猫の皮膚炎にはエリザベスカラーとフロントラインプラスキャットが効果的

この記事は約6分で読めます。

花ちゃんの皮膚炎は、一進一退を続けています。

長く付き合う病気になるかもしれません。

キャットフードを食べると、体温が温まるのか、やはり痒い部分が赤みを増すように思えます。

食事から数時間経つと、皮膚の色は肌の色になり、痒みも収まるように見えます。

2年前、保護主さんから花ちゃんをもらう時、保護主さんは夜中に鳴くことを1番心配し、2番目に花ちゃんが皮膚炎を持っていることを心配していました。

保護主さんも、花ちゃんの皮膚炎の治療に通院してくださっていたのです。

保護主さんの3年間の治療のおかげで、花ちゃんは我が家に来てから丸1年は皮膚炎が出ませんでした。

2年目に私が食べさせた様々な鰹節や、ヒルズの消化ケアi/d 以外のキャットフードの添加物が悪かったのか、獣医さんが言った蚊刺(ぶんし)過敏症だったのか、食物アレルギーなのか、ダニなのか、特定できないです。

猫の皮膚炎と肛門嚢炎
耳がかゆい 元々は野良猫で、5匹の子猫と一緒に、素敵な保護主さんに3年間保護された花ちゃんが、我が家に来て、2020年8月でちょうど1年が経った。我が家に来た時から、耳の毛が少しまだらに禿げているような...

いずれにしても2020年の8~11月と、2021年の3~6月、花ちゃんにかゆみの苦労をかけています。

外を見るのが大好きな花ちゃん。ひなが1日見ています。
スポンサーの広告リンク

バイオウイルスクリア

お湯でこまめに拭いてあげても限界が来たので、真菌やカビをやっつけてくれる、猫が舐めても大丈夫な、バイオウイルスクリアで拭いてみました。

悪化はしないけれど、バイオウイルスクリアでも完全には痒みが治らないので、エリザベスカラーを付けることにしました。

南里秀子さんの「老猫専科」で、バイオウイルスクリアやアイオニックシルバーについて学びました。
販売会社グッドウィル。真菌カビ等の除菌ができる。猫が舐めても安全。無香料。スプレー付き。アマゾンやヤフーショッピングのインターネットで、¥4000ぐらいで買える。

エリザベスカラーの効果

エリザベスカラーを付けていると、花ちゃんが後ろ足で掻かないから、皮膚炎が良くなってきました。

私も嬉しくて、気が緩んで、先週一度だけ、花ちゃんがお昼寝するのに、エリザベスカラーが邪魔だろう・首が痛いだろうと考えて、外してやってから、仕事に出かけました。

帰宅してみると、後ろ足で掻いた傷が2本深くついており、おでこのかさぶたが悪化していました。

傷には エルタシン軟膏0.1%を綿棒で薄く塗りました。

人間にも使える傷軟膏。抗生物質

エリザベスカラーをしていれば、後ろ足の爪が届かないので、痒い部分に傷がつきません。

エリザベスカラーに慣れて、たまに、上手に、後ろ足で掻いていることがあります。

仕方なく、エリザベスカラーをダブルでつけました

これが、最も効果的です。

花ちゃんにとって、エリザベスカラーは、1つでも2つでも同じなのか、苦にしません。

大好きなちゅーるアペティートも、キャットフードも上手に食べるし、トイレも済ませます。

排便がゆるい時は、砂かきの前かがみの際に、エリザベスカラーに、うんちが付くことがあります。

洗い替えが、必要ですね。

花ちゃんは、片付けてくれる人がいる時、夜や朝に排便することが多いので、トイレの時は、エリザベスカラーを外してやり、済むまでそっと待っています。

2つでは、さすがに、寝にくそうなので、夜、寝る時には、1つにしてやります。

エリザベスカラーは、今の花ちゃんには必需品です。

昼夜、24時間、ずっとしていると、傷も痒みもとても減ります。

Amazon で一番初めに購入した1480円のこのうさぎ模様のピンクのエリザベスカラーは綿がたくさん入っていてとても良いです

エリザベスカラーの紐が緩いと上手に外す

エリザベスカラーがキツイと、お昼寝するのにつらいだろうと思って、紐を緩くしてやると、頭の良い花ちゃんは、いつの間にか外して現われます。

上手に外して、痒いところを掻いている花ちゃん。

心を鬼にして、首まわりの紐が緩まないように、紐を締めます。

ごめんね、花ちゃん。

花ちゃんは、結構諦めもよく、エリザベスカラーに慣れると、そのまま上手に昼寝しています。

これは圧縮パックで送られて来て、薄くて軽いので、寝やすい。直径が大きいからか、後ろ足で掻きません

お手入れの時間帯だけ外して見守る

花ちゃんは食後に、朝晩、毛のお手入れをします。

いつ、おでこを掻くか、ヒヤヒヤしながら見守っています

猫だから、このルーティーンをしたくて、私の目の前にやってきます。

このルーティーンはさせてやりたいと思って、自分が見ている時間のある時は、エリザベスカラーを外してやり、花ちゃんが手・頭・足・お腹・背中を舐める姿を見守ります。

私がエリザベスカラーを外してやるのを忘れていると、花ちゃんはエリザベスカラーを舐め始めます。

そうだった、毛のお手入れの時間だった、花ちゃんのエリザベスカラーを外してやります。

私が目を離す1~2秒の間に、後ろ足で、おでこの痒いところを掻くことがあります。

足に注意して、お手入れの間見守っています

私も瞬時に、花ちゃんの足を抑えます。

花ちゃんは私をにらんで、掻くのをやめます。

そんなことの繰り返しです。

猫でもこんなに手がかかるから、乳幼児のアトピー性皮膚炎に対応している、若いお母さんの大変さを想像します。

アトピー性皮膚炎を持っている、小中学生も痒みは辛いですね。

授業に、集中できないと思います。

かゆみの原因のダニ対策にはフロントラインプラスキャット

通院、 抗生物質の薬、ヒビクス軟膏、お湯で拭く、バイオウイルスクリアで拭く、エリザベスカラーを常時つける、フロントラインプラスキャットをまめにつける、などをして来ました。

猫のダニアレルギー対策0円で済む安くて効果的な方法
食物アレルギーによる花ちゃんの皮膚炎は、カリカリをロイヤルカナンの低分子プロテインに変えてから、2ヶ月くらいで良くなった。花ちゃんの食物アレルギー性皮膚炎がようやく治ったと思ったら、次はダニアレルギーが...

通院の抗生物質の錠剤で、花ちゃんは下痢をしてしまうので、注射か塗り薬だといいなあと思っています。

今は、エリザベスカラーとフロントラインプラスキャットで、効果が出ています

布製でなく、ビニールコーティングのものもありますネットで1000円前後の送料無料圧縮パックの物はとても薄くて軽いです

フロントラインプラスキャットは、1か月に1度くらい、猫の足や舌が届かない、首から肩甲骨にかけて滴下してやります。

ネットで6本入り4000円くらいで買えます

ダニを洗い落とすシャンプーは、花ちゃんが嫌がることが予想され、まだチャレンジしていません。

シャンプーしなければならないのが、目の上からおでこにかけてなので、猫ちゃんが一番嫌がる場所だと思います。

シャンプーをお湯で溶いて、薄くして泡立てて使うとしても、花ちゃんの目に液体や泡が入ることも心配です。

出来ればシャンプーは、私もやりたくありません。

持田製薬の薬用低刺激性弱酸性のコラージュフルフル泡石鹸が、シャンプーには良いというので、購入はしてあります。

ネットで2000円くらいで買えます。

猫ちゃんは、肌が弱いので、すすぎを良くしないといけないそうです。

花ちゃんが暴れることが予想され、すすぎのシャワーの時のシャンプー安心ネットなども購入しました。

その時が来たら、密室のお風呂場の浴槽内でのシャワーシャンプーを予定しています。

皮膚炎が悪化したときは、すぐに通院したいと思います。

皆さんは、皮膚炎の猫ちゃんを、どのように治療していますか?

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました