発達障害児のソーシャルスキル指導では精神論を持ち込まないで物理的に工夫する方がうまくいく

この記事は約7分で読めます。

今回は、お掃除当番について、仲間から注意されたQちゃんが、大暴れした理由とその対応について考えていきます。

小学校では、お掃除当番表という円グラフがあって、それを順番に回転移動させて、毎週掃除場所が変わるというのを見かけます。

円グラフになっていると、記憶の負担を避けられて、子どもたちにわかりやすく、お掃除に参加しやすくなりますね。

回転移動の方向は、時計回りか、反時計回りか、回転の方向の矢印も、付いているといいです。

発達障害特性のある子どもは、右と左がわからないことがあるので、どちら回りという音声記憶の約束よりも、目で見た矢印の向きで、当番表を回す方向がわかると、記憶違い・操作違い・誤解・トラブルを避けられます。

掃除の場所の円グラフ

掃除当番の場所は分かったが、掃除道具の種類の順番まで考えなかったQちゃん

その週、Qちゃんは教室掃除当番でした。

Qちゃんは、プライドが高く、こだわりが強く、パブリックルールよりもマイルールを主張する、カッとすると暴言・暴力の起きやすいお子さんです。

Qちゃんは、5時間目に楽しい授業があるので、昼のお掃除も、ルンルン気分で、喜んで参加しました。

お掃除当番の場所は、教室でした。

掃除の場所は合っていた、掃除をやる気もあったのです。

Q ちゃんはモップを持って、掃除を始めました。

Qちゃんは、道具の順番や友達の気持ちまでは考えられず、取り掛かりやすいモップを一番先に取って、お掃除を始めました。

ネットのイラストから

そこを仲間から、「Qちゃんはモップじゃないよ」と、注意されます。

「いつもモップばっかりやって、床の雑巾がけをしないじゃん」と、言われてしまいました。

仲間たちは、教室掃除の道具がモップ・ほうき・雑巾と3種類あり、誰でもモップ係をしたいということを分かっています。

友達の指摘は正論です。

正論なだけに、気がつかなかったことを指摘されて、Qちゃんはカッとなりました。

教室掃除にも、ほうき係、雑巾係、モップ係がある。誰でもモップがしたい。ネットのイラストから

そのとたん、Qちゃんはプチっと切れて、正論を言った友達を叩こうとして、執拗に追いかけ始めました。

怒りのスイッチが入って興奮すると、何も見えなくなってしまうQちゃんです。

先生がやってきて、仲間が正しく、Qちゃんが悪いという判断になりました。

Q ちゃんの目は、怒りで三角につり上がっています。

Qちゃんは自分が悪いとは思えず、追いかけたことの謝罪を求められても、固まって黙ってしまい、教室を逃げ出して、5時間目の授業に参加しませんでした。

教室から離れることで、クールダウンしたのです。

「授業に参加しない」と考えれば、できない子に思えますが、「自分でクールダウンして収めようとしている」と思えば、できる子に思えてきます。

Qちゃんが好きな掃除道具の順番を頭に入れておく

Q ちゃんには、発達障害特性があります。

コードレス掃除機や、ダスキンモップは、喜んでかけてくれます。

Qちゃんは、脳の扁桃体による快不快が、他の子どもよりも強いので、不快や面倒を避けようとする特性があります。

他の子どもより、不快に対する我慢が難しい、ということです。

四つ這いになって、床の雑巾がけをするよりも、立ったままできる道具、コードレス掃除機➡モップ➡ほうきならば、お掃除行動が起きやすいのです。

学校は洋式トイレも掃除機も、家庭よりもずっと遅れて取り入れらます
モップは教室の床のゴミに注意を払うことが少なくていい、単一の行動で、子どもにとっては楽ですね。ネットの画像から
家庭から姿を消しつつある箒が学校の掃除ではまだ主流です。ネットの画像から

雑巾がけは、Qちゃんが最も避けたいと思っている掃除です。

他の子どもたちも、おそらくそうかと思います。

他の子ども達は、嫌なことでも我慢する、ルールを守る、仲間や先生に認められたい、という同調の気持ちが強いので、雑巾がけも黙々とやります。

雑巾がけは雑巾がけで、何か雑巾がけが楽しくなるようなアイディアが必要ですね。

Qちゃんの発達特性は、大人には理解できますが、同級生の仲間に「発達障害」を解説することはできません。

「順番を守ろう」という、精神論や常識、言葉の約束を持ち出しても、一旦カッとなった Q ちゃんには通じません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

そうじに参加した!という下位の行動をまず認める

「 Q ちゃん、お掃除しよう!と張り切ったんだね。」

「先生、嬉しいよ。」

「モップをかけようとしたんだね。」

「モップをしたかった気持ちは分かったよ。」

「他の友達も、モップができる日を楽しみにしているみたい。」

「先生が教室掃除の道具の当番表を、今、作るよね。」

「それで、どの日に誰がモップができるか、分かりやすくしよう。」

などというのはどうでしょうか。

月曜から金曜まで、道具を5日分に分けると平等に回ってきそうです

指導のポイントは3つあります

①一番初めに、Qちゃんが既にできていることを、認めて褒めます。

そうじに参加した、モップで教室をきれいにしようとした、それはまぎれもない事実です。

Qちゃんの行動事実を取り上げて、Qちゃんにも仲間にも、「掃除をしようとしたということは、いいことだ」と、はっきり伝えることがまず大事です。

➁2番目に、 Q ちゃんの掃除行動が、「先生は嬉しい」と、伝えます。

君のことを認めているよ、君のことを理解しているよ、と Q ちゃんと仲間に伝えましょう。

問題行動を話し合う手前で、Qちゃんの緊張を和らげるテクニックです 。

③3番目に、順番という常識やモップをやりたい友達の気持ちを取り入れて、「教室掃除の道具の当番表」を提案します。

叱責や謝罪を受け入れないQちゃんも、物理的な解決による次回の行動プランは、受け入れやすい解決策です。

以上が、発達障害児のソーシャルスキル指導では、精神論を持ち込まないで、物理的に工夫する方がうまくいく例です。

発達障害への理解があると、対象児への共感や、仲間との関係を作る指導ができる

発達障害特性のある方は、目を見ない、こだわりが強い、常識がない、挨拶ができない、謝罪ができない、相手の気持ちが分からない、伝えたことを忘れる、同じミスを何度もする、不注意で不器用だ、などと評価されやすいです。

先天的な脳機能と環境との関係で起きる行動なので、本人のせいではない、むしろ本人が一番の被害者です。

脳の扁桃体が、一般の子どもよりも大きく、快不快に非常に敏感で、忍耐が困難な子どもです。

私には無い苦労を、あの子は背負っているんだな、という温かい目線が大事です。

発達障害児にも、感情・情動はあり、あの人は僕のことを理解してくれるな、ということは、とてもよく分かります。

あの人は、僕を叱ってばかり、僕に命令してばかり、僕ばかり注意する、という孤立感・被害者意識がとても強いです。

同調意識が少ないので、一般の子どもさんができる我慢が、発達障害特性のある子どもさんにとっては難しいです。

「挨拶しなさい、こだわらないで、空気を読みなさい、謝りなさい、自分でメモ書きしなさい、注意してやるんだよ、きちんと、姿勢良く、よく見て、よく考えて、静かに、黙って、早く、急いで、頑張って、全力で、一生懸命やりなさい」 などの、音声の言葉によるイメージが持てず、相手の立場に立って、周囲の状況を見て、自分で自分に言葉で言い聞かせて行動することが難しいです。

抽象的な精神論でなく、せめて、数字を使って量的に表わして伝えると、イメージを持ちやすくなります。

「声のボリュームを1に小さく、1分間で急いで、100%頑張って、お尻と背中を椅子につけてシャキーン」と、などです。

イメージを持ってもらうため、ソーシャルスキルトレーニングについて、猫ちゃんブログでは、絵に表わして話し合うことを、 勧めています。

脳内にある約束でなく、「教室掃除の道具の当番表」を、教室の壁に明示したいですね。

発達障害児のソーシャルスキル指導は、物理的に工夫すると、子どもの心をつかむことができて、うまくいきます。

猫ちゃんブログへのコメント

  1. ねこのしっぽ より:

    「どうぐ当番表」のような具体的な工夫が欠けている。ほんとうにいつもそうですね。猫ちゃんの繰り返し言っていることだと思います。具体的な工夫を考えることができれば、子どもへかける言葉も違ってくるように思います。

    • 猫ちゃん 猫ちゃん より:

      通常学級の担任の先生の多くは、「どの子どもも平等に指導する」と考えてくれています。
      それはとてもありがたいことです。
      自分の考える特別支援教育は、「発達障害児をひいきする」不平等な教育、相互補完の教育です。
      ひいきするとは、脳の外で目に見えるような物理的な工夫をするということです。
      それが、歴年齢という区分に押し込められた、発達障害児の支えになると思って仕事をしています。
      発達障害児も悪いことをしたら、「謝罪」するべきだと、通常学級の先生から言われるのですが、発達障害児はこれがかたくなに難しいです。
      間をとって我々は物理的な工夫をして、本人の参加が楽になってから、後で本人もこうなら良かったと気が付いたときに、「あん時はカッとしてごめんね」と、言えたらいいのになと思います。
      仲間の子どもたちは、結構その子の特性を分かっていて、ずっと後になって謝っても、「いいよ」って言ってくれる力のある子どもたちです。
      そういう子どもたちの力も借りて、その子がカッとしない物理的工夫をできたら、謝罪の精神論を議論しなくていいかなと思うこの頃です。

タイトルとURLをコピーしました