ゲーム依存を軽減する方法

この記事は約6分で読めます。

ゲームを禁止する話、ゲームを制限する話を、保護者から相談されます。

ゲームを禁止してハードやソフトを取り上げても、ゲーム時間を減らしても、子どもの脳が快感を諦めるのは難しいです。

快感を諦められないので、反抗したり暴言を吐いたり、閉じこもったり昼夜逆転したりします。

子どもが好きなゲームを否定しない

私だと、「チョコレートやコーヒーを我慢しろ」と言われると、今、つらいです。

先のことを考え、全体を見ることができる大人でも、今、好きなものを我慢するのはつらい。

でも大人だから、将来の動脈硬化や利尿作用を心配して、チョコレートやコーヒーの軽減調整が起きます。

先のことを考えにくい、行動調整が未熟な子どもであれば、なおさら「好きなものを我慢するのはつらいはずだ。」と理解することが、ゲーム時間軽減の出発点です。

大人は、子どもの脳の発達の偏りを心配して、ゲームを1~2時間程度にさせたいと思いますね。

子どもの希望でなく、大人の希望なのだから、ゲームに関して工夫していくのは、大人の役目です。

「ゲームをしている時、この子は何もかも忘れて没頭し、楽しいのだ!」という、肯定的な現勢の保障があれば、大人の肯定の雰囲気は子どもに伝わります。

「ゲームを好きなんだね。好きなものを我慢するってつらいね。」という共感があれば、ゲーム時間軽減の行動調整が可能です。

見えない時間をタイムタイマーで見えるようにしよう

子どもが夢中になってゲームをしている時、大人が「終わりの時間だよ」と言っても、子どもは聞く耳を持ちません。

目がゲームを見ている時は、耳と脳が働きにくいです。

時間を忘れて、ゲームに夢中になっています。

そこで、時間が見えるようになっている、タイムタイマーを使えば、子どもには減って行く時間が見えます。

時間の流れが見えるのはタイムタイマー➡数字が減っていくデジタルタイマー➡数字が変わるデジタル時計➡針が動くだけのアナログ時計、の順に時間の流れの見え方は難しくなります。

時刻だけのシンプルなものが見やすい https://amzn.to/3cUXWJ9
針が動くだけのアナログ時計

ゲーム依存になりやすい脳のタイプの子どもさんには、タイムタイマーのように、見えない時間が見えている状況が、行動調整しやすいです。

初めは、お母さんがタイムタイマーをセットして、そばに置きましょう。

ゲームを始める前に、自分でセット出来るようになれば、先の見通しを持ち始めたということになります。

子どもがゲームから一瞬離れた時にアナログゲームに誘おう

先のことは考えない、ゲーム以外が見えない子どもにとって、好きなゲームを禁止されると、反抗的になります。

大人からはマイナスに思える、ゲーム依存の消去よりも、ゲームに近いプラスの行動を作る方が、親子関係を良くします。

子どもがゲームに夢中になっている時間の中に、親子の時間、家族の時間を、少しずつ割り込ませて行きましょう。

区切りに誘うことが、切り替えを起こしやすくします。

トイレに立ったり、冷蔵庫に飲み物を取りに来たりしたときが、アナログゲームに巻き込むチャンスです。

ただ声をかけるのでなく、子どものそばまで、アナログゲームの一部を持って行きます。

トランプを子どもの手に持たせたり、ゲームのサイコロを手渡したりして、「一緒に付き合って」と誘いましょう。

手に何かを持たせることが、子どもの気持ちを左右します。

手に持たされ、手をふさがれると、それを解決しようと思うのが、人間心理です 。

子どもの好きなキャラクターのアナログゲームを探そう

大抵の子どもたちが好きなゲームに、 Minecraft マインクラフトという電子ゲームがあります。

この Minecraft に、人生ゲームのような、ボードゲーム版があります。https://amzn.to/3Jxh23R

最近、病院の療育で、ゲーム依存の相談があると、この Minecraft ボードゲーム版を紹介しています。

私が Minecraft を知ったのは、8年前の2014年でした。

長く続いている、子どもが夢中になるゲームですね。

Minecraft にはボードゲーム版だけでなく、35ピース・70ピース・108ピース・150ピース・200ピース・300ピース・500ピース・1000ピースまでのジグソーパズルがあります。

一人で作るのは難しい、200ピースくらいの難しいジグソーパズルこそ、大人が手伝う出番があります。

https://amzn.to/3vD07r8
完成図をカラーコピーして、見ながら一緒に作る

ポプラパズル マインクラフト ジグソーパズル 35・70・120・300・1000ピース  https://amzn.to/3Jrzf2R

購入したら、最初に、パズルの完成見本を、カラーコピーします。

ピース数が多くて子どもには難しければ、大人がピースを探すコツ・つなぐコツを、そばで言語化して、うまくいくように完成するように、協力します。

アドバイスは、子どもがそのことを考えている時、困っている時が有効です。

子どもが考える前に、アドバイスを押し付けると、子どもは一緒にするのが嫌になります。

子どもが目でピースを見ている動き、手でピースを探す動きから、子どもの考えとタイミングを読み取りましょう。

例えば、完成図から見て取れる、ピース探しのコツは、

①直角のあるピースを4つ探して、4隅を決める。

➁直線のあるピースを探して、似ている色で分けて、4つの周囲から作っていく。

③ピースを色で分けて、空き箱に整理する。

④色数が少ないピースから、キャラクターの顔と身体の部分から、作る。

などですね。

まずは、色のグループでピースを分ける、セリアのセレクトケースが2つ必要かもしれません。

セリアの仕切りシリーズは6・10・それ以上など、色々とあります。

ピースの色分け保管のケースを買いに、100円ショップにも一緒に行けます。

完成のための共同作業が、電子ゲームに負けない絆を作ります。

子どもと絆を作るには子どもの確定域でやり取りする

好きなゲームや、好きなキャラクターに関するものならば、子どもの気持ちが動きます。

様々なキャラクターの、ご褒美シールなどもあります。https://amzn.to/3StpZPJ

子どもの確定域を、行動調整に使います。

自分の好きなものに共感してくれる、家族が一緒に楽しんでくれると、子どもは少しずつ電子ゲーム以外の、対面アナログゲーム場面に、参加してくれます。

好きな物を取り上げられるつらさの理解、好きなゲームの共有、楽しみの共有があれば、一緒に対面アナログゲームをしながらの大人のつぶやき、「電子ゲームだけだと、脳の発達の偏りを心配していた。一緒に話をしながらこのゲームをしたかった。」と言う、大人の話に耳を傾けてくれます。

子どもの好きなキャラクターに関係するアナログゲームを探して、一緒に過ごす時間を作ってみてください。

ポケモン、スーパーマリオ、ONE PIECE、ドラゴンボール、どうぶつの森、すみっこぐらしなども、トランプやパズルなどが販売されています。

ポケモンカードゲーム ソード&シールド スタートデッキ100 https://amzn.to/3zWyJXF

子どもの好きな確定域を、電子ゲームだけでなく、人とやり取りするアナログゲームに広げて、家族のコミュニケーションと絆を新しく作ってください。

まずは大人が子どもの確定域に入り込むことで、家族とアナログゲームを共有でき、家事手伝いやお買い物などにも、踏み出してもらいましょう。

ユニクロの UTme でMinecraft のオリジナル T シャツも作れます。

大人気ゲーム「マインクラフト」ワイルドアップデートスタンプでオリジナル商品をつくろう。 | UTme!

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました