アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機コンプレッサー式IJCP-M120はゴムパッキンが外れ水漏れする

この記事は約3分で読めます。

ダニは高温と湿気で増えるということなので、猫の花ちゃんのために、ダニの発生を抑えようと、2022年6月はじめ、除湿機を購入しました。

1階のカビを抑えるためにも、除湿機が欲しいと以前から思っていたのです。

シャープの除湿機が高かったので、お手頃な値段の、アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 IJCP-M120を購入しました。

除加湿器および除湿機の、皆さんの購入評価を読むと、除湿と加湿の両方の機能を追うよりは、除湿だけの効果を期待するほうが良い、という評価でした。

除湿と加湿の、2つの機能が1台で済めば、場所を取らなくて助かると思いましたが、考えを変えて、単機能の除湿機を購入してみました。

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機コンプレッサー式IJCP-M120はタンクを引き出すと円形のゴムパッキンが毎回外れる

使ってみると、あっという間に4 L タンクに水が溜まり、湿度が高いことが目に見えて分かりました。

両脇を持ってタンクを引き出して水を捨てる

3日間は順調に使っていたのですが、4日目に、タンクを引き出した時、黒いゴムが落ちてきました。

「大変だ、壊れた」と思ってすぐに、アイリスオーヤマの修理担当に問い合わせると、黒いゴムの取り付け方を電話で教えてくれました。

円形のゴムパッキンは、はめるとき、ゆるい感じがしました。

案の定、タンクを引き出すたびに、毎回落ちてきます。

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機コンプレッサー式IJCP-M120は水が漏れる

タンクを引き出すと同時に、ゴムパッキンが落ちてくるだけでなく、本体の右下の溝に水も溜まります。

この除湿機の欠点は、下方の両脇に指を入れてタンクを引き出す仕様で、タンクを引き出した勢いで、本体内部右上の排水口止めの円形ゴムパッキンが毎回外れ、パッキンが外れた箇所から水が漏れることです。

「不良品ではないか?」とアイリスオーヤマに問い合わせたところ、「製品の仕様の範囲」という答えでした。

円形ゴムパッキンが毎回外れる、外れたために毎回水が落ちる、それを毎回拭く、利用者が毎回拭かなければならない製品は、製品の仕様が不良ではないか、と私は思っています。

円形ゴムパッキンの突起部分が、小さすぎるために外れるのではないか?

ゴムパッキンはもう1 mm、突起を大きくして外れにくい必要があるのではないか?

ゴムパッキンが外れにくいと、タンクに水が溜まらないのか?

素人には、今一つ、タンクに水が落ちてくる仕組みがわかりません。

除湿した水はタンクに落としたいが、タンクを外す時にパッキンが外れるのは、製作者の工夫と実験回数が足りないように思えます。

6月、1週間使って問い合わせましたが、「製品の仕様の範囲」という答えに、返品できないでいます。

仕方なく、そーっとタンクを引き出して、円形パッキンが外れると、毎回はめて、下方へ溜まった水を毎回拭いています。

私が購入した、梅雨の始まりの6月には40400円だったものが、7月18日現在は30800円に値下がりしています。

次回購入する時は、シャープの高い除湿機を購入しようと思います。

水を溜めるタンクの仕様に、シャープは工夫がありそうです。

ゴムパッキンが、毎回外れない除湿機を買いたいです。

今回の家電製品、アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機コンプレッサー式 IJCP-M120は、ハズレでした。

これは良いという除湿機がありましたら、コメント欄で是非ご紹介ください。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました