算数2桁の表記と繰り下がりの方法

この記事は約4分で読めます。

教材No.32-1 11以上の数表記 2桁

 最近、算数に渋滞を示す小学1年生と、学習した。

心理検査WISC―Ⅳでは、 IQ が100前後あり、言語発達は歴年齢発達に相当していた。

算数は、10までわかるが、11・12・13という表記ができなかった。

これは先に、10と書かせて、0の上に、1・2・3を重ねて書かせた。

本人の理解に及ばない、新しい算数表記の取り込みは、ひどく疲れる風に見えた。

学校から帰ると、疲れて、夕方は寝てしまうそうだった。

その結果、入眠が深夜になり、朝起きられず、 登校が億劫になる様子があるということで相談に見えた。

情緒特学をおすすめし、情緒特学を基地に、算数を個別に教えてもらうことを勧めた。

教材No.32-2 十進法の表記

一の位、十の位、百の位を、言語理解で難なく越えていく子どもがいる。

一方で、上記の子どもさんのように11でつまづく子どもがいる。

➀表記の練習は、いらないカレンダーなどを使って、カレンダーの下に数字タイルで10以上の2桁を構成する。

一旦10と構成し、1の位の0の上に、数字タイル1・2・3をのせることで、11・12・13を納得する子どももいる。

いらないカレンダーの日付の下の開いている空間に、11・12・13など 10 を書いてから、1・2・3をのせて書く練習も沢山すると良い。

➁それだけでは納得できない、さらに論理的な子どもさんには、10+αを使う。

11とは10+1、12とは10+2、13とは10+3だ。

この時、数字タイルを左の式から=の右へ移動させて11・12・13を構成させると良い。

10の数字を=の右に移動させ、0の上に数字の1を置く。

12も13も行なう。

2桁の構成の初めは、数字タイルを置きやすいしっかりとした枠を使って行ない、次に太枠線のようなもので2桁を構成し、さらにはホワイトボードで行ない、最後にプリントと鉛筆で行なうと良い。 

プリントでも、=の右の答えの欄に、一旦10と書いた1の位の0の上に、数字を重ねて書くことで、11・12・13を納得する子どももいる。

10+1桁=をたくさん練習するといい。

③プリントに興味を持てない子どもさんには、ホワイトボードに黒マーカーで、10と書いた0の上に、赤マーカーで1の位を書き足して行くのでも良い。

3つの方法のいずれにしても10+1桁=をたくさん練習するといい。

いらないカレンダーの日付の下の開いている空間に、 10 を書いてから、1の位に1・2・3を重ね書きして、11・12・13、と構成する練習も、沢山すると良い。

11とは10+1、12とは10+2、13とは10+3と、子どもがその意味を取れれば良い。

教材No.32-3 減算の記号の意味

数字の表記が自由自在になれば、2桁以上の足し算・引き算も学習しやすい。

教材No.30(2020/10/4)で、加減算の記号の意味を伝えるには、加算減算同時提示で、+ーを比較照合させることを紹介した。

取り去る・引いてなくなってしまうという意味が難しい子どもさんには、下の画像のような捨てる箱・なくなる箱に、蓋を付けて使う計算盤(中野考案)も使って、減算の意味を強化する。

教材No.32-4 被減数11以上の引き算

被減数11以上の引き算は、その前段階として、引き算は10―β をたくさん行なう。

次に11―β をたくさん行なう。

この時、10の中からβ を取るということを意識してもらう。

つまり、11―β=(10+1)―β=(10―β)+1である。

この時、11を10と1に分解して理解できる子どもは、それで良い。

11を10と1に分解して、10の中から β を取るということが難しい子どもの場合には、お金を使う。

10の塊は、算数ブロック10個でも良いのだが、ブロック10個の大きさが大きいので、お金の10円はコンパクトで扱いやすい。

10の塊ということを、意識してもらうには、10円玉を使うとわかりやすい。

10円玉を1円玉に交換することで、10の中から引き算することを強調できる。

桁が上がって、百の位・千の位が登場したときも、同様である。

お金を使うと、繰り下がりで1個借りてくるお金が10個に等価交換されることがわかりやすい。 

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました