仔猫と別れてから母猫は若返りました

この記事は約2分で読めます。

24 お母さんの若返り

 お母さんは1匹だけになっても、その暮らしぶりは灰色がいたころと、ほとんど変わらなかった。

朝ごはんを食べると、トイレを済ませて、縄張りを一巡りしてくる。

戻って来ると、丁寧な毛繕いと、長いお昼寝をする。

丁寧な毛繕い

私が仕事から帰宅すると、お母さんは、夜また一巡りに出かける。

灰色が生きていた頃と、大体同じ1日だった。

灰色が亡くなって、1匹になってしまったお母さんは、まるで子猫のように甘えるようになった。

遊ぼうよぉ

子猫たちがいるときは、私に甘えることもなく、いつも遠くを見て、孤独に閉じている静かなお母さん猫だった。

灰色がいなくなってから、お母さん猫はそれまで好きだったペット用の炬燵に潜らずに、人間の炬燵に来て、私の膝にいるようになった。

夜も、私のベッドの枕もとで眠るようになった。

たまにはじゃれて遊んだり

子猫たちがいたとき、母猫の愛情というものを、このお母さん猫に教えられた。

どの猫もみな、こんな風に情愛深いのだろうか。

それとも、人間と同じに育児能力も個別で、猫の子育てにも個体差があるのだろうか。

お母さんは、私の膝に乗ってくる。

私が抱くと、嫌がってすり抜けようともがく。

お母さん自身が安眠しようとしたり、暖を取ろうとしたりするときは、私の膝を狙う。

いい気なものだ。

キツネ顔のお母さん

しかし猫のこの行動を見ると、小さい子どもが親の膝に座ろうとしたり、身体のどこかを親にくっつけて安心したり、おんぶや抱っこや手をつなぐことを、ねだる理由がわかる気がした。

雪が降りました

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました