三角形と四角形の効果的な学習の方法

この記事は約2分で読めます。

教材No.38-1 三角形と四角形の教材の作り方  

 三角形と四角形の教材の作り方は、工作画用紙やボール紙と、ハトメパンチを用意する。

上記の材料で、下の画像のように、様々な三角形と四角形を先生が作っておく。 

中野尚彦 考案    製作 by 猫ちゃん
中野尚彦 考案    製作 by 猫ちゃん

教材No.38-2 三角形と四角形の名称と特徴 

単語カードには、表に形の名前を書き、裏に形の特徴を書いておく。

子どもの学習では、三角形の仲間集め・四角形の仲間集めを行なう。

それぞれの形の命名は、語群カードの選択で行なう。

それぞれの形の上に、語群から形の名前のカードを置かせる。

カードを置く運動の時に、先生の音声復唱をさせたり、カードの文字を読ませたりする。

中野尚彦 考案    製作 by 猫ちゃん

形の命名の次には、形の特徴のカードも置かせる。

この時もカードを置きながら、形の特徴の音声を言うようにさせる。

中野尚彦 考案    製作 by 猫ちゃん

図形に対して、形の名前のカード置きができたら、次はその反対に、形の名前に合わせて図形を取ってくることも行なう。 

手の運動の時に、同時に音声も重ねられると良い。 

記憶にはつぶやきが大事だ。

個別場面では、音声系を表出でき、記憶を助けられる。

テスト場面や集団場面では、音声系を内言語(消音で心の中で言う)にできると良い。

それが自分だけで、つぶやけるようになると、対応関係の成立が近い。 

記憶が定着しない場合は、縮小コピーして辞書表とする。

辞書表は、机に貼ったり、筆箱に入れておいたりして、脳外記憶が脳内記憶になるようにする。

教材No.38-3 三角形と四角形の身振り表現 

2020/10/25投稿の「円と球の名称」でも紹介したが、様々な三角形、様々な四角形についても、直角(両腕でL字をつくる)や平行(両手のひらで平行を表わす)などの形の特徴を、身振り手振りで表現できることが、記憶を助け、定着させる。

わずか数秒のことなので、授業中にぜひ取り入れて、子どもの運動系表出を教育実践してほしい。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました