300円でできるセリアの「やること・することマグネット」子どもの生活行動表

この記事は約5分で読めます。

100円ショップ

ダイソーとセリアを、よく利用している。

100円なので、ついつい色々と買ってしまう。

セリアで、子どもが見てわかりやすい「やること・すること」マグネットを見つけた。

実は昨日は、中学生の自転車用の、ダイヤルナンバー式チェーンキーを探しに行った。

鍵をかけた場所から外す方式のキーだと、失くしやすい。

ダイヤルナンバー式キーであれば、その場に付けておけるので、決して失くさない。

所持の記憶の負担を、減らせる。

予想より小さいけれど、ダイヤルナンバー式キーがあったので、とりあえず、買ってみた。

ダイヤルナンバー式キー

使ってみた結果で、ロープ状の輪っかの長い、ダイヤルナンバー式キーのほうがよければ、DIYカインズ(ホームセンター)の自転車売り場で探そうと思っている。

100円ショップのおもちゃ売り場は教材の宝庫

100円ショップで、目的の物を1つ買う時に、ついでにいつも覗くのは、子どものおもちゃ売り場だ。

何万個と、量産するから安く作れる、100均ブランドおもちゃだ!

今回も、ニトリの上を行く、「100円のお値段以上のいいもの」が、あった。

恐竜カードなど、色々と見ている中で、「やること・すること」マグネットを見つけた。

直径3.5cm

Amazon で買える学研の「できたねマグネット¥1336」に比べたら1/14の値段だ。

学研の「できたねマグネット」Amazonで¥1336 直径6cm
学研の「できたねマグネット」を改変して、「よる」を小学4年生の子のスケジュールの合わせて作ったもの
学研の「できたねマグネット」を改変して、高校生のかたの夕方から登校報告までのスケジュール。7日間○丸を付けていく。

セリアの「やることすることマグネット」の大きさは、「できたねマグネット」の半分の直径 3.5 cm の円形だ。

保育園年長さんくらいで、手先が器用な子なら扱える。

両面磁石シートで、これを作ろうと思ったら、丸1日か、丸2日かかる。

これが100円だ。

1セットに、「ご飯を食べる」「食器を運ぶ」などの8項目の生活行動がある。

学研ステイフルの「できたねマグネット」に

2種類あるので、早速2種、1セットを買った。

ホワイトボードも購入した。

上記で「学研のできたねマグネット」ついて紹介している

セリアのものは、「学研のできたねマグネット」より、小型で薄い。

磁石の力が弱いので、保育園の年長さんか、小学校低学年辺りの子どもから、その上の年齢に向いている。

4歳になったL君に、机の上で見せると、興味をもって、生活絵の磁石をひっくり返し、見てくれた。

しかし、壁に吊るすようにすると、磁力が弱いので、1つを取ろうとした瞬間に、他が落ちてしまう。

指が目的のものに突進する感じの、不器用なL君には、磁力の弱いものは向いていない。

L君には、壁に吊るさず、机の上で、生活行動の絵の磁石を、自分で好きに並べて、楽しむと良いと思う。

お母さんは、 L 君様には、学研の「できたねマグネット」を以前に購入して、持っているそうだ。

4歳のL君には、大きさも大きく、磁力も強い、学研ので「きたねマグネット」の方が良い。

小学校2年生の器用なお姉さんは、セリアの「やること・することマグネット」を喜んだ。

2年生の器用なお姉さんは、壁に吊るしてあっても、丁寧にそっと静かにマグネットを裏返せる。

生活行動表の順番、マグネット枠の描きかた

マグネットを抜いた、空き型を使って、油性マジックで、ホワイトボードに、円を7個描く。

円の上に数字の番号、1~7も書いた。

数字は、もちろん、横書きでなく、縦書きでも良い。

下へ向かって、縦に1から7の時系列の方が、生活行動の順番が分かりやすい、子どももいる。

油性マジックが消えたら、また書いてやれば良い。

マグネットを抜いた、空き型を取っておこう。

油性マジックの円や数字が消えてしまう頃には、子どもに、左から右への順番が登録されると思う。

保育園の先生の保育や、保育園児・低学年児を持つ家庭のソーシャルスキルで活躍すると思う。

セリアに行ったら覗いてみてほしい。

「やること・することマグネット」2種類と、ホワイトボードで、合計300円だ。

油性マジックがあれば、子どもの「春の生活行動目当て」一覧表が、3分で完成だ。

家庭で、子どもと一緒に作っても、楽しいかもしれない。

特別支援教育の特別支援学校や特別支援学級でも、絵の意味が分かる子、手先が器用な子、小学校3年生以上であれば、セリアの「やること・することマグネット」が使えそうだ。

不器用な子、低学年の子には、学研の「できたねマグネット」の方が、大きさも厚さも磁力も、しっかりしている。

生活行動マグネットは、一人一人の1日の生活スケジュール表、朝・給食・帰りの会など、特定の時間帯に特化した、スケジュールにも使える。

「きょうのめあて」「今週の目標」などにも、使えそうだ。

裏返すと「できた!」となるところが子どもにわかりやすい。

子どもの生活行動の目当てに使うだけでなく、大人の掃除箇所の目当てにも使えそうだ!と、掃除行動の起きにくい私は笑えた。

私も自分の掃除行動に使いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました