子どもに自信を持たせるには、現勢の保障、共感、得意を認める言葉かけ

この記事は約4分で読めます。

自信を失くしたり、気持ちが沈んだりしている子どもに対して、温かい言葉をかけたいと、誰しも思いますね。

肯定的な言葉かけとは、言われた人が自分に自信が持てるような言葉かけです。

例えば、以下のような言葉です。

現勢の保障

相手を傷つけない言葉「またやったの」「びっくりしたね」

相手を非難しない言葉「なんで」「驚いたね」「ドキッとしたね」

起きた事を責めない言葉「どうして」「気が付かなかったぁ」

相手の考え方を否定しない尊重する言葉「そう考えたんだね」

独り言つぶやくのは相手を傷つけない「こうなんかなぁ」

共感

起きたことへのダメ出しでなく、起きた理由への共感の言葉「理由があったんだね」

起きたミスへの共感の言葉「予想できないことだったね」

ミスに対する後悔への共感の言葉「残念だったね」

同行と切り替え

次回のプランの提案の言葉「この次、こうしてみようね」

同行するよ、協働するよ、同行応援の言葉「一緒にやろう」

物理的な道具で手伝う

確定域と踏み出し

できたこと、できた時、得意なことを思い出してもらう言葉「前に何々でうまくいったね」

自信のある確定域から、アプローチしてみよう、という提案と踏み出しの言葉「あの方法でやってみよう」「あの時みたいにチャレンジしよう」

子どもの好きな工作の作品、子どもの好きなプラモデルの作品、子どもの好きなゲームのキャラクターのプリントアウトやフィギュア、など、子どもの好きなものに同調して、リビングの一番良い所にそれらを飾ってみましょう。

ゲーム依存を非難したり、ゲームを禁止するだけでなく、「このゲームが好きなんだね。このキャラクターが好きなんだね。どんなところがいいの?」と、関心と共感を示し、夢中になっているものを評価することが、子どもの心の琴線に触れます。

誰でも非難されると孤独で、共感されれば嬉しいものです。

共感されて柔らかい気持ちになると、ゲームの管理についての話し合いもできます。

大場美鈴さんの『楽々かあさんホームページ』声かけ変換表

大場美鈴さんの『楽々かあさん公式ホームページ』から、大場さんの肯定的な言葉かけの最高傑作「声かけ変換表」を無料でダウンロードできます。https://amzn.to/3o6XYQ8

大場さんは、子どもの行動を決して非難せず、子どもが今どうしたらいいか、次の行動が起きやすいような言葉をかけます。https://www.rakurakumom.com/

以上の内容を、以下の記事に、まとめています。

子どもへの共感とアプローチの方法

子どもへの共感とアプローチの方法
「子どもの世界への入り口」 中野の著書『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅠ』明石書店 2006年 第1節:心理学について(17頁)によれば、「子どもたちの世界への入り口」が、「水道水の泡の話」(16...

子どもの得意な領域で付き合う方法

子どもの得意な領域で付き合う方法
現勢の保障と得意な領域 病院の発達相談に、5歳、年長児のAさんが、ご両親とやってきた。私がベビーブックを持って待合室に迎えに行くと、Aさんはうなり気味に泣くように興奮していて、待合室に戻そうとするご両親...

肯定的な言葉かけの方法

肯定的な言葉かけの方法
教育仮設No.5-1 梅津八三の接近仮設による言葉かけ 心理学者 梅津八三の意図するところに学んで、肯定的な言葉をかけるとしたら、以下のようになると思う。1.現勢の保障「そうしていいよ」2.共感...

発達に心配のある子どもをボトムアップで育てる方法

発達に心配のある子どもをボトムアップで育てる方法
子どもさんの発達を心配して、保護者の方が相談に見えます。どんな風に接したらいいか、何をしてあげたらいいかと、たずねてくださいます。保護者の方も、子どもに寄り添いたいと、思っているのです。社会や一...

初発を否定せず、相手の価値観に立った言葉かけが、仲良く付き合っていくコツになる

子どものかんしゃくが起きないように初めの言い分を受けとめる方法
苦労を抱えている人と、仲良くなるには、その人の価値観の側に立った言葉かけをします。特に初めて係わる時には、「初発を否定しない」ことが大事です。初発とは、そのかたが係わりの初めに取ろうとした行動、初めにつぶやいてくれた言葉です。初発の行動を否

社会的ひきこもりを防ぐたった1つの方法―子どもの味方になる

社会的ひきこもりを防ぐたった1つの方法―子どもの味方になる
病院小児科で、心理療育の仕事をして、24年になります。24年間で、出会った子どもたちは、850人ほどになりました。雇ってくださった、深澤尚伊医師の言葉は「子どもの味方であれ」でした。深澤医師は2...

寄り添う共感の言葉から新しい行動が生まれる

「寄り添う・支援する」とは、いったん自分の考え方を置いておき、まずは目の前の子どもの考え方に立ってみる「そうなんだね」、という肯定から始まります。

梅津八三のいう現勢の保障です。

子どもの感じ方・考え方を「それ、いいね」と肯定し、「こういうのはどうかな?」と自分の考えも伝えて、お互いの中間を探していくことができます。

共感と同行ですね。

スモールステップで、お互いに少しずつ歩み寄る、お互いに少しずつ新しいことに踏み出す、それが対等な関係、協働の関係です。

得意な領域=確定域からは、それに似た新しいことに踏み出しやすいです。

初めは、力のある大人の側が子どもの考えを知る、それが肯定的な言葉かけになり、お互いに歩み寄る新しい行動につながります。

子育て言い換え辞典 https://amzn.to/3PuW47C

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました