両膝から下のしびれにコレステロール値を下げる野菜摂取・速足歩き・温浴・ゆるい靴

この記事は約10分で読めます。

60代になって、ここ数年、足首から先の冷えが、年々悪化して来ました。

6月に、足の親指の爪が伸びないことを、不審に思いました。

7月になって、両膝から下と足の裏がしびれました。

血管の詰まりが原因か?

ネットを検索すると、血管病や糖尿病の初期に、足にしびれが起き、悪化すれば両膝から下を切断するという記事を読んで、あわてて循環器病院に予約を取りました。

素人判断ですが、私とすると下肢かし表在ひょうざい静脈のつまりを心配していました。

左足のすねの血管が膨らんで来ていたので、側枝型の下肢静脈瘤を疑ったのです。

側枝型の下肢静脈瘤

循環器病院の血管病の専門医の話では、第4・第5腰椎の変形や老化でも、両膝から下のしびれが起きるという、7/28の初診説明でした。

両膝から下のしびれは糖尿病?血管病外来を受診してみました

7月に動脈のエコー、8月に静脈のエコー、9月に心臓のエコーを撮りました。

いずれも異常はなく、両ひざから下のしびれの原因ではない、という除外診断ができました。

野菜摂取と速足歩き散歩の効果

7月の血液検査で、コレステロールの数値が高いと指摘され、食事療法と運動療法を提案されました。

いわしソーセージの野菜炒め

可能な限り、3000歩の散歩を心がけました。

9月の血液検査では、その成果が出て、コレステロール値が正常の範囲になりました。

野菜を摂取し、速足歩き散歩が良かったのか、この1ヶ月半で、糖質疲労がなくなり、アリナミンRオフドリンクを毎晩飲まなくても、食器洗いをする気力が、毎晩ありました。

夏野菜キュウリ酢の物

野菜摂取と速足歩き散歩の効果か、 それによってコレステロール値が下がって血流が改善されたのか、心なしか、しびれも軽減されて来ているように感じました。

コレステロール値が下がったお祝いの、野菜たっぷりあったか蕎麦

口さみしいと、夜食にはトマト、キュウリをコレステロールゼロのマヨネーズで、もやしの味噌汁などを食べました。

水分摂取も欠かせない

血液をドロドロにしないためには、昼間の水分摂取も心がけました。

以前は、昼間、喉の渇きがなければ、毎食後に、コーヒーを飲むだけだったのです。

最近では、毎食前、金沢の棒茶やルイボスティーを一杯飲みます。

食間にも、気をつけてルイボスティーを飲むようにしています。

入浴後に、コップ1杯の水を飲みます。

トイレに行く間隔を開けるために、昼間も夜も、水分をあまり取らないでいたのをやめました。

水分をたくさん飲んで、たくさんトイレに行くようにしました。

コレステロールを洗い流す、という感じですかね。

モンカフェはマイルド\440が一番おいしい。夜はカフェインレス\550。タマチャンショップのルイボスティー100袋\1380。

ものぐさなので、コーヒーは、後片付けのいらない、モンカフェのドリップパックを、毎食後飲んでいます。

夜は、カフェインレスのモンカフェを飲んでいます。

カフェインレスは、コーヒーの香りが頼りなくなりますが、カフェインで入眠できないので、仕方ありません。

ルイボスティーも、ノンカフェインなので、一日中、一年中、夜もゴクゴク飲んでも大丈夫です。

夜、眠れなくなるので、午後3時以降は、緑茶・コーヒー・紅茶のカフェインを控えています。

足つぼマッサージと入浴

血管病専門医の疑いに従って、腰痛のツボを、オムロンとことんローラーマッサージャーで、毎晩足つぼマッサージしました。

20年くらい使っているオムロンとことんローラーマッサージャー

また、「腰椎に、レントゲン上の異常はないけれども、念の為MRIをとった方が良い」という提案に従って、整形外科でMRIを撮りました。

レントゲンでもMRIでも、異常は確認できないということで、大きな病気ではないという除外診断ができました。

整形外科医は、身体の動きの触診をし、MRI画像を見て、「脊柱管狭窄もなし、第4・第5腰椎も潰れている様子もなし、ヘルニアの様子もなし」、ということでした。

入浴については、バブの温浴剤を毎晩使い、ジェットバスで毎晩5分間、腰部に気泡を当てることを続けました。

ドラッグストアで6錠600円ぐらい
暑い日は40°設定、寒い日は41°設定でジェットバスに10分くらい入っています。

腰部への温浴の効果か、9月は、膝から下のしびれがほとんどなくなり、足首から先の冷感が減り、足の裏がしびれる感じだけが残りました。

3回診てくれた、私と同年代の血管病の専門医によれば、「 しびれは手術しても治らないんだよね。よそでの手術後に、しびれが治らないと言って、私を受診する患者さんが沢山います。」 ということでした。

また、股関節痛と左肩の腱板断裂保護用に貰っている、ロキソニンテープを、毎晩入浴後、腰に貼って寝るようにしてみたら、翌日は両ひざから下のしびれが軽減されているような気がします。

7時間以上続けて貼ると痒くなります。14時間、間を空けると今のところ、かゆみは大丈夫です。

別の医療情報ですが、50歳以上を対象に、帯状疱疹予防に、予防ワクチンができたと聞いて、そのうち受けておきたいと思っています。

老化対策の食事と運動と入浴

私の主訴に従って丁寧に除外診断をしてくれ、しかも、しびれが軽減するようなアドバイスをくれた、血管病の専門医に感謝しています。

私自身も、両ひざから下のしびれが、生活習慣病と老化によるものだということに納得できました。

2020年の8月に、左肩の腱板を断裂してから、痛みのある左肩をかばっているので、 一年以上、上半身の運動をまったくしていない状態です。

今回の足のしびれが起きなければ、全身の血管運動の散歩もさぼりがちでした。

今回の両ひざから下のしびれは、「 老化と生活習慣病に対抗するために歩きなさい」 という、良い警告だったのではないかと、思えるようになりました。

60代は、筋力も骨量もぐんと減るという情報ですね。

野菜と運動と入浴で、コレステロール値を下げる、ということが大事に思えました。

足の親指の爪の黄色の原因はいまだ不明

8月、皮膚科で爪の黄色も見てもらい、野菜ジュースと海苔の食べ過ぎということで、1ヶ月野菜ジュースと海苔を禁止されました。

皮膚科の医師の診断は、カロチンの摂り過ぎという診断でした。

9月、まだ、爪の色に変化は出ておらず、分厚くて黄色いままです。

親指の爪だけ、やや巻き爪気味です。

春頃は、靴や靴下のせいか、散歩すると、親指が痛く、散歩も休みがちでした。

数年前に左足の親指は捻挫風に痛めたことがあり、老化によってそれが原因して血流が悪くなっているのかも

安静時に、痛みがないので、よしとしています。

痛みが出ると、仕事を辞めるのかなと、覚悟しました。

足の指が開くような 足先がゆるい靴

足首を回して血流を良くしたり、きつくない靴下や靴を履くようにしたり、老化に適応しようと物理的な対策をしています。

20~30代は、エコーシューズというのを、いつも履いていました。

足の指先が、ゆるいタイプの靴です。

40代以降は、アサヒメディカルウォークの4Eサイズを、いくつも履きました。

足先のひもをゆるくし、甲のひもをしっかり縛って散歩していました。

しかし最近は、この靴⇩で散歩すると、靴の足先に高さがなく、親指が痛くなります。

アサヒメディカルウォークの、サイトは以下です。

アサヒメディカルウォーク|製品情報| 製品情報|アサヒシューズ
アサヒメディカルウォーク
アサヒメディカルウォークの4E。22000円。ジャストフィットは24.5cm なのだが、足先のきついのが嫌で、25.0 cm を購入。

ヨネックスの 24.5cmの 4.5 Eサイズも、3足くらい履きました。⇩

下の画像の靴は、買い替えで、一度捨てようと思ったが、取っておいたものです。

今回、足の親指の不調が出てから、これなら散歩しても足の親指がが痛くならず、再度取り出して履いています。

古くて、外見は恥ずかしいのですが、内実の良さをとって、履いています。

足先が、オプリーク構造に丸くなっていて、幅が広く、高さもあるところが良いです。

8月、靴底が部分的に外れたのを、アロンアルファでくっつけて、今も履いています。⇩

ヨネックスの4.5E。散歩してもこれだと足の親指が痛くならない。1万5000円くらい。

最近は、ヨネックスの 4.5 E が、以下のように 3.5Eにモデルチェンジしてしまい、足の先が細いタイプになり、足先がゆったりとした靴を購入できません。

紳士用の 24.5 cmの4E を買おうかと、思ってしまいます。

ヨネックス ウォーキングシューズのサイトは、以下です。

LC103 | LOCO STRIDE ロコストライド | YONEX WALKING ヨネックスウォーキング
YONEX WALKING ヨネックスウォーキングのロコスライド『LC103』特徴としては、
モデルチェンジして足の先が細くなってしまった。25.0センチを購入したが、足先がきつくて履いていない。2021年現在はパワークッション LC 103の3.5Eしか販売していない。\16500

カタログハウス通販生活で販売している、ヤコフォームという高価なドイツ製の靴も、足の指が開くように大きくできています。

今の私の足の状態では、不格好なんて言っていられないので、ヤコフォーム靴も選択肢の一つに検討したいです。

足が冷たいので、分厚い靴下を履くと、今度は靴がきつくなって、本当に困ります。

カタログハウス 通販生活のホームページ、ヤコフォーム靴のサイトは、以下です。

ヤコフォーム
ヤコフォーム 5本の指をグンと広げて地面をつかむ解放感は、ほかの靴では味わえない。幅広靴は数あれど、ここまで永く熱烈に支持され続ける靴はめずらしいと思います。発売から40年以上も人気が衰えない、独・ビオライン社の傑作です。
一度購入したことがありますが、不格好で恥ずかしく履かなくなり捨てました。このスタンダードは29,800 円。ブーツ41800円もあります。

最近は、足の総合病院=下北沢病院の医療用シューズが、足の病気に良い緩みがあると聞いて、とりあえず室内履きはそれにして、車の運転や普段の仕事に履いています。

東京の、下北沢病院の、フットケア外来のサイトは、以下です。⇩

フットケア外来 | 足と糖尿病の専門病院 下北沢病院【公式】
フットケア外来 | 下北沢病院(足病総合センター・糖尿病センター)は下北沢駅南口より徒歩5分。下北沢病院では形成外科、整形外科、末梢血管外科、循環器内科、糖尿病内科を 得意とする医師が足に関する幅広い疾患に対応することができます。下肢静脈瘤、糖尿病足病変、外反母趾、扁平足、巻き爪、ガングリオン、フットケア外来など。

ハクケアのサイズは、23~24cmが S、24~25cmが M、25~26cmがL 、があります。

私は24.5 cm なのですが、冬の厚い靴下のことも考えて、ゆるみのある L サイズを購入して、ちょうど良いです。

歩行を助けるニットケアシューズ 室内履き用 ハクケア 下北沢病院監修 デパートの靴下売り場で3300円くらい。
9/13本日 Amazon のタイムセールでMサイズが2950円。送料無料。https://www.amazon.co.jp/BA-HAQCARE-HQM507/
 普段はAmazon で3300円。

雨の日にも履けるタイプで、このように靴下みたいな柔らかい靴があると、足の不調には助かります。

徳武産業のあゆみシューズも、様々な室内履きと、外履きが販売されています。

徳武産業の、あゆみシューズのサイトは、以下です。

公式あゆみシューズ通販|介護・リハビリ|幅広・装具・外反母趾対応
足にお悩みを持つ方、高齢者の方に安心して履いていただける靴を生活シーンにあわせてご提案させていただきます。

親の介護の時、デイサービスの室内履きを、何足も利用しました。

あゆみシューズは、片方ずつ、サイズの違うシューズも、販売してくれます。

自分も前期高齢者の仲間入り

循環器病院の待合室を見回すと、たいてい私くらいの年齢か、私より上の年齢の方がたくさん、診察の順番を待っています。

自分の身体の老化を感じて、60歳定年、65歳定年って、よくできているなぁと思いました。

60代以降は、身体に不調が出るから、皆さん受診する、自分も高齢者の仲間入り、皆が長生きして身体の不調に対応するから、老人医療費もふくらむ、そのように実感しました。

98歳の親の介護が終わっていてよかった、介護が終わってからの自分の身体の不調なので、自分の範囲で不調が済みます。

75歳までは働きたいと思っていますが、健康でなければ職場に迷惑がかかるので、不健康になれば辞めたいと思っています。

健康を失くした場合は、自分の引き際は、潔くしたいと思います。

忙しくしたらダメなので、老化に対応しながら、1日4時間ぐらいの労働で、仕事を続けたいと思っています。

同年代の皆さんの、身体の老化適応対策はいかがですか?

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました