猫はウンチの前後に走る

この記事は約2分で読めます。

27 ウンチの前後は走る

 お母さんが、走り回ることがある。

はじめは、猫の運動会か、と気に留めなかった。

何度か見かけるうちに、その行動の発現条件を発見した。

少し腰を浮かせて

ややうなりながら、あちこち勢いよく走っていたかと思うと、玄関の猫トイレに駆け込んでザクザクと穴を掘り、自分のお尻や足に便が付いたりしないように、腰を高めに浮かして排便する。

終えるとまたザクザクと排泄物に砂をかけて隠し、猫トイレからピュッと飛び出て走り出す。

漫画家の大島弓子さんは、排便前後の走りを「ウンチハイ」と呼んでいる。

用足しが済むと、お母さんは玄関のトイレから私のいるこたつまで、廊下や室内を勢いよく走ってきて、私がそれを片付けるまで、もの言いたげに視線を送る。

「早く片付けてね」

家にいてこの場面に出くわすときは、結構面倒だ。

私がいないときには、排泄物を私に片付けてもらえなくても、お母さんは走るだけで諦めているのだろうか。

お母さんは、私がいるときに排便することが多い。

私が帰宅すると、排便するような気がする。

排便中は無防備になるので、飼い主が戻ってきて安心して排便できる環境が整うと、排便するらしい。

ちょいと失礼

自閉症のお子さんも学校から帰って、安心できる自宅のトイレで、夕方ゆっくりと排便する子も多い。

また、猫はきれい好きだから、片付ける人がいるときに済ますともいえる。

用心深いというか、神経質というか、こだわるというか、お母さんは野良の暮らしがあったので、安心安全を大事にするのだろうか。

トイレが済むと、丁寧な丁寧なお手入れをする。

きれい好きで助かる。

丁寧なお手入れ

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました