英単語を覚える方法

英単語を記憶できない中学生が、病院の療育相談に見えました。

今回は、英単語を覚える方法を紹介します。

英単語を覚える上で大切なことは、以下です。

➀脳外のカードで行なう。

➁カードを上下に対応させる。

➂意味、発音カタカナ、英単語、音節分け、こじつけ記憶の順にカードを置く。

カード1枚に1単語を書きます

ノートに書いた英単語、1行に横書きで並べられた英単語は、空間の独立性が低いです。

カードは、リングで束ねられた単語カードや、セリアの名刺サイズの多目的カード200枚入りを単語のサイズに切っても、英単語記憶の学習に使えます。

単語を際立たせて、記憶を強化するために、カード1枚に1単語を書きます。

以下の、4種類のカードを用意します。

➀意味カード

➁発音カタカナカード

➂英単語カード

④英単語を音節に分けたカード

カードはそれぞれ種類別に、ボール紙やノート表紙の上に置きます。

カードは横並びでなく、上下に並べて学習します

手の運動でカードを並べることで、脳内空間が脳外で視覚的に整理されます。

割りばしを、枠線がわりに使うと、空間を単語ごとに区切れます。

手の運動と空間の整理が、記憶を助けます。

50音表や九九表のような、表形式にすることが、原始的な位置の記憶になり、記憶を助けます。

意味  聞こえる   ~もまた

発音  サウンドゥ  オルソウ

単語   sound     also

音節  so u n d    a l so

記憶  ウ ン ドゥ   ル ソ

位置を変えずに記憶が成立したら、カードを種類別語群に戻し、意味カードの位置を交換して、対応するカードを並べます。

最後はノートやプリントで復習します

英単語の上に、カタカナで発音を書くようにします。

英単語の下に「こじつけ覚え」を書くようにします。

音節を意識して書ければ、完成です。

こじつけ覚えはローマ字読みとアルファベットの子音ウ段の組み合わせで覚えます

➀発音どおりのカタカナが、自由自在にかける力が必要です。

➁ローマ字読みができる、ローマ字が書けることが、英単語学習の必須になります。

➂英単語の中のアルファベット1文字は、ウ段で発音することを習得します。

dをドゥ、lをル、pをプ、sをス・ズ、などがあります。

bcdfgklmpqrstvw は

ブクドゥフグクルムプクルストゥヴウ と読みます。

音節で分けることができるローマ字読みとアルファベット読みの区別ができる、ということです。

④すると、ローマ字を中心にした、こじつけ覚えのカタカナ振りを、自分で開発できます。

例えば、1週間の曜日の英語、㈬は書くためのこじつけが特徴的です。

発音は「ウェンズディ」ですが、書く時には、発音しないdがあります。

   We d ne s da y

 「ウェ ドゥ ネ ダイ」と、ローマ字読みとアルファベット読みで覚えます。

他にも、㈰は発音はサンデーですが、覚え方はスンダイ。

㈪は発音はマンデーですが、覚え方はモンダイ、などです。

㈫㈭㈮㈯は、例えば以下のように覚えます。

もちろん、自分の覚えやすいローマ字読みを中心にすると、良いでしょう。

音節分けとカタカナ振りが成立するまでは個別学習が必要

英単語のローマ字読みとアルファベット読みの仕組みを、音声説明で理解するには、知能が平均(90~110)以上あると理解しやすいです。

WISC(ウィスク)のような心理検査を行なうと、単語理解力・形の構成と推理・注意記憶・異同弁別と書写力の4つの力を調べられます。

音声説明での英単語仕組み理解が難しい時、あるいは、通常学級での英語学習の英単語記憶が難しい時は、上記のカード学習で特別に個別指導を受ける必要があります。

授業や部活動の関係で、個別指導の時間が取れない時は、家庭で保護者が一緒に学習できるといいですね。

通級指導教室や家庭でも、チャレンジしてみてください。

漢字もカードを使って、冠、偏、旁に、分解と合成して、学習できます。

いつも下のランキング投票画像をクリックしてしてくださり有難うございます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

 病院小児科で臨床発達心理士をしています。
 梅津八三の心理学、行動調整法、子どもの行動理解、育児、教材、ソーシャルスキル、介護、猫の行動について投稿中です。

#猫ちゃんをフォローする
英語
スポンサー広告リンク
#猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました