ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

身振りサインカード教材の紹介

この記事は約5分で読めます。

教材No.08-1 身振りサイン書籍の紹介

 私はアナログ時代のアナログ人間なため、 情報が古いかもしれないが、ご紹介しておく。

東 正の「ことばのない子のことばの指導」(1979年 学研)は絶版であるが Amazon に時々中古本が登場するのでたまにチェックして4冊購入した。

巻末に、黒子のような衣装を着た女性の、実際の身振り写真が載っていて、真似て使いやすい。

東 正の後継の津田望氏 の「ことばのない子のことばの指導」(1998年 学研)は手に入りやすい。

これも、巻末に、絵による身振りサインが、掲載されている。

身振りは実物の形取りで、実物をイメージして起きる。

梅津八三によれば、構成信号系の表出系の合図・信号だ。

視覚シンボルによるコミュニケーション教材、日本版PIC実践用具(1995年ブレーン出版)は、400枚以上の白黒の絵単語のカードである。

子どもさんによって、必要なカードを使用すると良い。

香川大学の坂井聡氏が監修した、Uーシンボル集(五大エンボディ)は、コンピューターを利用した会話補助装置コミュニケーションボード、VOCAに対応している。

教材No.08-2 身振りサインアプリの紹介 

2020年現代は、 iPhone ・iPad を使ってアプリをダウンロードし、デジタルなコミュニケーションの視覚支援を取り入れ、活用している方々が増えている。

私も遅まきながら、デジタルのコミュニケーションツールを使おうと考え、通信費のかからない、 wi-fi 環境で使える、型落ち(1~2年前の製品なら少し安い)の iPad を購入して、ノートパソコンのように使おうと考えている。

アプリは、iPadには980円で、iPhoneには350円でダウンロードできる、「絵カードコミュニケーション」を購入しようと考えている。

絵カードを並べて文章を作り、相手に見せることで言いたいことを伝えられるそうだ。

音声再生もできるので、VOCAとしても使える。

教材No.08-3 成人した人とのコミュニケーション学習

病院の発達相談で、3歳で出会って24歳の現在も毎月通ってくる方と、7歳で出会って28歳の現在も毎月通ってくる方の、二人と、「絵カードコミュニケーション」でさらに楽しい会話をしたいと思っている。

28歳の方は、現在では身振りでよく希望を伝えてくれる。

7歳で出会った時は音声がなかった。

当時、注射の時は看護師さん総出で、やってもらった。

小学生でひらがな・カタカナを学習し、特別支援学校高等部を卒業してからも、私と10年算数を学習し、現在では作業所で作ったかりんとうの販売を病院内で一緒に行なっている。

現在は、身振りをよく使う。

今では、薬も飲むし、注射も、歯の治療もさせてくれる。

書くペンが欲しい時、机の上で手を動かし、鉛筆を持つ真似、書く真似をする。

引き出しを見つめることで私に紙を要求し、「せいかつ(野菜の水くれ)、マルエドラッグ、休み休み休み、11/28(土)」と3枚に書いた。

メモ帳1束の全部に繰り返し書くこともあり、強い伝達意思を感じる。

小学生の頃はよそのお宅のガスボンベの蓋をいじったり、タクシー会社の表示シールを欲しがったり、ポスターを集めたかったりと、様々なブームがあって、その時々にお母さんを困らせた。

2020/7/27マックの紙ナプキンブーム

今は、夜中の3時まで寝なかったり、無料のパンフレットや紙ナプキンを大量にもらってしまったり、一定のブームがあってお母さんを困らせる。

前回私が、絵を描いて、他のお友達も紙ナプキンを使うからもらうのは3枚にしてくださいと頼んだら、よく覚えていて、今回はノートのそのページを自分から開き、5枚だけもらった、約束を守ったという風に、指差し合図してくれた。

私がお願いした約束を、自分から嫌がらずに再確認してくれたのは、初めてだった。

大人になったなあと思う。

音声は、100円玉を10個数えるときなど、明確な音ではないものの、「イ、ニ、サン、イ、オ、オク、ナナ、アチ、ウ、ジュ」と、だいぶ使う。 

目がかゆいので目薬が欲しい、足がかゆいので塗り薬が欲しい、 目を指差しながら「め」、足をかきながら「ぬる」と身振りと音声で要求できる。

音は母音に流れやすく、声の大きさも弱いが、身振りが加わることで、そうとわかる。

看護師さんに目薬を5本欲しいと、「め」と言いながら目を指さして、手で5本の5を作って、身振りと音声で伝えられる。

お母さんの30年近い、休みない努力を思う。

小・中学生でお別れしていたら、この方のこの成長を知ることはできなかった。

22年付き合って、身振りや文字や音声で話す人になったことを知った。

嬉しい。

「絵カードコミュニケーション」で、成人したお二人とのコミュニケーションをこれからも進展させていきたい。

お二人がグループホームで暮らすようになる時、コミュニケーションツールに使えるといいと思う。

教材No.08-4 身振りサインがお母さんとの間で成立していた浩一君

浩一君は、とても楽しい人で、ユーモアのある映画が大好きだ。

ドクタードリトルシリーズ、タクシーシリーズ、ナイトミュージアムシリーズなどの、映画の面白いシーンを身振りで再現してくれる。

お母さんは浩一君の身振りの意味がすぐに分かり、私に通訳してくれる。

また、浩一君は、お寿司は、回っていないと食べない。

車やガソリンスタンドや回転寿司が大好きだ。

教材No.08-5 文字や数の学習で身振りを形成した香奈さん

香奈さんとは保健センターの発達教室で出会い、小学校2年生まで学習した。

文字の学習をしながら、その場ですぐにその音の身振りを真似してくれた。

算数の加算・減算の身振りも真似してくれた。

身振りの即時運動模倣・意味模倣ができる香奈さんは力があり、ひらがなを全部覚えてからは、音声で話すようになり、小学校高学年からはうるさいほど喋る人になった。

次回は予定表絵カードについて投稿したいと思う。

スポンサーリンク
猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました