ウェブサイト登録 ID やパスワードの管理をどうするか?

この記事は約4分で読めます。

今回は、自分が急に、パソコンやスマホを管理できなくなった時を想定して、ウェブサイト登録 ID やパスワードの管理について考えてみました。

思い立ったきっかけは、iPad にサインインしたところ、「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがあります」と警告されたからです。

この警告文は、iCloud のパスワード監視機能によるものでした。

Apple の Safari は iCloud に保存されたパスワードを定期的に照合して、ユーザーに警告してくれます。

パスワードが「漏えいパスワード一覧」に掲載されている場合、攻撃の被害にあうリスクが高いので、「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがあります」と警告してくれるのです。

私はこれまで、自分が覚えやすいパスワードを使い回しており、危険性について真剣に考えて来ませんでした。

2週間前に、初めて、パソコンのデスクトップアイコンが、次々と真っ白になりました。

「パスワードを盗み取ろうとする攻撃」を受けたことが、すぐにWindows セキュリティからも、確認できました。

これを機会に、私も ウェブサイトに登録するID やパスワードの変更をすることにしました。

 ID は使用中のメールアドレスのことが多いので、パスワードの変更について考えたことを、以下に書いてみます。

全ての異なったパスワードを記憶することは、私には無理です。

全ての異なったパスワードを、1冊のノートに手書きメモしておくしかないのでしょうか。

そこで、自分が急にパソコンやスマホを管理できなくなった時を想定して、以下を考えてみました。

例えば、交通事故、脳梗塞、心筋梗塞になって、自分の身体の機能が使えなくなった場合などのためにです。

1.ウェブサイト毎に、異なるパスワードを使うことが、一番の前提ですね。

2.強力なパスワードは、半角の大文字・小文字・数字・特殊文字の組み合わせを使います。

3.パスワードを使わない、2段階認証(スマホの電話番号への番号通知)は、記憶が不要で安全です。

4.パソコン・ iPad ・スマホへの、アクセス入り口となる、PINサインインアカウント・ログインパスワード・パスコードの管理が、最初の重要な問題です。

5.自分が急にパソコンやスマホを管理できなくなった時という想定で、上記は、手書きメモで対処したいです。

6.次に、現在進行中の、費用が発生するものに関しての記録が、必要不可欠ですね。

7. 自分の脳の中に記憶していることを、脳の外に、家族がわかるようにしないと、自分に代わって処理してもらえません。

8.ウェブサイト上の、定期的な通信販売・年会費を払う契約・残債のあるクレジットカード、この3種類の退会手続きの仕方は、家族にわかるようにメモしておく必要がありそうです。

9.自分が管理できなくなった時、 中止手続きをこちらからしないと、年会費などの費用が引き続き発生するウェブサイト登録 ID とパスワードですね。

10.預貯金通帳、保険証券や遺言状などと共に、家族にわかるように保管したいですね。

11.パソコンやスマホのインターネット契約を解除すれば、自然退会・自然消滅できるウェブサイトは、Google や Microsoft Edge の自動生成パスワードでよいと、私は考えています。

12.Google の自動生成パスワードには、半角英字と数字と記号の3種類が含まれます。

  自動生成パスワードならば、記憶する必要、メモする必要、がありません。

  登録パスワードを確認したいときは、Google Chrome 画面右上の、縦3点をクリックし、下方の「設定」をクリックすれば、「自動入力」「パスワード」へ行けます。

  Google のパスワードマネージャーが、記憶管理してくれています。

  パスワードを見るには、Google サインインパスワードが必要です。

  Google サインインパスワードは、自分の脳の外に明記して、万一の時、自分以外の誰かに手続きを代行してもらうことになります。

13.Microsoft Edge も画面右上の・・・をクリックし、「設定」をクリックすれば、パスワードの管理画面が現れます。

  パスワードを見るには、Microsoft Edge の方が、PINの数字4桁記憶、あるいは数字4桁メモでいいので楽ですね。

14.半角英数字の2種類だけを受け付けるタイプのウェブサイトでは、自分で作る必要も出てきます。

  それも、Google のパスワードマネージャーや、Microsoft Edgeが、記憶管理してくれます。

皆さんも、まずは、Web サイト上の、定期的な通信販売・年会費を払う契約・残債のあるクレジットカード、この3種類について、パスワードを複雑かつ安全なものに変更し、万一の時、ご家族にわかるようになさってみてください。

もっとシンプルで、楽な方法があれば、ぜひ、教えてください。

アイキャッチ画像もこれも、無料の画像サイト「publicdomainq」より

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました