猫の皮膚炎の原因と今現在の様子

この記事は約7分で読めます。

猫の耳の皮膚の炎症の原因はイエダニだった

2020年8月1日に、我が家の猫の花ちゃんが耳の毛がなくなるほど痒そうに掻いていた。

花ちゃんの皮膚炎の始まりと経過は以下のリンクに投稿してある。

「猫のアレルギー性皮膚炎と肛門嚢炎」2020年8月4日https://nekochanblog.com/dermatitis-and-proctitis-in-cats/

「猫に楽に薬を飲ませる方法」2020年8月7日https://nekochanblog.com/how-to-make-your-cat-take-medicine-easily/

「猫の皮膚炎のその後」 2020年10月26日https://nekochanblog.com/after-cat-dermatitis/

8月は、1か月間で4回ほど動物病院へ通院した。

9月は仕事も忙しく、私の肩の不調もあって動物病院へ連れていけなくなり、保護主さんのアドバイスで花ちゃんの食事を厳選して、耳の皮膚炎の様子を見ていた。

10月になって、どうも花ちゃんの耳の痒みは、イエダニに食われたことが原因のように思われた。

昼寝の時に、頭を回転させ、耳の付け根や顎を絨毯に付けて寝ていて、ダニに喰われるらしい。

実は私も、寝た姿勢で、絨毯上のマッサージ器にかかった時に、お尻を2か所喰われたのだ。

根拠を調べていないが、ダニは必ず2つ喰うと聞いたことがある。

10月、急いで、イエダニの駆除に取り掛かった。

花ちゃんの基地は絨毯の上の日の当たるところ

花ちゃんは、天気の良い日は、太陽の日差しに当たりたいようだ。

絨毯上にいることが多い花ちゃん、絨毯と窓枠の境目にダニが潜む

ガラス戸を開けてくれ、網戸にして外を見せてくれ、日差しに当たりたい、と鳴いて要求する。

願いが叶うまで私について歩く。

花ちゃんの痒みが、蚊に食われたことだと思っていた8~9月は、蚊が怖いので花ちゃんに鳴いてせがまれても、絶対ガラス戸を開けなかった。

10月は雨が多かったが、花ちゃんの耳の痒みの原因が、イエダニだと確信してからは、またガラス戸を開けて網戸にしてやるようにした。

花ちゃんは、網戸から外を見ることが、とても嬉しそうだ。

野生の猫だから、野良猫だったから、外の日差しが好きに決まっている。

網戸を開けられない日も、絨毯上の花ちゃんの定位置に寄りかかって、毛づくろいをしてリラックスしている。

可愛い。

こちらもリラックスした気持ちになって、癒される。

猫は、快適なことしかしないので、それを見ていると、こちらも不快な気持ちが、和らぐ。

暑い時は、ひんやりした洗面台で涼んでいることもある。

猛暑には、洗面台がヒンヤリ!

花ちゃんは朝ごはんを食べ、トイレを済ませ、毛づくろいを済ませると 、お昼寝の体勢に入る。

身体の大きな花ちゃんは、アイリスオーヤマの幅広の爪とぎからも、はみ出して、昼寝していることもある。

アイリスオーヤマの幅広の爪とぎでお昼寝

花ちゃんが絨毯でなく人間のベッドでお昼寝してくれるようになった

10月になって寒くなって、イエダニも活動しなくなったのか、花ちゃんが喰われることがなくなった。

寒くなって、花ちゃんは人間のこたつにも来るようになった。

可愛いし嬉しいが、7 kg 近い花ちゃんの重みで、筋肉のなくなった足が痛い。

11月になってもっと寒くなって、ベッドの電気毛布を「弱」で一日中つけっぱなしにしておいたら、花ちゃんがベッドの電気毛布の日当たりの良い所で、毛づくろいをして昼寝してくれるようになった。

ベッドの電気毛布「弱」でお昼寝

絨毯上で昼寝しないでベッドで昼寝するようになって、やっと花ちゃんはイエダニに喰われないようになった。

よかった。

イエダニに喰われた跡の耳のかさぶたも、最近なくなった。

夜も電気毛布のベッドを占領して、好きに寝ていてほしい

夜も電気毛布のベッドを占領して、好きに寝ていてくれると良いのだが、我が家に来て1年経った頃から私にとても懐いた花ちゃんは、夜には必ず私が休むベッドにやってくるようになり、ベッドの中央でデンと寝る花ちゃんに、私の方が遠慮して寝るようになった。

そのせいか楽に動けず、私は時々腰痛がしたり、足がつったりした。

そこでベッドの脇に、花ちゃん専用の小さいベッドを用意してみたが、体格の良い花ちゃんは、小さいベッドは気に入らなかった。

フミフミして、小ベッドの場所を確認しただけで、人間のベッドの中央にすぐ戻った。

ニトリのNウォーム毛布がお気に入り

岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」を一緒に見ていると、テレビの後ろ側に本物の猫がいるかと思ったらしく、花ちゃんはテレビの後ろに回ろうとした。

「猫ちゃんたちぃー、後ろから近くに行けるんかーい?」

小さい頭で色々考えているらしく、そういう一つ一つが可愛い。 

イエダニに喰われなくなって、花ちゃんの耳がやっと綺麗になった。

快気祝い兼ご褒美に、研ぎかすが出ないという、新しい爪とぎを、ご馳走?した。

猫用爪とぎ「 This is 硬い爪とぎ スーパーハードスクラッチャー」
(ゴロにゃんオリジナル ダブル、白い紙枠付)木製枠は別売り
This is 硬い爪とぎ スーパーハードスクラッチャー ゴロにゃんオリジナル ダブル 猫用 つめとぎ
価格:2880円(税込、送料別) (2020/11/21時点)楽天で購入

飼い主の左肩の腱板断裂のその後

花ちゃんの痒みの原因がわかり、花ちゃんの痒みが落ち着いて、11月になって、私もようやく決心して整形外科で肩の MRI を撮ってもらった。

MRIの所見は、「棘上筋腱の全層断裂がある。断端は大結節から16mmまで引き込みが見られる。幅はおよそ9mmである。肩峰下滑液包にeffusion(浸出液=水)が貯留している。棘上筋の萎縮はない。」だった。

やはり、腱板断裂が起きているということで、夜眠るための痛み止めの薬をもらった。

入院手術を恐れていたので、ホッとした。

整形外科の先生が処方してくれた、胃に優しい、 疼痛治療薬トアラセット配合錠オーハラ(トラマドール37.5 mg・アセトアミノフェン325 mg)で、朝5時まで一気に眠れるようになった。

眠れるおかげで、疲労感が減った。

右下が、疼痛治療薬トアラセット配合錠オーハラ

8月からずっと、腱板断裂の痛みは耐えるしかないと思っていたので、毎日、岩下の新生姜を3食食べて、素人療法で血流を改善した。

アリナミン EX アルファも、臭みが嫌だが、肩のためと思って我慢して、毎朝3粒ずつ飲んだ。

夜は、疲労予防のために、アリナミン R オフドリンクを、毎晩飲んだ。

朝ごはんは、タマチャンショップのプロテインとこなゆきコラーゲンにして、タンパク質を取った。

肩の痛みはなかなか取れないが、プロテインとコラーゲンは、股関節の痛みを和らげてくれた。

老化で、そういう栄養が足りなかったらしい。

右は、タマチャンショップのプロテインとこなゆきコラーゲン

11月中旬、疼痛治療薬のおかげで、夜眠れるようになって、痛い左肩を下にしても寝られるようになった。

ある晩、寝ていて、左肩が「ズボッ」と、填まったような気がした。

そこから、痛みが半減したような気がする。

 MRI だけでレントゲンを撮らなかったので、骨についてはわからなかったが、もしかしたら、骨が少し、亜脱臼していたのだろうか。

腱板断裂の1ヶ月後の8月末、中学校で転倒して左肩を打っているので、その時に肩が少し亜脱臼したのかもしれない。

いずれにしても、左肩が填まったような気がしたところから、痛みが半減したので、生活が10月以前より楽になってきた。

まだ腕の上げ下げに用心はしているが、着替えや靴下を履くときも、左肩が填まったような気がしたところから楽な気がする。

いずれにしても、8月~10月の3か月間、痛みを我慢してから整形外科に行ったので、痛みの原因の特定は7月末の手の伸ばし過ぎ以外は不明である。

胃に優しい疼痛治療薬、トアラセット配合錠オーハラのおかげで、夜も眠れるし、入浴後、毎晩ロキソニンテープを3~4枚肩周辺に貼って、11月は眠れる。

偶然?左肩が填まった?おかげで、絶望的だった痛みが和らいだ。

不幸中の幸いとは、こういうことか。

花ちゃんの痒みがなくなり、肩の痛みの軽減に半年はかかると思っていた痛みが減り、コロナ禍ではあるが、11月の青い快晴の空が、静かに嬉しい。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
保護猫花ちゃん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました