学校へ行きたくなる4つのポイント 算数文章題・漢字・作文・会話

この記事は約6分で読めます。

学校へ行きたくなるには、勉強が楽しいか、人との関係が楽しいか、の2つに注目しましょう。

朝、起こすことが難しいのは、勉強と人間関係に、負担やストレスを感じているので、登校できないのかもしれません。

今回は、勉強の支え方を3つ、人との関係の支え方を1つお話しします。

アイキャッチ画像は、ヨシタケシンスケさんの、ネットの画像です。

算数は図に描いて考える

小学校4年生の子どもさんが、「算数文章題が難しい」と、相談に見えました。

教科書に「りんごが50個あります。6個ずつに分けると箱は何箱必要ですか?」という問題がありました。

頭の良い方で、習っている単元は、割り算なので、50÷6= とすぐに書けました。

しかし、8あまり2という答えが、すぐに出てきません。

50÷6のイメージを脳内に描けないようなので、私が絵で50個のりんごを山盛り描きました。

絵を見て、ニコニコと笑顔になってくれました。

私が6個ずつに丸を付けました。

「6個ずつのグループがいくつできるか?」と尋ねたら、実物のりんごの分け方のイメージが持てたらしく、割り算に取り掛かりました。

50÷6=8あまり2 答え9箱必要 と正解できました。

続いてその子どもさんが自発的に、私の絵を真似て、自分でも絵を描こうとしました。

その子どもさんが描いたのは、「10 10 10 10 10」と、10の数字を5個書きました。

りんご50個のイメージを描いてくれたんですね。

その先へ進めなくなって、苦笑いをしています。

10ずつの50を、6個ずつに分けることは、難しいです。

実物の絵を描くことや、次の段階の、テープ図を描くことが、成立していない子どもさんでした。

実物の実感のイメージを持たずに、数字だけを操作しようとすることは、「文章題が難しい」と指摘される子どもさんでは、よく見かけることです。

保育園の頃は、実物で数を考えます。

小学校1・2年生になると、算数の教科書に、カラーの絵がたくさんあり、絵から考えることができます。

3年生以上になると、文章題の文章だけが登場するので、イメージを自分で持つ必要があります。

意味を取ることは、実物➡模型➡身振り➡写真➡絵➡図➡イメージ➡文章、の順に難しくなります。

そこで文章題を解くには、「絵⇔図⇔文章」の絵や図まで戻ることで、意味を取ります。

保護者や先生が、脳内で行なっているイメージ操作を、脳外の絵や図にすることが、手伝うポイントになります。

脳内イメージを脳外化する、というのが、特別支援教育の重要なポイントです。

漢字練習を手伝う

漢字練習帳に、漢字を1ページ書く宿題が、毎日、出ますね。

子どもは黙って、目で、線分を写していることが多いです 。

漢字の意味を取らないと、記憶を助けません。

①へんとつくりの名称を言う

子どもの漢字記憶を助けるには、練習を見守って、へんとつくりの名前を言ってあげましょう。

へんとつくりは、主に、カタカナや小学校1年生の象形文字の名称になります。

「花」であれば、くさかんむり、イ、ヒ、です。

「前」であれば、ちょんちょん、一、月、 りっとう、です。

ちょんちょん一は、正式な冠の名称がなく、「ソいち、ソのいち、」というそうです。

草冠と、ちょんちょん一、を混同する子どもがいます。

その時は、単独でどんなに練習しても、脳内に違いがきざまれません。

漢字の一部分に混同があった時は、似ている漢字を同時に並べて、目に見せて、違いを口で言わせると、記憶を助けます。

➁違いをこじつけで言う。

「花は根っこが土の下に出ている から、くさかんむり。草という字と同じ冠。」

「前は、一を書く前に、ちょんちょんを書く。」

などです。

③身振り

その時、身振りも記憶を助けます。

空中に一の身振りを水平に書いて、草の根っこが両手で突き抜けるように、空中に書きます。

④書きながらつぶやく

また通常学級では、他の人のために黙って書くことが多いのですが、家庭ではつぶやいて書くことをお勧めします。

自分で音声を発し、耳から自分の声を聞く、その往還が記憶を助けます。

学校で言いながら書く、聞きながら書く、ことが難しい方にも、家庭での練習がおすすめです。

本人がひとつの「書く」しかできない時は、保護者の方がもう一つの「言う」を担ってやってください。

学校でやる画数の空書きよりも、漢字のへんとつくりの意味を取る空書きが重要だと、考えています。

へんとつくり、違いのこじつけ、身振り、つぶやく、などが、漢字記憶を助けます。

指定の分量を練習できなかった時は、「丁寧に書いたので、寝る時間になってしまい、ここまでで寝かせました。」などと保護者の方がメモ書きしてあげましょう。

「土日に練習させます。」でも良いと思います。

子どもさんや、先生によっては、翌日の20分休みや、昼休みに、書き終えるやり方もありますね。

作文を手伝って得意にさせる

作文は、定型の接続詞を、2種類、いつも書き出してやります。

起承転結の接続詞の四つです。

はじめに、次に、そして、最後に、ですね。

もう一種類は、漢数字を使って、第一に、第二に、第三に、第四に、で OK です。

これで書き出しの接続詞と、4段落の構成はできました。

内容は、最初と最後に自分のとても気に入ったこと・面白かったことを書く。

真ん中の2つには、どうして気に入ったのか、どうして面白かったのか、理由を2つ書く。

それで、出来上がりです。

これを A 4の1枚に書いておいて、作文となったら、4空間を見せてあげるとよいと思います。

まずは、作文の大きな枠組みの4空間を脳内に獲得し、そして脳外で、4段落を構成して行けるようにします。

作文を取り掛かりやすくする方法

対人関係を円滑にするヒント

コミュニケーションは、やり取りです。

自分だけが話していては、友達と仲良くできません。

どんなに自分の話したいことがあっても、相手に相槌あいづちを打てることが、聞いてもらえるテクニックになります。

以下の画像をどれか一つでもいい、子どもさんに見せてください。

家族みんなで、まずは、以下の相槌を、1つでも使えるといいですね。

①「うん、そうだね。」
ネットのイラスト画像から

「わかる、わかる」「僕もそう思った。」

ネットのイラスト画像から

「ふーん」

ネットのイラスト画像から

「ふーん、そうなんだ」

ネットのイラスト画像から

「へえ、そうなんだ。」

ネットのイラスト画像から
ネットのイラスト画像から

「目からうろこだね」

ネットのイラスト画像から

「それいいね。」

ネットのイラスト画像から

「ホント、そうだよね」

などが、相槌の会話になります。

ヨシタケシンスケさんの、ネットの画像です。
➁相槌が難しければ、相手の言った言葉を繰り返すのもいいです。

「ポケモン見たんだ」と言われたら、「ポケモン見たんだね」と言えば、共感になります。

まずは、①相槌➁復唱の2つの会話テクニックを持つだけでも、会話が弾むようになります。

子どもさんに、学校の休み時間に試してみるように、提案してみてください。

まとめ

朝、起こしても、ぐずぐずして起きない時、

「休み時間に友達との話し方がわからないのかなぁ」

「算数が難しいのかな?」

「漢字がうんざりなのかな?」

「作文に困っているのかな?」

「朝ごはん食べたら、友達との話し方・算数・漢字・作文を一緒に研究しようか」

「今日は早く帰ってくるから、夜一緒に、友達との話し方・算数・漢字・作文を研究しよう」

などと、子どもさんにつぶやいてみてください。

子どもは急に言われた朝は無理でも、2日目・3日目の夜、あるいは土日に、保護者の提案を聞くつもりになってくれる可能性があります。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました