猫の引っ越しで注意したこと 完全室内飼い いつも使っていた物

この記事は約3分で読めます。

31 お母さん猫の引っ越し

 引っ越しの時、お母さんは、6歳になっていた。

引越し

引っ越しを機会に、お母さんを完全室内飼いにした。

トイレ、ペットの炬燵、爪研ぎ等、引っ越し前と同様の品物を、準備した。

住み慣れた家が変わるとき、これまでいつも使って来たものが、重要だった。

引越しだから、全て新調しようと、思わない方がよい。

窓辺の巡回

猫は変化を嫌う、同一性を保持したい動物だ。

引っ越して2~3日で、お母さんは新しい家に慣れてくれた。

家の窓辺を回ることが、お母さんの日課になった。

以前の家での、朝晩の縄張り巡回の代わりだ。

お母さん猫が引っ越しに順応するか、不適応を起こすか、それが引っ越しに際しての、私の最大の関心事だった。

猫は家に付く、犬は人に付く、といわれている。

私という飼い主より、引っ越し前の「家」に懐いたお母さんが、あの家を離れるということは、無理があるようにも思われた。

やっぱり外が好き

現に引っ越しの事前練習に、引っ越し先である実家に初めて連れて行ったときは、人間の炬燵にもぐったきり、食事にもトイレにも一歩も出て来なかった。

お母さんは、もともと灰色や短毛のように、人懐こい猫ではなかった。

例えば灰色は、私が抱くと抱かれたまま安心して体重を預け、嫌がって逃げることはなく、撫ぜられると恍惚としてされるままになり、灰色には愛玩動物らしい可愛さと鷹揚さがあった。

しかし、お母さんは今でもそうだが、出逢った初めから、私に抱かれることを好まず、嫌がり、人間の腕から逃げようともがくタイプの猫だった。

お母さんは、私以外の慣れない人に対しては、その姿を見ただけで、視線が合っただけで、わずかばかり接近されただけで、ピュッと逃げた。

庭がない!

未知のものを嫌い、警戒し、怖がる。

お母さんは、用心深かったクロとよく似ていた。

お母さんは、きっと子猫の頃はクロとそっくりな、人間に対して臆病な猫だったのだろう。

反対にクロが生きていれば、お母さんに似た成猫になったに違いない。

そのお母さんが、新しい家に馴れてくれるものかどうか、皆目わからなかった。

引っ越さねばならないことは、私たちに選択の余地はなく、ペットであるお母さんも、私以上にそれに従うほかなかった。

春、引っ越しした初日、お母さんは腰を低くしたまま這うようにして、自分の居場所を探し歩き、新しい家のベッドの下や、机の下の隅に隠れるようにして、身をひそめた。

網戸の向こう 車の音が聞こえる

おかしな探索の姿勢だが、こういう時の猫は、不安な状態なのだという。

以前、我が家へお母さんのほうから望んで入ろうとして、安心した普通の姿勢で探索したときとは大違いだった。

数日は、私も心配で不安だった。

お母さんが新しい家から逃げ出さないか、玄関や窓の開け閉めに非常に気を配った。

ところが、住み慣れた家を失ったお母さんは、家よりむしろ私になつくことで、引っ越しという今回のこの環境変化を、意外と早く乗り切った。

犬のように「人に付く」順応をお母さんが見せたのである。

階段てものは運動にいいわね

コメント

タイトルとURLをコピーしました