つベッドへ、22時ごろ向かった。

一人でベッドに上がろうとして、その力がなく、昇る途中で、こと切れた、お母さんを見つけた。

「ごめんね、お母さん、引っ越して来てからの5年間、ちっとも相手をしなかったね」

何一つ文句を言わず、最後まで猫生を全うした、12歳のお母さんだった。

次の日、お母さんと出会った、郊外の家にお母さんを連れて行った。

お母さんを、母似が眠っている、花盛りの椿の根元に埋めた。

2013/ 3/ 1 22:03 「12年間、ありがとうね、お母さん」

「ありがとう、お母さん。お母さんに逢えて、お母さんの猫生を知って、幸せだったよ。」 

野良だった「お母さん猫」end of story

           continue to 「保護猫クーちゃん」

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました