ソーシャルスキルトレーニングカードの使い方

この記事は約5分で読めます。

教材No.10-1 絵や写真カードは状況をイメージしやすい

我々も、日々、ソーシャルスキルを身につけている。

子ども達も同じだ。

子ども達は日常、マークを見かけている。

いつも決まった場所にあるマークは覚えやすい。

位置の記憶が原始的な記憶で覚えやすいからだ。

例えばエレベーターの扉には、下の左のような絵があり、危険を知らせている。

お母さんが絵を指差しながら、「触ると危ないから1 m 離れていようね」 と伝えると、言葉だけでなく予想される出来事が見えるから、子ども達にわかりやすい。

お母さんや先生が脳内で予想する危険を、絵や写真で脳外に見せて伝えることが必要だ。

言葉で急に言われても脳の中で想像できにくい。

絵や写真で見せたら、一瞬にしてわかる。

子ども達にとって言葉だけでは、イメージや自己モニターや空間の全体視は難しい。

左から2番目は、保育園の保育士さんの要望で、危険行為を予測させたいという写真カードを作った。

子どもが危険な場所に登っていたら「降りてね」と声をかける。

✖印のダメ出し写真カードだけではなく、どうするといいよという写真が必要だと思った。

保育士さんにそう伝えると、すぐに「これは危険です。こうしてください」という絵を描いてくれた。

素晴らしい。

上の右は「おはじきを100個入れて2~3分待っていてください」の物理的なお願いだ。

手持ち無沙汰だと時間を潰せない方には、小さな長い仕事が必要になる。

時間を待つには、豆本の持参や、9999の数字カウンターやスライドパズル(ダイソーにあり)などの操作でも良い。

教材No.10-2 ソーシャルスキルトレーニング絵カード

下の絵カードは、エスコアール出版から出ている、ことばと発達の学習室 M 作成の「 SST 絵カード」シリーズである。

下の4点のカードは「 SST 絵カード」の”幼年版”で保育園の子どもさん用だ。

保育士さんたちは絵が上手いので、これくらいの絵はさっさっさぁーと描いてしまうかもしれない。

「片付けなさい」「前へ立たないで」「静かに」と言葉だけで言われるより、この絵を見せられると、自分と物との関係のモニターと、状況の全体視ができる。

この絵を見せられて、説明されたら保育園児にもわかりやすい。

下の「 SST 絵カード」シリーズは小学生版が、➀~⑦まであり、中高生版も別にある。

自閉症の方で、保育園から小学校1年生までくらいの方には、このシリーズの④「一日の生活の絵カード」というのがとても良い。

下の右は、合同出版のイラスト版シリーズである。

このシリーズも数多く出版されているが、私は特に「49の学習動作」と、「49の生活技術」と、」「アンガーマネジメント」の3種類が気に入っていて、使っている。

一番下の左は、TOSSサークルの「5色ソーシャルスキルかるた」である。

短い言葉と状況の分かる絵があり、ルールがとてもわかりやすい。

TOSSサークルに入られている先生は、小学校1年生に、全員これを購入させたりするらしい。

6年間使えて、それだけの価値のある、ソーシャルスキルかるただと思う。

これをスキルトレーニングに使う時は、できている状況のカードを目標に選ぶ。

立つ時に椅子を入れるとか、挙手するときは手をまっすぐに黙ってあげるとか、物理的に行動をとりやすいカードから目標にするとよい。

スタートは楽にできるところからだ。

ソーシャルスキルかるたに慣れた頃、最もクリアーしたいルールにチャレンジすると良い。

子どものすでに出来ていることを認める声かけをし、その上でチャレンジして欲しいことをソーシャルスキルカードやかるたでお願いする、一貫してそのやり方だ。

玉入れや填め板の教材も、子どもが楽にできることを楽しんで復習し、助走や導入があって初めて、今一番狙いたい教材にチャレンジする。

教材もソーシャルスキルも同じだ。 

一番下の右は、特別支援学校の子どもさんに、ラミネートして作った写真カードである。

予定表でもあり、交渉表でもあり、ルール表でもある。

写真状況だけでなく、文字がついていると、構音がはっきりしない場合に一緒に読むことで、状況を共有しやすい。

教材No.10-3 自分の気持ちが言える、相手への言葉の定型 

下の左のことばと発達の学習室 M 作成の「 SST 絵カード」の気持ちの一覧表はわかりやすい。

気持ちの表出ができたら、 相手の立場に立った声掛けの定型を覚えたい。

私はSSTでは、「三つ頼むね」とお願いすることにしている。

一つは「うん、そうだね」 「それ、いいね」と、相槌が打てるといいね、と話す。

二つ目は「 遊ぼう、食べよう、見よう」と、レッツで誘えるといいね、と話す。

三つ目は「見せてね。貸してね。どいてね。やめてね 」と、語尾に「ね」をつけてお願いするようにしてみよう、と話す。

下の2番目の声かけの吹き出しの例を与えると、場面にあった言葉を右の2つのように自分で言葉を考え出すこともできる。

教材No.10-4 ソーシャルスキルアップも、現勢の保障と共感から

下の左は、気持ちの表出が難しい子に、顔色を指差して、SOS を出してもらう。

ラミネートして筆箱に入れておく。

2番目は、「きょうの教室ルールはこれ!」という時は、そこに丸印をつけておくと良い。

3番目と右は、何か出来事があって、子どもの気持ちの聞き取りをする時は、キャロル・グレイのコミック会話のようなプリント(右)を用意しておき、状況を聞き書きしてやると良い。

自分の気持ちだけでなく、出来事全体や相手の気持ちを子どもも整理でき、冷静に全体視と自己モニターができる。 

他には、下のキャロル・グレイのソーシャルストーリーや、応用行動分析からのソックス法というものもある。

ルールを評価する方法としては、プリントに花丸、プリントに判子、プリントにシールなどを子どもは喜ぶ。

これも、良くできていることから、評価してあげると、子どもは嬉しい。

その次に、先生やお母さんや子ども自身が狙っているスキルに、チャレンジするといい。

教材No.10-5 大場美鈴さんの『楽々母さんホームページ』

K君のお母さんから教わった、大場美鈴さんの『楽々母さんホームページ』の、応用行動分析に基づく共感的【声掛け変換表】は、我々大人のスキルアップに役立つ。

皆さんに、是非のぞいて見てほしい。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました