保護した野良猫の慣れ方6 ケージの外のトイレやケージの中の爪とぎを使う

この記事は約4分で読めます。

野良猫クロちゃんが、ケージを自由に出入りできるようになって、20日目です。

排便のたびに、クロちゃんは暖かいケージから出ます。

そこで、クロちゃんのトイレをケージの外に設置してみました。

排便の後は、誰でも臭い所から離れたいですよね。

トイレの置き場所の変更

トイレの置き場所を変更しても、最初からクロちゃんは、ケージの外のトイレを見事に使いました。

きれい好きな、頭のいい子です。

必ずトイレで、排泄します。

【返金キャンペーン中】デオトイレ 猫用 トイレ 子猫~5kgの成猫用 本体セット ナチュラルアイボリー&イエロー おしっこ ペット用品 ユニチャーム
ユニ・チャームペット「デオトイレ 子猫から体重5kgの成猫用」は、子猫から快適に使える、閉めきったお部屋でもニオわない猫用システムトイレです。
【ケース販売】1週間消臭・抗菌デオトイレ飛び散らない緑茶成分入り消臭サンド 4L×8袋
【ケース販売】1週間消臭・抗菌デオトイレ飛び散らない緑茶成分入り消臭サンド 4L×8袋
デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚入
デオシートシリーズ。驚きの吸収力、モレ・ニオイ安心!

私は排便を取って、尿とりシートを取り替えるだけで、済みます。

クロちゃんの習得しているトイレの使い方は、毎日のことなので、世話がなくて本当に助かります。

大人しくて、穏やかな、クロちゃん、ありがとね。

ケージの中にトイレがあったときは、排便すると、寒いのに、排便の匂いを避けて、お気に入りのこげ茶色の椅子に移動したり、ペットのこたつに移動したりしていました。

野良猫だったから、寒さに強いのかな? それで夜中は椅子やこたつにいるのかな?と、勘違いしていました。

暖かいケージの中の排便の匂いに、耐えられなかったんですね。

トイレをケージの外に出すと、排便の後でも、ケージの中で温まっているようになりました。

安心しました。

ケージの中の爪とぎを使ってくれた

室内の爪とぎダンボールに慣れてきたのか、ついにクロちゃんが、ケージの中の爪とぎダンボールでも、爪をとぐようになりました。

爪とぎホルダーでケージの内側に固定しています。
ペティオ (Petio) 爪とぎ necoco ネココ つめみがきホルダー 猫用
つめみがきをキャットサークルやケージに縦横自由に、簡単に取付けることができます。工具不要。(厚さ20~40mmのつめみがきに対応)

ケージの床に、ダンボールのカスが落ちていたので、気づきました。

爪とぎダンボールは効果がない!と、外してしまわないで、良かったです。

のんびり待たないと、いけないんですね。

トイレをケージの外に出したので、ケージ下段の自由度が上がり、クロちゃんが「こいつで爪をとげる」と気付いたようでした。

爪とぎポールは、まだ爪痕つめあとの変化がありません。

アニーコーラス ペット用品 キャットわくわくポール400 爪とぎポール
取付け簡単な爪とぎポール 爪とぎタワーは欲しいけど、場所を取る ポール交換が大変 そんな方の為に、今までなかった爪とぎポールです

ちゅーるアペティートの味の変更

ちゅーるアペティートのまぐろ味が手に入りにくくなり、1袋200円だったものが1袋1000円とべらぼうに高騰している販売店もあるので、クロちゃんのちゅーるアペティートを鶏ささみ味に変更しました。

クロちゃんは、味の変更にスンナリ応じてくれました。

鶏ささみ味は、今でも一般の値段の8本入り1袋220円、Amazonで購入できます。

花ちゃんは、ちゅーるアペティートまぐろ味から、チャオプチまぐろ味に、変更ができています。

CIAOプチ まぐろ味は 8g×5個で1袋200円、それが6袋で1200円ぐらいが標準の値段です。

【Amazon.co.jp限定】 チャオ (CIAO) キャットフード CIAOプチ まぐろ 8g×5個×6個セット 8グラム (x 30)
・ぷるんとおいしい、食べきりサイズの小袋おやつです。 ・緑茶消臭成分配合で、腸管内の内容物の臭いを吸着し、糞尿臭を和らげます。

花ちゃんほどの味のこだわりは、クロちゃんにはないようです。

BSプレミアム「世界ネコ歩き」を見る花ちゃん

花ちゃんは、クロちゃんが1階で生活しているとはつゆ知らず、2階で暖かくのんびりと、岩合さんの「世界ネコ歩き」なんかを見ています。

クロちゃんも柔らかいちゅーるアペティートが大好きらしく、スプーンと私の指から、毎日2本くらい食べます。

ケージの外から、ちゅーるアペティートをあげる時は、クロちゃんとの距離も10cmくらいです。

怖がらずに私の指から食べてくれます。

接近しても、カメラを向けても、おどおどと怖がる様子はなくなり、ゆったりとしています。

ケージの中は安全だと、クロちゃんはとてもよく分かっています。

クロちゃんの本当の気持ち

我が家の保護は、クロちゃんにとって、清潔で、安全で、ご飯もいつもお腹いっぱい食べられて、冬も暖かいけれど、クロちゃんはやっぱり外に行きたいようです。

毎日昼間、ケージからクロちゃんに外を見せています。

クロちゃんは静かに外を見ていて、ケージの生活に満足していると、私は思い込んでいました。

ところがある朝、玄関のカーテンを開けると、窓ガラスの目隠しシートや遮光ネットに、クロちゃんの爪の跡がたくさんついていました。

出たいと思って、何度も駆け上ったようです。

やはりクロちゃんは、外の世界に行きたいんですね。

「キャリーケースで動物病院へ行けるくらい仲良くなって、不妊去勢手術とワクチン注射をしたら、クロちゃんを元の世界へ放すね。」

静かで穏やかなクロちゃんに、そう話しかけました。

子どもたちの自己決定と同様に、クロちゃんの自己決定が大事です。

もうクロちゃんを手放せないくらい、我が家の猫だと思っていますが、クロちゃんの本当の気持ちを見て、クロちゃんの気持ちを優先したいと思いました。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました