猫白血病にいつかかってしまったのか

この記事は約3分で読めます。

22 灰色猫との別れ

 4年目、春に灰色が一度、うす紫色のおしっこをした。

驚いた。

心配になり、動物病院に連れて行こうかとずいぶん迷ったが、灰色は食欲もあり、元気に狩りを続けているから、自分の忙しさにまぎれて、放っておいた。

まん丸だったが

狩りを続けていたが痩せた灰色猫

灰色は、相変わらず狩りをして、モグラやムクドリを捕って来ては、食べていた。

夏、灰色が少しやせた気がした。

前年の避妊手術のからの、ダイエットフードの効果だと、私は軽く考えていた。

秋、灰色が大好きなカニかまぼこを食べないことに、ある日気が付いた。

水ばかり飲んでいる。

夏から痩せて

猫白血病

動物病院に連れて行ったら、猫白血病にかかっていて、レントゲンを撮ると、すでに胃がどこにあるかもわからないほど重篤で、肺に水がたまっているという。

猫白血病にいつかかったのかは、特定できないという話だった。

去年、予防接種をする前からこの病に罹患していたのか、発症はいつからだったのか、私には皆目わからなかった。

1年前、灰色は数度ケガをした。

あの頃、猫白血病の猫と闘って、噛まれたり傷つけられたりしていたのか。

今年の予防接種が遅れたことを、私は悔やんだ。

毛艶が無くなって

最後の一週間

1週間、灰色はもう水も飲まなかった。

動物病院で、水分補給の注射を2本してもらった。

脱水が収まったのか、いっときお母さん猫と、ベランダの陽だまりに出た。

つらいのだろう。

浅く速い呼吸をしている。

飲まず食わず

私のベッドの羽毛布団で、寝ていることが増えた。

体がつらくて、ふかふかの羽毛布団で耐えているようだった。

トイレまで行く力がない灰色猫

私が仕事から帰ると、羽毛布団の上で連日排尿していた。

11月9日、最後の日、灰色は人間の炬燵の中で、一日暖をとりながら、留守番していた。

灰色は、こたつの中で排尿していた。

おしっこが出てよかった。

私が帰宅すると、灰色はない力を振り絞って、炬燵からピョンと出てきた。

炬燵からピョンと出て

もう頭も上げていられない。

治る可能性のない灰色。

このままでいいのだろうか。

迷いながら私は灰色を動物病院に連れて行き、獣医さんに「解放してやってもらえるか」と依頼した。

獣医さんが、安楽死させてくれた。

わずか1週間の闘病で

灰色猫とお母さん猫の別れ

むくろになった灰色を、我が家へ連れて帰り、お母さん猫に見せた。

お母さん猫は寄っては来たが、灰色を舐めたりはしなかった。

クロが眠る、金木犀の近くに灰色を埋めた。

クロのそばに

お母さん猫には、生きる現実があるだけで、灰色の死を悲しむ感情は、なさそうだった。

それは、平らな気持ちで暮らせる、猫の資質なのかもしれない。

私もそうありたい。

3歳半だった灰色。

4匹の中で一番早く、人懐こく、私に心を許してくれた灰色。

1週間の闘病で、逝ってしまった。

手足の長い、サバトラ猫だった。

人懐こかった灰色

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました