グーグルアドセンスの審査に通るためにしたこと テーマ記述を利用者目線・検索者目線・読者目線で

この記事は約3分で読めます。

はじめまして、猫ちゃんです。

4月11日から、猫ちゃんブログ https://nekochanblog.com/ を書いています。

グーグルアドセンス申請に2回落ちたので、再審査に通るように45個のブログの表題を全て変更してみました!

そしたら、5月26日の21:00に「お客様のサイトで広告の準備が整いました」というメールが届きました。

開封すると、例の「おめでとうございます!」です。👍

チョー、嬉しかったです。

グーグルアドセンスは3回目のトライで通りました。

1回目はブログの2日目に申請したら、「サイトが見つかりません」となっていて不合格!

ブログのページが「404 Not Found」では当たり前ですよね。

2回目は1か月後、ブログも30個くらい書いた5月7日に再申請しましたが、「残念ながら‥‥‥」なんたらかんたらで不合格!

英語が苦手な私もここで漸く、重い腰を上げてグーグルの広告ポリシーを熟読してみました。

ブログを始めた皆さんは、最初から私よりずっと、グーグルが期待する広告ポリシーをご存じだったかもしれません。

私はというと、グーグルの期待なんか全く考えずに、ブログを書くことだけに関心があって、ブログを始めたんです。

「発信」しか考えていなくて、自己満足のつぶやきブログだったんですね。

これではグーグルポリシーに引っかからないわけです。

グーグル「広告」だから、利用者・検索者・読者目線でテーマが書かれていなければ、全く検索されません。

検索されなければ、広告会社は広告を掲載しても意味ないですもんね。

グーグルポリシーのおっしゃる通りです。

そこで、テーマ = 表題を、「検索するとしたら‥‥‥」という目線で、一から全て書き直してみました。

こんな感じです。

旧「保護猫クーちゃん 6 脱走対策」

新「網戸を開けていく猫の脱走対策のためにしたこと 目隠しネットとワンタッチ締まり」

です。

最初から自分がブログを整理しやすいようにテーマに番号を付けていました。

それを外しました。数字で検索するなんてありえない話ですもんね。

脱走対策でなく「猫の脱走対策」にしました。

何か必要な方、何か困った方が検索するわけですから、検索者の立場になったテーマの書き方です。

いわゆる検索エンジンに引っかかる書き方ですね。

もっと言うなら、検索者と広告会社の双方のことを考えた、テーマの書き方ですね。

そんなことも知らずに毎日自己満足のブログをアップしていた自分が恥ずかしくなりました。

3回目、5月24日に再々申請したところ、テーマの書き方の変更を知ったグーグルが、「やっと検索の意味が分かったな、変更努力を認めてやろう」とOKをくれたようなんです!

他社のブログランキングのリンクを2つ、4月当初から貼ったままでも、5月26日のアドセンス審査通過は大丈夫でした。

後は、寝logとCocoonを運営なさっている、わいひら様の「Cocoonテーマ利用マニュアル」通りに進めていけば、皆さんは1回目か、2回目で通るでしょう。

アドセンスの申請に通り、私もこれでようやくブロガーのスタートラインに立った気がしました。

Cocoonのわいひら様のおかげです。

後は、質の良い内容と、利用者目線・検索者目線・読者目線でわかりやすいテーマの書き方を工夫していくことですね。

皆さんが、グーグルアドセンスの審査に通りますように!

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
グーグルアドセンス審査必勝法
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました