新入りの野良猫の鳴き声に気が付いた先住猫の花ちゃん

この記事は約4分で読めます。

我が家の先住猫の立場になった花ちゃんは、たまに1階から聞こえる野良猫クロちゃんの鳴き声が気になるものの、一緒の階で暮らすわけではないので、大して気にしているふうはありません。

クロちゃんは、私が1階へ降りて行き、エサとトイレを交換しただけで、知らんぷりしていると、私の背中に向かって「ちゅーるをくれ」と鳴きます。

私が、柔らかくて美味しいちゅーるアペティート鶏ささみをくれる人だと分かったのかな?

クロちゃんの鳴き声は、「ニャー」というよりは「カー」というような、ちょっとカラスのような鳴き声です。

クロちゃんを捕まえた最初の頃の「ファー」は、私の接近そのものが怖い「ファー」でした。

ちゅーるアペティートのやり取りをするようになってからのファーは、私がちゅーるアペティートのスプーンを手で引き取ろうとすると、「もっと寄こせ」というファーです。

おどおどしていたクロちゃんが、気持ちをハッキリと出すようになりました。

これはネットの画像です。クロちゃんも座ったままで半身こんな感じになります。

クロちゃんの鳴き声を聞いても姿は見えないから忘れる花ちゃん

クロちゃんは一日中無駄に鳴くわけではないし、クロちゃんの姿は見えないから、花ちゃんは気にならないようです。

1階にクロちゃんが住んでいるとは知らないで、家の外で聞こえる、くらいに思っているのでしょうか。

花ちゃんはこれまで通り、暖かい窓辺で、巨漢のわりに小さな手足を温めながら、昼寝します。

日差しがあったかいね

5種のワクチン接種の翌日は、身体が億劫なのか、私のそばに来ないで、壁際に頭をつけて閉じて休んでいました。

頭痛寒気がするのかな?
一人になりたい気分?

1年振りのワクチンを接種して、こんな感じで一人で丸まって、体調の回復を待つ花ちゃん。

人間のワクチン接種の後と、同じですね。

体重は 8.0 kg から 7.7 kg に減って、こまめに遊んでやらない飼い主としては、ちょっぴり安心しました。

3年目の花ちゃんの1日のルーティーン

まったく毛づくろいをする様子がないクロちゃんと違って、朝必ず、太陽の光を浴びて、花ちゃんは毛づくろいをします。

ちゅーるアペティートまぐろ味と、チャオプチまぐろ味と、ロイヤルカナン低分子プロテイン(カリカリ)の朝ごはんが済むと、お水を飲んで、トイレを済ませ、私の仕事の机で、毛づくろいを私に手伝わせます。

7.7 kg と太っているので、身体の全部を自分では舐められないんですよね。

昼間、留守番をする時は、ニトリの羽毛布団 0.6 kgとNウォーム掛けカバーの中で温まっています。

電気代のかからない花ちゃんです。

「ニトリのNウォームはあったかいよ」

今はクロちゃんのケージの電気毛布と、クロちゃんのペットのこたつに電気代がかかるので、助かります。

夕方、キッチンの側で、野菜炒めを作る私の調理を、あきずに眺めています。

「花はちゅーるアペティートがいい」
「人間も草を食べるんだね」

夜は人間のこたつが暖かくても、こたつにもぐっていないで、テレビを見る私のそばにやってきて、前足を私にかけて、そばにいます。

岩合さ「「世界ネコ歩」きや、「BSねこ自慢」などのテレビを、一緒に見てくれます。

「岩合さんの『世界ネコ歩き 鹿児島』を見よう」

8 kg の全体重をかけないこの仕草は、花ちゃんの前の保護主さんに教育されたのかな?

飼い主の膝が、花ちゃんの 8 kgで重くならないので、ありがたい仕草です。

我が家に来たての頃は、夜8時頃は眠そうにしていた花ちゃんですが、夜更かしの我が家にだんだん慣れてきて、今では0時頃まで起きて待っています。

「いつまで仕事してるのかな?早く寝ようよ」

花ちゃんのベッドで、ゆったりのんびり先に寝てくれるといいのですが。

花ちゃんのベッドで好きに寝てほしいが、「人付き」に。

「人付き」になった花ちゃんは、風呂場にもやって来て、入浴が済む間、脱衣所で出待ちをしています。

脱衣所で出待ちをする花ちゃん

本格的に、夜、寝る段になると、ベッドを自分の居場所にするために、ベッドへ上がってフミフミをします。

シーツを舐める行動は、かつて花ちゃんが5匹の子猫をなめていた、母親としての名残りかもしれないと思って自由にさせています。

そして、人のお腹の上に両手をのせて、眠ろうとする花ちゃんです。

👆これは人間のお腹

花ちゃん、なついてくれて可愛いが、お腹に花ちゃんの両手があると、人間は眠れない!

ルーティーンを守れるのでクロちゃんを無視できる

1階のクロちゃんの声が聞こえなければ、花ちゃんは普段通りの生活をしています。

1階でクロちゃんの世話をして、私が2階に戻ると、花ちゃんは私の手の匂いをしつこく嗅ぐことがあります。

クロちゃんの匂いが、私に付いているのかな?

しかし、花ちゃんには、クロちゃんの姿が見えないので、すぐに気持ちは切り替わります。

花ちゃんの安心安全な暮らしは、保たれています。

「安心してね、花ちゃん。

クロちゃんも花ちゃんを見たら、ファーッと逃げそうだからね。

この先も別々に暮らせるよ。」

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました