初発を否定せず、相手の価値観に立った言葉かけが、仲良く付き合っていくコツになる

この記事は約3分で読めます。

苦労を抱えている人と、仲良くなるには、その人の価値観の側に立った言葉かけをします。

特に初めて係わる時には、「初発を否定しない」ことが大事です。

初発とは、そのかたが係わりの初めに取ろうとした行動、初めにつぶやいてくれた言葉です。

初発の行動を否定しない

たとえば、学校で、子どもが、教室を飛び出して、消火栓を触りに行ったり、非常口のマークを触りに行ったりする行動を、見かけることがあります。

教室を飛び出して、消火栓を触りに行ったり、非常口のマークを触りに行ったりする子どもの行動を、どうとらえて、どう味方になるか

その行動を、ダメな行動として、制止だけすれば、お互いの心の重なりは離れていきます。

制止された後のパニックは、長時間にわたります。

初発の行動を、「そうしたいんだね、そうしていいよ、気持ちは分かったよ、(触ったら「確認できたね」)」と、受け止めて、見守り、言葉にすることで、子どもの心は満足し、お互いに、仲良くなれます。

子どもにずっと付いて歩ける、保護者や支援員さんなどは、上記のようにできる立場にあります。

学校の担任の先生であれば、「行っておいで、触ったら、戻ってくるんだよ」

あるいは、「行ってきていいですよ。何時何分に戻ってきて、プリントをしましょう」などが可能です。

初発のつぶやきを受け止める

たとえば、勉強で、子どもが「つまんない」「わかんない」「できない」「難しい」などと、つぶやいた言葉を「そうだね、そうだよね、気持ちは分かったよ」と共感して、「つまんないよね」「わかんないよね」「難しいよね」と繰り返し、復唱します。

そして、1枚、あるいは5分間、彼が得意とする確定域の課題や、小さなプリントをやります。

「私はあなたの考えを尊重します、味方ですよ」と、代替えのモノで伝えます。

子どもの気持ちへの、傾聴、受容、共感を、心がけます。

梅津八三の行動調整の心理学で言えば、相手の「現勢の保障」です。

子どもは、敏感に、相手が自分の味方かどうかを、見分けます。

初発は、100%、子どもの味方になりましょう。

子どもの気持ちと一心同体になる

子どもの感じ方の味方になると、大人の同行や協働が認められ、子どもに頼りにされるようになります。

子どもは、理解されると、大人の提案にも耳を傾けてくれます。

大人の提案を受け入れて、大人の価値観の方に踏み出してくれます。

たとえば、「消火栓と非常口のマークを、自由帳に描いてここにいよう」などに、応じられるようになります。

あるいは、「2時間目が終わったらね」「給食の後でね」「明日ね」「先にA、あとでBしよう」などと、延期できるようになります。

子どもの願いと、大人の価値観の重なりが、増えていきます。

現勢の保障、共感と同行から、「苦手なことや新しい踏み出しを形成する」には、こちらがいつも、その日その日の初発の行動やつぶやきを、子どもの価値観に立って、肯定的に受け止めていくことが大事です。

それが、やがては、子どもの変容、一般的な価値観や常識、ソーシャルスキルの習得を、引き起こします。

先に理解されると、大人の価値観に歩み寄ってくれることが起きる

これは、われわれ大人同士でも、同じですね。

相手に、先に理解・同調してもらえると、自分も変わりやすいです。

それゆえ、育児、保育、療育、教育、看護、介護などでは、相手の初発を否定せず、我々が先に、相手の価値観に立った言葉かけをすることが、仲良く付き合っていくコツになります。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました