猫の皮膚炎の治療 エリザベスカラーならぬエリザベスマフラー ダイソーのキャットウェアに袖を付け足して掻かないように

この記事は約2分で読めます。

35 お母さんの皮膚炎

 親を介護することになり、実家へ引っ越してからの5年間、夜になってお母さんと過ごすひとときは私の癒しだった。

92歳の母は、猫の名前を覚えられずに、「猫ちゃん、猫ちゃん」と撫でて可愛がった。

優しい手つきで「猫ちゃん猫ちゃん」

撫でられている猫よりも、撫ででいる人間の方が幸せそうだった。

認知症が進行していく親に、猫はただ側にいるという、静かな優しい寄り添い方をしてくれた。

そばに寄り添って

お母さんは、10歳になっていた。

人間で言えば、60歳くらいだ。

春、お母さんに皮膚炎が出た。

獣医さんに診てもらうと、「自己免疫不全で、皮膚炎を繰り返す子です」と言われた。

強い塗り薬を付けるとよくなったが、夏にまたぶり返した。

エリザベスカラーは重そうだったので、首に柔らかい木綿のハンカチを巻いてやり、お母さんが後ろ足で皮膚を搔かないようにした。

皮膚を掻かないように

また、ダイソーの猫用のウエアに袖を縫い付けて、お母さんが肩や脇の皮膚を舐めないようにもした。

薬を付けると炎症はよくなるが、新しい場所に炎症が起きるという具合で、完治しなかった。

私は、ただの皮膚炎と、軽く考えていた。

獣医さんが言った、「自己免疫不全」を調べもしなかった。

お母さんに病魔が忍び寄っていることを、つゆほども考えなかった。 

親の介護に気を取られ、お母さん猫の健康をよく見ていなかった。

お母さんの皮膚炎は、秋にはいったん収まったものの、翌年の夏にまた現われた。 

ダイソーのペットウェアに袖を足して

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました