野良猫がやってきたとき あなたならどうしますか?

bdce61d80f48b23d34802f2379f28e0c-e1586952534930
この記事は約2分で読めます。
白いもの

1 侵入者

 真夏の昼間だった。

庭に目をやると、温室の隅に白いものが見えた。

猫だ。

1匹ではない。

子猫を抱いている。

温室にいったいどこから入ったのだろう。

温室

そうだ。

温室が暑くなるので、温室のドアを開けたままにしていたからだ。

昨夜は温室のドアを閉め忘れた。

近所に聞いて歩くと、「3日前、夏祭りの日に、段ボールに入った猫を見かけましたよ」と教えてくれた人がいた。

そう聞いて、捨て猫かなと思った。

猫がいた辺りは行き交う車や子どもたちの声で普段から賑やかだ。

おそらく静かな我が家の庭まで、親子猫は移動して来たらしかった。

昼寝が終わったのか、温室から親猫、続いて子猫が出て来た。

母猫は痩せて汚れていた。

フーッ

母猫は何日も餌を食べていないように見えた。

母猫は白黒のブチ猫だ。

子猫は3匹だった。

母猫に似た模様の白黒ブチ猫、灰色のサバトラ猫、黒いキジトラ猫だ。

私が接近すると、母猫は毛を逆立て「フーッ」と低くうなって私を威嚇した。

母親らしく子猫を守っている。

取り敢えず近所のスーパーに猫の餌を買いに走った。

私が餌をやろうと近づくと、母猫は腰を引いて上目遣いに「フーッ」と睨む。

しかし餌を置いて私が離れると、カルカンのカリカリをガツガツ食べ始めた。

ガツガツ

子猫たちに乳をあげねばならない母猫は、相当お腹が空いていたらしい。

母猫は私が用意した煮干も花かつおも食べて、牛乳も水も飲んだ。   

母猫の後ろから子猫たちもやって来て、次々と牛乳を飲み始めた。

食べ終えると、4匹はガラスの温室に入り、満腹になったのか静かになった。

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
野良猫お母さん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました