文字を読めない子どもと楽しく学習する方法と教材

この記事は約7分で読めます。

病院小児科の発達相談に、国語の教科書が読めない、ひらがなやカタカナが書けない、繰り上がり繰り下がりの計算ができない、という子どもさんが見えます。

学校で使っている、国語・算数の教科書とノート、漢字練習帳と連絡帳、漢字計算コンテストプリント、4~5教科のテストプリントなどを持参してもらい、見せてもらいます。

苦労を分析するための検査

学習方法の相談だけでなく、読み書き計算の発達年齢を知りたいという希望がある場合には、知能検査、読み書きスクリーニング検査、視知覚発達検査を行ないます。

右は、えじそんクラブ 視能訓練士 北出勝也「ちゃんと見えているかな?」

検査結果は、ご家族に結果を郵送、あるいは次回の予約時に、口頭で説明します。

小児科の療育に、毎月1~2回通って来る方もいます。

それでは、家庭学習や、学校の放課後および通級指導教室の個別学習で、読み書き計算を楽しく学習する方法と教材を紹介します。

まずは、読む学習の紹介からです。

読む学習 位置と運動で覚えるタイル50音表 誘い方

1年生の授業で似ているひらがなを取り上げている場面

「あぬめ」「ねれわ」「はほ」など、似ている文字を記憶するのが苦手な子どもさんには、ひらがなタイル50音表で、位置の手がかりを与えて学習します。

手の運動で収めていく教材の、運動感覚を子どもは喜んで、取りかかってくれます。

50音表の枠ごと、子どものそばまで持って行って、見せるといいです。

1枚文字タイルを渡して入れてもらい、「机でやろう」と、50音表を半分持たせて誘います。

子どもの手に教材を持たせて、子どもの手をふさぐと、子どもはそれを処理しようとするものです。

人間の原始的な記憶が位置の記憶だから、不動の位置を手がかりに記憶します。

位置の手がかりと、タイル文字を運んでくる運動が、記憶を助けます。

「これはここだ!」と言う、確定を学習します。

プリントやボール紙では得られない、タイルの重みの確定の感覚です。

行ごとに文字合わせをする

1.一番初めは、タイルを指で押さえながら、行ごとに読む練習をしましょう。

2.次に、行ごとにひらがなタイルを重ね合わせていく学習に、移ります。

タイルの下には、タイルと同じ文字が貼り付けてあります。

1行ずつ、「あ」から順番に、タイル文字の重ね合わせをします。

1行5枚のタイルを、50音表の枠の右端か上段に、並べてあげてください。

一番最初は、5文字をア段から順序良く並べてやり、2回目は下の画像のように、似ている「あお」「うえ」を比較しやすいように並べ、3回目はランダムに並べます。

読む学習が苦手な子どもさんは、初め、目だけで文字を探して、枠に順番におさめることだけで、一生懸命です。

目だけの仕事がうまくなったら、50音表の文字を1字ずつ読んで、上から順番に、タイルの文字を探して、枠に収めます。

音声で言いながら文字を重ね合わせる

①50音表の文字「あ」を見て、➁文字「あ」を読んで、③目と手で「あ」のタイルを探して、④運動でタイル文字を枠に収める。

これだけで結構、複雑な仕事です。

なんでこんな簡単なことができないのか?と見るか、すごい複雑な仕事をやっているんだなぁと見るかで、子どもと大人の関係は変わってきます。

目と音声と手の、複雑な行動計画の処理を、一生懸命やっているんだな、疲れるだろうな、頑張っているね、そういう敬意は、子どもに伝わります。

言いながら探す、読みながら探す、という2つの仕事が子どもに負担であれば、大人が「読み」を分担してあげてください。

1行ずつだけ見えるように、画用紙やボール紙などで他行を隠しても、見やすくなります。

1行ずつ隠す板を左へずらしていきます

ア段から順番に探すには 枠の文字を指差すと文字の記憶登録を助ける

枠の文字を、「あ・い・う・え・お」と順番に指さして、こどもの視線を手伝っても良いです。

子どもが左手の人差し指で、「あ」から順番に下方へたどり、子どもが右手でタイルを探しても良いです。

指差しのような運動は、記憶登録を助けるのに重要です。

一覧の表で見ると、似ている文字も、「あ」は上の方で、「ぬ」は真ん中へんで、「め」は左の方だなと、位置で弁別しやすくなります。

教科書の表だけで記憶できない子どもには、①50音表の位置の手がかり、➁タイルを動かす運動、③何かしらの中継ぎ信号=「は端っこだな」などのつぶやき言葉、が必要なのです。

タイルは、子どもの触覚に丁度いい重みがあります。

タイル以外のひらがな50音表

くもんには、磁石式の50音表があります。

タイルを投げて危険な子どもさんには、木製やボール紙の市販品もあります。

アポロ社 木製 文字をコピーして貼り文字合わせにした
学研 ボール紙製 周囲の絵が余分な刺激になるので白テープで消した

ひらがな文字50音の、重ね合わせが上手になったら、最終的には、見本の文字がない所へ、ひらがな50音を並べられると、その子の脳の中に50音表が完成したことになります。

枠は黒の太マジックでも十分です。

プリントの右上にある小さな50音表をヒントに、タイルなどで50音を並べます。

「い・く・こ・し・つ・て・の・へ・り」などの一筆書きで書ける文字は、あらかじめタイルを取り除いておいて、「空欄のところを書いてみよう」と勧めると、簡単な文字は書く行動が起きやすいです。

「書いて完成したね」と認めてください。

大型の50音表になりますが、市販品によくある積み木の50音を、ベニヤ板と角材で枠を工作すると、以下のようになります。

積み木は市販品 5字×5行を2つ作ると10行になる

濁音と半濁音25字、促音と長音、拗音33字

濁音と半濁音25字、促音と長音、拗音33字についても、下の画像のようなタイル表で、①読みと、➁文字の重ね合わせを学習します。

拗音表 3ミリの角材はハサミで切れる

表に収めることが上手になったら、単語作りに移ります。

単語作り 絵カードの裏に正解の文字がある 見ても良い

似ている単語を 脳の外で 同時提示で見比べて照合する

清音・濁音・半濁音の区別が難しい子どもには、比較照合しやすい同時提示で出題します。

例えば、以下のようなプリントです。

作成 by猫ちゃん 2021年

下段に絵があることによって、上段の似ているひらがなを、読みやすくなります。

文字を読むわけですが、文字から音が出にくいので、文字➡➡読みの音と、絵が中継ぎになって、似ている文字を分けて読みます。

正解するように、うまくいくように、覚えやすいように、大人が手伝うと、子どもは注意深くなり、わかると集中し、できると意欲的になります。

カタカナ タイル50音表

同様にしてカタカナも、清音・濁音・半濁音、促音と長音、拗音を、50音表タイルで学習します。

カタカナの重ね合わせが、1行ずつ、5行ずつ、10行全て、楽になったら、ひらがなと同様に「マインクラフト」などと単語作りをします。

見本の単語カードを見せて、それに合わせて並べて作ると良いです。

文字を並べる枠があれば、一層良いです。

枠の工作は、結構時間がかかるので、太マジックで、はっきりとしたマス目を、ボール紙やダンボールに書いてあげて、そこに単語作りをするのも良いでしょう。

国語その他の教科書にスラッシュ線を入れる

読むことが苦手な子どもさんにとっては、ひらがなが3文字以上続くと読みにくくなります。

①文字の形を見分けること、➁単語の意味を取ること、③相手に伝わるイントネーションで音にすること、この3つが滑らかに起きないと、読み方がたどたどしくなります。

1年生の教科書のように1マスいて、分かち 書き に なって いる 文は 読みやすい です。

ひらがなは、3文字以上続くとまとまり読みが難しくなるので、意味が区切れる2文字か3文字で、スラッシュ/線を/入れて/やると/読み/やすく/なります。

音読を助けるデイジー教科書

耳から聞いて、読みを助ける教科書、デイジー教科書を、学校や教育委員会で導入してもらってください。

学校から配布された iPad や Chromebook に、ダウンロードできます。

デイジー教科書の導入が決まったら、学校の先生にダウンロードしてもらってください。

個人でも、該当学年のデイジー教科書を、年間3000円で申し込めます。

ルビ振りがしてあり、音読の箇所が黄色線で、表示されます。

読みの速さも、ピッチを変えられます。

発達障害の子どもさんに音読をしてくれるデイジー教科書の紹介
特別支援教育では、視覚障害や発達障害等の人のために、デイジー教科書というものがあります。教科書の漢字に「ふりがな」が振ってあったり、教科書やプリントを「読み上げて」くれたりする機能があります。イヤホンを...

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました