猫が傷を作って帰宅したとき 動物病院に行くべきだった

この記事は約1分で読めます。

21 灰色猫のケガ

 梅雨の時期、灰色は一度、目の下のあたりと額に傷を作って帰宅した。

小さいときから、喧嘩の際は母猫の後ろに隠れたり、脱兎のごとく逃げ帰ったりして、以前から喧嘩を好まない灰色にしては、珍しいケガだった。

闘いを避けてか、ケガの直後はしばらく、灰色は狩りに出かけないで家にいた。

夏、灰色の片方の牙歯の先が、欠けていることがわかった。

牙歯が1本欠けて

しばらくして、右手の肉球周辺が腫れて、一週間ほど痛そうにして歩いていた。

これも、よそ猫と、縄張り争いをするようになった戦傷だったのだろうか。

秋になって、灰色は豪雨でびしょぬれになって帰り、疲れたのか翌日は、お天気になっても狩りに出かけず、ただひたすら寝ていた。

灰色は びしょ濡れの翌日は ひたすら眠って

ねずみを2度捕ってきたときには、私は灰色に食べられないように、すぐ取り上げた。

灰色は「ねずみがいたはずだ。獲物を返してくれ。返してくれ」と、一晩中、室内を捜し歩いて鳴いた。

初冬、灰色が、ほとんど外に出かけなくなった。

トカゲが捕れなくなったし、寒くなったので外出しなくなったらしい。

大人にもなったのだろう。

私はそう考えていた。

しかし1年後、灰色に大変なことが起こる。

狩りの季節が終わって

コメント

タイトルとURLをコピーしました