猫の不完全な室内飼いで起きた事故 母似猫の場合

この記事は約2分で読めます。
見回りの外出

12 母似の事故

 年が明けて2月初め、猫たちが朝の見回りに出かけて行った。

母似だけが、昼の12時を過ぎても戻らなかった。

自宅前の道路まで探しに出ると、身体が半分潰れて横たわって動かない母似がいた。

たぶん帰宅しようと道路を横切る時に、角を曲がって出て来た車と鉢合わせしたのだ。

即死だったらしい。

模様がお母さんに一番似ていた 母似

車に激突し、苦しまずに一瞬のうちに死ねたと思う。

野良歴の長い、お母さんくらいの成猫になれば、車の音に対する用心や回避は、子猫より力がある。

しかし8か月の母似には、車を避ける力がまだなかった。

猫はいったん走り出すと、危険が見えても引き返せないのだと聞いたことがある。

母似 6か月

自由に外に行けるということは、こういう危険が伴うということだった。

「守れない飼い主でごめんね」

母似をバスタオルでくるんで連れ帰った。

お母さん猫に見せ、真っ赤に美しく咲く椿の根元に埋めた。

母似もクロに続いて、わずか半年余りの命で逝ってしまった。

いつもコテンと横になって甘えて

母似は、ひょうきんな猫だった。

撫でるとしっぽを震わせて、前足でフミフミをして喜んだ。

身体が大きくなってお母さんと並ぶと、後姿は双子のようにそっくりだった。

母似は私に馴れてからはよくそばに来て、廊下や畳にコテンと横になって「撫でてくれ」と要求して甘えてくれた。

「乳離れしたら、避妊去勢手術ができます」と、獣医さんにそう教えてもらっていたが、クロも母似も去勢手術の前に死んでしまった。

8か月で 逝く

クロと母似を、そろそろ獣医さんに診てもらおうとしていた矢先のことだった。

2匹は私に手術費用の負担を掛けまいと、逝ってしまったのか。

正確に調べたわけではないが、クロと母似は雄猫だったような気がした。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、市販教材などについて紹介しています。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
野良猫お母さん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました