寒波到来の冬にできる家庭の節電 猫ちゃんの節電

この記事は約5分で読めます。

1キロワット/時24~26円だった電気料金が、1KW/h 40円、1.5倍になりますね。

食料品が1.1~1.2倍になったのに比べると、電気代の1.5倍は大きな値上がりです。

真夏は室温を27°c、真冬は室温を20°cで、エアコンを使って暮らしています。

寒い冬に、エアコンを使わないわけにもいかないので、電気代の高騰は頭が痛いです。

我が家は、エアコンを使わない期間で月に600 kw、エアコンを使う真夏と真冬は900 kwの電気を使います。

これまで電気代は、17000円~26000円の間でした。

ところがこれが1.5倍になると、真夏と真冬は1ヶ月で4万円の電気代になります。

節電ポイントや国の援助はわずかなもの、この先電気を使って暮らしていけるのか、不安になります。

皆さんは、どんな節電をなさっていますか?

人間のできる節電

着るものを、ユニクロとグンゼで暖かくしました。

[グンゼ] ルームソックス UCHI-COLLE ウチコレ 裏ボア 内側マシュマロタッチ ロングタイプ

寝具もニトリで暖かくしました。

今までは N ウォームのボックスシーツだけを使っていたのですが、花ちゃんが手足を寒そうにするので、ボア付き敷きパッド一体型を選んでみました。

使ってみると、ボアパットの部分は暖かいが、裏側のフィット部分は木綿よりも、伸縮するジャージー素材が良かったです。

衣類と寝具のお買い物代と、5ヶ月間の電気料を比べないといけないですけど………。

他にできるのは、家族でリビングに集まって、エアコンを一つだけ稼働させる。

広い部屋をカーテンで仕切って、部屋を狭くすると、あっという間に暖かくなります。

14畳の部屋が、7畳になりました。

加湿器を移動させるのが、毎回面倒です。

広い部屋をカーテンで仕切って部屋を狭くする節電

クロちゃんの暮らしている1階も、ダイソーの伸縮棒といらないカーテンを使って、天井から床までカーテンを吊るして、4畳半くらいにしてみました。

これだと10畳用のエアコンが、4畳半を暖めるだけで済むので、すぐに暖かくなります。

100円ショップのプチプチを貼って断熱する節電

クロちゃんのいる1階は、昼間あまり日が差さないので、寒いです。

零下にはなりませんが、朝は2℃~3℃くらいですね。

人間は、クロちゃんが寒いだろうと思うのですが、野良猫だったクロちゃんは割合平気です。

クロちゃんは真冬も外で暮らしていたので、寒さに強いようなんです。

クロちゃんにとっては寒さよりも、人間という危険対象が不安なようです。

人間のすることが予測できないから、人間の接近は怖いんですよね。

クロちゃんの部屋の保温に、ダイソーのプチプチ断熱材を買ってきて、ガラス窓に貼ってみました。

90 cm x180 cm で 200円です。

霧吹きで水を吹き付けて、貼れば10分で完成します。

霧吹きも100円ショップに 100円で売っています。

サッシのレールのすきま風を防ぐのに、クロちゃんのペットシーツを畳んで置いてみました。

スポンジのついた隙間防止テープが良ければ、100円ショップで売っています。

エアコンを使わずニトリのNウォーム製品で猫ちゃんも節電

猫ちゃん達にも協力してもらいたいので、猫ちゃんにしてもらう節電も紹介します。

クロちゃんは、ユニクロのヒートテックハーフブランケットと、ニトリのNウォームペットベッドで、エアコンを使わずに節電してくれています。

クロちゃんの好きなスーパーのカゴに、ユニクロのハーフブランケットを敷いて、ブランケットがずれないように、外側を養生テープで止めました。

カゴの奥は、いらないクッションカバーを二つ折りにして、養生テープで止めています。

スーパーのカゴの手前は、これまで通り隙間から見えるようにしてあります。

ニトリのNウォームペットベッドも、クロちゃんが使うようになりました。

Nウォームでクロちゃんが丸まっていてくれると、人間から見てあったかそうで安心です。

床にはお風呂マットを敷いて保温

1階の床は、フロアカーペットだけでは寒いので、いらないお風呂マットを2つ敷いて、その上にクロちゃん用の980円の絨毯を敷きました。

クロちゃんの野性の爪はとても鋭く、とがっているので、クロちゃんと鳥の羽で遊ぶときは、この安い絨毯が欠かせません。

クロちゃんは下の画像のように、あったかい絨毯の上を避けて、一番初めからあったフロアカーペットに避難します。

野生の猫にとっては、暖かさよりも、安全が第一なんですね。

人間が考えることと、猫の考えは違うということを知りました。

ちゅーるを指から食べてくれるようになったり、

「ねこじゃらC」をそばに置くと、逃げないでチラッと見るようになりました。

しかし野生のクロちゃんは、液晶画面の蝶ではつまらないらしく、花ちゃんのようには「ねこじゃらC」で遊びません。

ニトリで、クロちゃんに、電気のいらない、あったかい絨毯を買いたいなぁと思っています。

花ちゃんが電気のいらないペットベッドでしてくれる節電

クロちゃんに買ったニトリのペットベッドを、花ちゃんも使わないかなぁと思って置いてみました。

置いた1日目は全く興味がなく、触れもしませんでした。

ところが2日目に花ちゃんが、三角ペットベッドを覗く姿を見かけました。

その夜、買い物から帰って、あれ?花ちゃんがどこにもいない。

点けておいたこたつにも、ベッドの羽毛布団にも、ベッドの下にも、トイレにも階段にも、クロちゃんの1階にも、どこにもいない、どうしちゃったんだろうと探し回ると、ニトリの三角ペットベッドの中で、窮屈そうに丸まっていたのです。

猫は狭いところが好きなんだと、改めて知りました。

お母さん猫に抱っこされ、守られている感じなんですかね。

3日目には三角ペットベッドが花ちゃんの好きな場所になり、日が沈む夕方には、こんな風に入って使っています。

きっすいの野良猫クロちゃんは、危険を察知してすぐに逃げられる、オープンベッドが好き。

家と人を頼りにしている家猫の花ちゃんは、狭いペットベッドで温まる。

すると、クロちゃんが使ってくれないトンネル型のドームベッドも、花ちゃんなら使うのかもしれません。

チャレンジしてみます。

年明けは、寒波が来るそうです。

人も猫も、節電の中でも、暖かく過ごしたいですね。

皆さんの応援のおかげで、猫ちゃんブログは現在、にほんブログ村「元野良猫・元保護猫」でも、人気ブログランキング「心理学」でも上位になりました。いつもありがとうございます。

スポンサー広告リンク

 病院小児科で臨床発達心理士をしています。
 猫の行動、子どもの行動理解、梅津八三の心理学、行動調整法、育児、教材、ソーシャルスキル、介護について投稿中です。

猫ちゃんをフォローする
生活
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました